名古屋市立女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋市立女子短期大学
大学設置 1950年
創立 1947年
廃止 1997年
学校種別 公立
設置者 名古屋市
本部所在地 愛知県名古屋市千種区北千種2-1-10
学部 経済科
被服科
生活科
テンプレートを表示

名古屋市立女子短期大学(なごやしりつじょしたんきだいがく、英語: Nagoya Municipal Women's Junior CollegeまたはNagoya Municipal Women's College[1])は、愛知県名古屋市千種区北千種2-1-10に本部を置いていた日本公立大学である。1950年に設置され、1997年に廃止された。学生募集は1995年度まで、1997年3月31日廃止[2]。現在は、名古屋市立大学人文社会学部の一部となっている。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 名古屋市立女子短期大学は愛知県名古屋市千種区内にあった日本公立短期大学1950年に旧来の名古屋市立女子専門学校を発展改組して名古屋女子短期大学として設置され、同年10月に名古屋市立女子短期大学に学名変更される。3つの学科からなっていた。

沿革[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県名古屋市千種区北千種2-1-10

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 経済科
  • 生活科:「生活」・「栄養」の各コースがあった
  • 被服科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格

  • 栄養士資格:生活科栄養コースにて設置されていた。

教職課程

  • 1988年度入学生までを対象に、中学校教諭二級免許状の課程が設けられていた[5]。設置されていた教科は以下のものとなっている。
    • 社会:経済科
    • 家庭
      • 生活科(生活コース・栄養コース)
      • 被服科
    • 保健
      • 生活科生活コース
      • 被服科
    • 職業:経済科
  • 当初は中学校教諭ほか高等学校教諭免許状の教職課程を併設[6]
    • 商業:経済科
    • 家庭・保健
      • 生活科(生活コース・栄養コース)
      • 被服科

附属機関[編集]

  • 生活文化研究センター:生活の科学化について総合的かつ学際的に研究を行うことをねらいに1989年に設置された。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

スポーツ[編集]

  • 中部公立短期大学交歓競技会へ参加していた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス内[編集]

  • 設備:図書館棟・講義管理棟・実験実習棟・体育館・福利厚生棟・クラブハウス・駐車場・運動場・テニスコートなどがあった。

キャンパス外[編集]

  • 長野県茅野市に「蓼名荘(りょうめいそう)」と称した野外教育施設があった。

[編集]

  • 名古屋市立女子短期大学には学生寮はなく、学生部から貸間またはアパートの斡旋があった。

対外関係[編集]

系列校[編集]

なお、卒業生の卒業証明書等の発行事務は名古屋市立大学に引き継がれた (http://www.nagoya-cu.ac.jp/jimu/jyouhou/syomei/hakko_annai.html)。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110003167044より
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』249頁
  3. ^ 96年度版『全国学校総覧』57頁によると、閉学寸前の学生総数は、経済科で166、被服科で166、生活科で198となっている
  4. ^ 97年度版『全国学校総覧』58頁によると、閉学寸前の学生総数は、経済科で85、被服科で84、生活科で93となっている
  5. ^ 1989年度用『全国短期大学受験案内』(晶文社)95頁には全学科に中学校教員免許の課程が設置されていたが、1990年度用の同書95頁には、その記述がない。
  6. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)48頁より
  7. ^ 名古屋市立鶴舞図書館に所蔵されている

関連項目[編集]

関連サイト[編集]