分割統治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

分割統治(ぶんかつとうち、英語:Divide and conquer、ラテン語:Divide et impera)とは、ある者が統治を行うにあたり、被支配者を分割することで統治を容易にする手法。被支配者同士を争わせ、統治者に矛先が向かうのを避けることができる。分断統治とも。

歴史[編集]

古代ローマ帝国は、支配下に治めた都市相互の連帯を禁じ、都市毎に応じて処遇に格差をつける分割統治によって、征服した都市からの反乱を抑えることに成功した。

19世紀以降の欧米植民地経営は、この原理をよく応用した。イギリスインドで、人種、宗教、地域の差異で分割した集団を互いに反目させることで長期の統治に成功した。ベルギードイツは、ルワンダブルンジにおいてフツツチに格差をもうけ、少数派のツチを中間的な支配層とした。これがルワンダ虐殺の遠因となったともいわれる。

国内の例としては徳川幕府による士農工商制度、および非人等と呼ばれる階級制があげられる。

上記の用法とは異なる概念だが元々一つの地域を複数の国家が分割して統治することを分割統治とよぶ場合もある。分割したのち単に併合した場合は分割統治とは通常呼ばない。

一つの地域である前提が維持されままで異なった複数の国家が地域ごとに統治する場合に呼ばれることがある。上記の用法と違って明確な定義はない。

この例としては以下の物があげられるうる。

日本に対して実施された分割統治[編集]

日本に対して行われた分割統治。

第二次世界大戦にて、日本の領土を連合国が獲得し以下の通り分割統治を実施した。

関連項目[編集]