アンダーマイニング効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アンダーマイニング効果(アンダーマイニングこうか、: undermining effect)は、内発的動機づけによる行為に対して、報酬を与えるなどの外発的動機づけを行うことによって、モチベーション(やる気)が低減することをいう。このような現象アンダーマイニング現象(アンダーマイニングげんしょう、: undermining phenomenon)と呼ばれる[1]。例えば、好きでプレイしていたゲームに金銭報酬を与えられると、やる気がなくなってしまうなど。抑制効果ともいう。

概要[編集]

特に外からの働きかけがなくても勉強している子どもに外的報酬をあげるのは内発的動機づけが低下させることになる。報酬をもらえるという期待がないと、学習しなくなる可能性がある。

ただ、報酬が悪影響しかないかというと、賞をめざしてがんばっている人たちをみればわかるように、行動を促すプラスの効果がある。これはエンハンシング効果(enhancing effect)またはエンハンシング現象(enhancing phenomenon)と呼ばれる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 櫻井茂男 『自ら学ぶ意欲の心理学』有斐閣、2009年、84頁。ISBN 978-4-641-17362-0https://books.google.com/books?id=qqOmD409IjkC&pg=PA84 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]