プロバカートル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プロバカートル(プロヴァカートル、プロヴォカートル、フランス語: Agent provocateur)は、当人をそそのかして不法な行為を犯させる秘密の協力者(エージェント)[1]、あるいは、取り締まり対象を挑発するための警察側から回し者[2]を意味することばである。

戦前の日本革命運動においては、運動を破壊する挑発者、扇動者の意味でしばしば使われた。宮本百合子は「逆宣伝的な意味にでも通俗化され、新語辞典に出て来る文字となった」「計画的に支配階級がプロレタリアートの組織へその破壊を目的として送り込むもの、即ち敵の組織の積極的一部」であると述べている[3]細田民樹「裏切者 プロヴォカートル」(『中央公論』1933年4月号)、宮本顕治「プロバカートルにたいするボルシェヴィキ的処置についての二、三の注意」(「赤旗」1933年6月1日)、太宰治「虚構の春」(『文學界』1936年7月)[4]などでも用いられた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]