吉田秀文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 秀文(よしだ ひでふみ、1963年10月 - )は、日本音楽家教育学者群馬大学教育学部音楽教育講座教授

略歴・人物[編集]

高橋修一佐藤幹一磯貝静江エルンスト・ヘフリガー声楽を師事。

趣味は歌唱(テナー)。ベートーヴェン交響曲第9番ミサ曲ハ長調モーツァルトレクイエム」、バッハクリスマス・オラトリオ(福音史家)、ミサ曲ロ短調などで独唱を多数務める。

また、合唱指導に精力的に取り組み、これまでにグノーの「聖セシリアのための荘厳ミサ」、ヘンデルメサイア」「ユトレヒトのテ・デウムとユビラーテ」、ブルックナーミサ曲第2番、などで指揮を務める。現在は大学の部活動の指導を中心に、学生に講義を開講している。

研究分野[編集]

音楽教育学(「音楽教育と生涯発達」)

  • 音楽教育
  • 生涯発達
  • 生涯学習

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • 『生涯学習と音楽学習カリキュラム-生涯発達心理学の視点から-』 (音楽教育の研究 理論と実践の統一をめざして、1999年)

論文[編集]

  • 『中学校音楽科における教師のリーダーシップ行動と生徒の原因帰属に関する実験的研究』 音楽教育研究ジャーナル (学術雑誌 、2000年)
  • 『生涯学習における音楽科の役割-生涯発達及び自己形成の視点による考察を通して-』 東京学芸大学紀要第5部門芸術・健康・スポーツ科学 (大学・研究所等紀要、2000年)

所属学会[編集]

  • 日本音楽教育学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本教育社会学会