垂水公正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

垂水 公正(たるみず きみまさ、1930年[1] - 2009年2月21日[2])は日本の官僚。

宮崎県出身[2]広島市の旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)を経て[要出典]東京大学法学部を卒業。1953年に大蔵省に入省。

在イギリス大使館書記官(1958年-1962年)、在ニューヨーク総領事館領事(1970年-1973年)、主計局調査課長、国際金融局外資課長を経て、1976年から関税局で企画課長、総務課長を歴任し、東京ラウンドの日本代表団として貿易交渉に携わった[3]

東京税関長、関税局担当審議官、駐米日本大使館公使(1981年-1983年)、関税局長などを経て、1989年にアジア開発銀行総裁(第5代)へ就任。1993年まで務めた。

退任後、日本フォスター・プラン協会理事長を務める[4]。この理事長職は無給であったという[4]

2006年、瑞宝中綬章を受章。

虚血性心不全のため[2]、2009年2月21日死去[2][4][5]。78歳没。

脚注[編集]

関連項目[編集]


先代:
松尾直良
大蔵省関税局長
1983年 - 1984年
次代:
矢澤富太郎