大夕張炭山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大夕張炭山駅
Ooyubarikogyosho.JPG
大夕張炭山駅構内/三菱大夕張炭鉱絵はがき
おおゆうばりたんざん
Ōyūbaritanzan
大夕張 (1.4km)
所在地 北海道夕張市鹿島北栄町
所属事業者 三菱大夕張炭鉱
所属路線 大夕張鉄道線
キロ程 17.2km(清水沢起点)
駅構造 終着駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1929年1月22日
廃止年月日 1973年12月16日
備考 路線短縮に伴う廃止
テンプレートを表示

大夕張炭山駅(おおゆうばりたんざんえき)は、北海道夕張市鹿島北栄町にあった三菱石炭鉱業大夕張鉄道線(廃駅)である。三菱大夕張炭鉱閉山に伴う大夕張鉄道線の路線短縮に伴い1973年に廃止された。

三菱大夕張炭鉱の石炭の他、コークスメタノール木材などの搬出で賑わった。三菱鉱業所有のメタノール輸送用タンク車タキ5200形・タキ5249 - 5262の常備駅でもあった。

駅構造[編集]

  • 単式ホーム1面1線の地上駅であった。
  • 石炭積み込み線の他、営林署岐線も接続していた。駅舎は大夕張鉱業所入り口に位置し、石炭積み込みのポケットの他、鉄道課事務所、機関区も有し大夕張鉄道線の拠点だった。
  • 終日駅員が配置されていた。

歴史[編集]

大夕張炭鉱の北部開発に伴い、専用鉄道が延長。当初は貨物駅だった。

エピソードなど[編集]

廃駅を5ヶ月後に控えた1973年7月25日、テレビドラマ『走れ!ケー100』第25回夕張編のロケが行われ、大野しげひさと元機関士役の笠智衆を乗せた模擬蒸気機関車「ケー100」が大夕張炭山駅構内や明石町駅 - 南大夕張駅間(香椎沢付近)のレール上を走行した[1][2]。DVD映像で当駅の駅名標も確認出来る。

廃止後[編集]

廃止後も駅舎は残され、屋根のペンキが塗り直されるなどして使用されていたが、周辺は住民がほとんどいなくなり荒野と化していた。夕張シューパロダムの建設に伴い1998年に大夕張地区住民が全戸移転した時も駅舎は存在していたが、その後間もなく解体された。駅跡地は2014年3月、夕張シューパロダムの試験湛水開始により水没した。

隣の駅[編集]

三菱石炭鉱業
大夕張鉄道線
大夕張駅 - 大夕張炭山駅

接続路線[編集]

参考文献[編集]

  • 奥山道紀・赤城英昭『三菱鉱業大夕張鉄道』ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY #47〉、2003年。ISBN 4-7770-5002-5
  • 奥山道紀「RM LIBRARY通信 三菱大夕張鉄道の現在」『レイルマガジン』第251号、ネコ・パブリッシング、2004年8月、 pp. 104-107。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 青野暉『走れ!ケー100 その奇跡の旅路記録写真集』(「走れ!ケー100」第一回放送終了35周年記念記念写真集編纂委員会発行、2009年、国立国会図書館所蔵)P34
  2. ^ 今度の日曜日は「汽車フェスタ2012」。”. 鉄道ホビダス. 編集長敬白. ネコ・パブリッシング (2012年8月29日). 2019年8月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]