企業舎弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

企業舎弟(きぎょうしゃてい)は、暴力団の構成員や暴力団周辺者(準構成員)が、資金獲得(シノギ)のために経営する企業・及びその役員や従業員をいう。現在では「フロント企業」と呼ばれることが多い。

概要[編集]

企業舎弟が得た金は上部団体に上納され、最終的に暴力団の資金源になる。暴力団対策法の成立以降は、従来型の資金調達(いわゆる「見ヶ〆料(みかじめりょう)」など)が困難になったため、法律適用の回避手段として多くの企業舎弟が生まれた。

最近では暴力団関与の色彩を薄めるために、暴力団の構成員ではない一般の応募者を従業員として採用したり、構成員は経営者や幹部社員にならず、その親類縁者など暴力団とは直接のつながりのない人物を「ダミー」として使うケースが多くなっており、一見しただけでは普通の企業かフロント企業であるかの見分けが付きにくくなってきている。

また豊富な資金力を活かして、成長の見込める分野に出資し、株式市場などを含めた投資活動によって利益を回収しようとする動き(一種のマネーロンダリングである)も、近年では活発に行われている。ここ最近では出会い系サイトペニーオークションといった成長が著しいIT業界・携帯電話コンテンツ業界への積極的なアプローチや、密接な関係なども囁かれている。ネットでは顔や正体がバレにくいため、身分を隠し偽る必要がある暴力団側としては、さまざまな点で都合がよいという利点がある。2010年9月には水産業にまで手を出していた事が判明した(札幌市厚別区の「マルキタ水産」に対する特定商取引法違反での摘発)。

なお、普通の企業を装っていても、企業活動上において一たびトラブルが発生すれば、それまでの仮面を脱ぎ捨てて暴力団としての性格を露わにすることも、決して珍しいことではない。

関連書籍[編集]

  • 名古屋弁護士会民事介入暴力対策特別委員会「暴力団フロント企業―その実態と対策」(民事法研究会)

関連項目[編集]