吉田太郎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉田 太郎一(よしだ たろういち、1919年大正8年)12月24日[1] - 2014年平成26年)3月14日)は、日本の財務官僚京都府出身[1]

来歴[編集]

関東財務局長、大蔵大臣官房審議官経済企画庁長官官房長を経て、1972年昭和47年)大蔵省銀行局長。1974年(昭和49年)財務官に就任。

1976年(昭和51年)に退官。その後、アジア開発銀行総裁、東京金融先物取引所理事長を歴任し、1993年(平成5年)の秋の叙勲で勲一等瑞宝章を受章。

2014年3月14日午前10時40分、肺気腫のため東京都世田谷区の自宅で死去。94歳没。

略歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 吉田太郎一 とは 【事典・辞書サイトkotobank】
  2. ^ 吉田太郎一氏が死去 元財務官 日本経済新聞 2014年3月17日