明石町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明石町駅
あかしちょう
Akashicho
南大夕張 (6.0km)
(1.4km) 千年町
所在地 北海道夕張市鹿島明石町
所属事業者 三菱石炭鉱業
所属路線 大夕張鉄道線
キロ程 13.6km(清水沢起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1945年(昭和20年)5月6日
廃止年月日 1973年(昭和48年)12月16日
テンプレートを表示

明石町駅(あかしちょうえき)は、北海道夕張市鹿島明石町にあった三菱石炭鉱業大夕張鉄道線廃駅)である。大夕張鉄道線の路線短縮に伴い1973年に廃止された。三菱大夕張炭鉱炭鉱住宅街の南端に位置し、大夕張炭山駅との間に通勤列車が運行された。また付近にあった夕張東高校の高校生や、夕張岳の登山者の利用もあった。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅であった。ホームは駅舎より高い位置にあり、1958年に地下通路が建設された。

歴史[編集]

  • 1945年(昭和20年)5月6日 - 食料増産の為、農場前臨時乗降場として発足。
  • 1946年(昭和21年)2月1日 - 第1農場前臨時乗降場と改称。
  • 1950年(昭和25年)11月1日 - 通勤者輸送の為駅に昇格。明石町駅に改称し旅客荷物貨物の社内取扱開始。
  • 1953年(昭和28年)5月11日 - 連絡運輸取扱開始。
  • 1958年(昭和33年)11月4日 - 乗降場地下道完成。
  • 1962年(昭和37年)12月2日 - 手小配達及小口扱取扱廃止。
  • 1963年(昭和38年)10月14日 - 明石町駅 - 大夕張炭山駅間通勤列車廃止。
  • 1973年(昭和48年)12月16日 - 南大夕張駅 - 大夕張炭山駅間廃止に伴い廃駅。

現状[編集]

廃止後も駅舎は残されていた。夕張シューパロダムの建設に伴い1998年大夕張地区住民が全戸移転した時も存在していたが、1999年5月に解体された。ホームや地下道はその後も残っていたが、2014年3月、駅跡地は夕張シューパロダムの湛水開始によりすべて水没した。

隣の駅[編集]

三菱石炭鉱業
大夕張鉄道線
南大夕張駅 - シューパロ湖駅 - (臨)農場前駅 - 明石町駅 - 千年町駅

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度3分43.7秒 東経142度6分6.9秒