ボツワナの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボツワナの国章
Coat of arms of Botswana.svg
詳細
使用者 ボツワナの旗 ボツワナ
採用 1966年
サポーター シマウマ
モットー ツワナ語:PULA
「雨」

ボツワナ国章(ボツワナのこくしょう)は、1966年1月25日に制定された紋章である。

意匠[編集]

西アフリカで良く見られる形状を持つの両脇を、2頭のシマウマが支えている。盾の上部には工業を意味する3つの歯車が描かれている。を表す3条のと、国のモットーでもあるツワナ語で「」を意味する「PULA」という言葉が描かれている。このモットーはボツワナでのの貴重さを表している。青いバナーは国章の下部でモットーを囲んでている。盾の下部には牛の頭が描かれており、ボツワナにおける牧畜の重要性を表している。シマウマは、ボツワナの自然の一部として重要である。右側のシマウマは国内で重要な穀物であるソルガムの穂を、左側のシマウマは以前の貿易品であった象牙を抱えている。

関連項目[編集]