南大夕張駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南大夕張駅
南大夕張駅舎/1980年
南大夕張駅舎/1980年
みなみおおゆうばり
Minami-Ōyūbari
遠幌 (3.5km)
所在地 北海道夕張市南部大宮町
所属事業者 三菱石炭鉱業
所属路線 大夕張鉄道線
キロ程 7.6km(清水沢起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1911年6月1日
廃止年月日 1987年7月22日
備考 路線廃止に伴う廃駅
テンプレートを表示

南大夕張駅(みなみおおゆうばりえき)は、北海道夕張市南部大宮町にあった三菱石炭鉱業大夕張鉄道線廃駅)である。大夕張鉄道線の廃止に伴い1987年に廃止された。

歴史[編集]

大夕張炭坑開坑時の二股駅/1912年
南大夕張駅での石炭積込み/1985年
1977年の南大夕張駅と周囲約750m範囲。左が清水沢方面国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
南大夕張駅跡に保存されている車両群

大夕張炭鉱の開発に伴い、1906年(明治39年)に馬車鉄道が開通。その後炭鉱の発展により専用鉄道が敷設された。三菱鉱業移管後は更に発展し、昭和初期には操業拠点が北部(大夕張・夕張市鹿島地区)に移行したが、道路も無く同駅が中継点となった。夕張岳山麓から切り出された木材の他、大夕張ダム建設当時は資材の搬入で賑わった。末期は三菱南大夕張炭鉱の石炭搬出駅となっていたが、同炭鉱の合理化による鉄道廃止により、廃止となった。

  • 1911年(明治44年)6月1日 大夕張炭礦専用鉄道二股駅として開業するが駅舎は無し。
  • 1918年(大正7年)6月14日 三菱鉱業に移管後労務係詰所を大夕張駅と称した。
  • 1929年(昭和4年)1月22日 南大夕張駅に改称。
  • 1939年(昭和14年)4月20日 三菱鉱業株式会社線として地方鉄道に改組。社内旅客荷物小口取扱及び車扱連絡運輸開始。
  • 1941年(昭和16年)12月1日 旅客荷物小口扱連絡運輸開始。  
  • 1950年(昭和25年)4月25日 三菱鉱業株式会社線大夕張鉄道の駅となる。
  • 1956年(昭和31年)6月1日 三菱鉱業株式会社大夕張鉄道線の駅となる。
  • 1969年(昭和44年)10月1日 三菱大夕張炭礦株式会社大夕張鉄道の駅となる。
  • 1973年(昭和48年)12月15日 三菱石炭鉱業株式会社線の駅となる。
  • 1973年(昭和48年)12月16日 当駅-大夕張炭山間廃止により終着駅となる。
  • 1987年(昭和62年)7月22日 廃止。
  • 2007年(平成19年)11月30日 経済産業省より近代化産業遺産として認定。

駅構造[編集]

駅跡[編集]

廃止後駅舎は解体撤去。ホームには以下の車両が保存された。

これらの車両は荒廃し、ナハフ1にいたっては雪の重みで転倒、ホーム自体も崩れ始めていたが、三菱大夕張鉄道保存会の手によって修復され、往時の姿を回復した。

機関庫は廃止後、関連会社が使用していたが、現在は撤去され跡形もない。

駅周辺[編集]

  • シューパロダムインフォメーションセンター(夕張シューパロダムに関する資料の他、大夕張地区や大夕張鉄道などに関する若干の郷土資料も展示)
  • 夕張市南部連絡所
  • 南大夕張郵便局
  • 南部分遺所
  • 南大夕張貯木場事業所(現在は閉鎖)

駅前にはかつては美鉄バス及び夕張鉄道(夕鉄バス)の「南部」停留所があったが、美鉄バスは1997年、夕鉄バスも2017年10月1日に路線廃止となった[1]

隣の駅[編集]

三菱石炭鉱業
大夕張鉄道線
遠幌駅 - 南大夕張駅 - (臨)農場前駅 - シューパロ湖駅 - 明石町駅

脚注[編集]

  1. ^ 夕張地区ダイヤ改正のお知らせ”. 夕張鉄道. 2017年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 奥山道紀・赤城英昭『三菱鉱業大夕張鉄道』ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY #47〉、2003年。ISBN 4-7770-5002-5
  • 奥山道紀「RM LIBRARY通信 三菱大夕張鉄道の現在」『レイルマガジン』第251号、ネコ・パブリッシング、2004年8月、 pp. 104-107。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]