古田元夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古田 元夫(ふるた もとお、1949年10月4日 - )は、日本の歴史学者ベトナム現代史研究者、東京大学名誉教授客員教授学術博士(東京大学、1990年)(学位論文「ベトナム人共産主義者の民族政策史-革命の中のエスニシティ―」)。

略歴[編集]

東京出身。1968年麻布高等学校卒業。1974年東京大学教養学部教養学科アジア科卒業、1978年大学院社会学研究科国際関係論専門課程博士課程中退、東京大学教養学部助手、83年助教授、95年教授、1996年東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻教授(多元世界解析大講座現代民族動態論専攻)、2001-03年総合文化研究科長・教養学部長、2004-05年副学長2009年東京大学附属図書館長。2015年定年退任、名誉教授・客員教授。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ベトナムからみた中国』(日中出版、1979年)
  • 『ベトナム人共産主義者の民族政策史――革命の中のエスニシティ』(大月書店、1991年)
  • 『歴史としてのベトナム戦争』(大月書店、1991年)
  • 『ベトナムの世界史――中華世界から東南アジア世界へ』(東京大学出版会、1995年)
  • 『ベトナムの現在』(講談社[講談社現代新書]、1996年)
  • ホー・チ・ミン――民族解放とドイモイ』(岩波書店、1996年)
  • 『アジアのナショナリズム』(山川出版社[世界史リプレット]、1996年)
  • 『ドイモイの誕生――ベトナムにおける改革路線の形成過程』(青木書店、2009年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『「南」から見た世界 (2) 東南アジア・南アジア――地域自立への模索と葛藤』(大月書店、1999年)

共編著[編集]

訳書[編集]

参考[編集]

  • 『駒場1991』『駒場2001』