化学分析技能士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

化学分析技能士(かがくぶんせきぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、化学分析に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。

なお職業能力開発促進法により、化学分析技能士資格を持っていないものが化学分析技能士と称することは禁じられている。それぞれ1級と2級がある。1級合格者は職業訓練指導員 (化学分析科)職業訓練指導員 (公害検査科)の試験の実技試験と学科試験の関連学科が免除され、2級合格者は実技試験が免除される。

実技作業試験内容(化学分析作業)[編集]

  • 1級
    • 作業試験
      • a:定性分析(与えられた試料溶液中に含まれる4種類の金属イオンの検出を行う。)試験時間=2時間
      • b:容量分析(キレート滴定法による塩化カルシウム、塩化マグネシウム及び塩化アルミニウムの定量を行う。)試験時間=3時間
    • ペーパーテスト: 「ガスクロマトグラフの原理」と「ガスクロマトグラフ法によるベンゼン、トルエンの分析」及び「吸光光度法の原理」と「8-キノリノールを用いた排水中の鉄とアルミニウムを同時に定量する方法」について行う。試験時間=1時間30分
  • 2級
  1. 定性分析(与えられた試料溶液中に含まれる3種類の金属イオンの検出を行う。)試験時間=1時間15分
  2. 定量分析(与えられた試料溶液(しゅう酸溶液)中に含まれるしゅう酸の量を求める。)試験時間=1時間30分

関連項目[編集]