南アフリカの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南アフリカの国章
Coat of Arms of South Africa.png
詳細
使用者 南アフリカ共和国
採用 2000年4月27日
サポーター 象牙小麦
モットー カム語: ǃke e: ǀxarra ǁke
「多様な人々の団結」
画像外部リンク
南アフリカの国章 - National Arms and Emblems Past and Presentより

南アフリカ共和国国章(みなみアフリカきょうわこくのこくしょう)は、2000年に新しく制定された。

紋章の最下部には中庸と永遠、知恵と力を意味する二本の象牙が配され、「!ke e: /xarra //ke」というモットーが記されている。これはコイサン語族のカム語で「多様な人々の団結」という意味である。両脇の小麦の穂は肥沃な土地と豊かなポテンシャル、成長を意味し、中央のの中には手を取り合う人々の像が描かれている。最上部には朝日が描かれ、その下には翼を広げたヘビクイワシと、南アフリカの国花であるプロテア、それに交差したと投げ棒が配されている。

また2000年までの国章では左右にトムソンガゼルのつがいをデザインの一部に組み込まれている。

関連項目[編集]