内水融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内水 融(うちみず とおる、1975年7月30日 - )は、埼玉県出身の日本漫画家[1]流通経済大学付属柏高等学校出身。かつては『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上にて作品を発表していた。妻は漫画家の津々巳あや

経歴[編集]

  • 2000年5月期天下一漫画賞にて、「善妖記」で審査員(ほったゆみ)特別賞を受賞。同年末に『赤マルジャンプ』2001WINTERにて「POT MAN」でデビュー。
  • 『週刊少年ジャンプ』2003年41号より同年52号まで、「戦国乱破伝サソリ」を連載。3週連続で若手作家による新連載の第一弾として、本誌初掲載にして連載デビューと言う思い切った好待遇を受けるが、人気は得られず12回で打ち切りとなる。
  • 『週刊少年ジャンプ』2004年25号に、読切「賈允-KAIN-」を掲載。これをプロトタイプとして2005年24号より「カイン」を連載開始するが、またも人気は得られず19回で打ち切られた。
  • その後は読切「FOREST」、「DISPENSER」などを発表し、週刊少年ジャンプ2007年19号で発表した「アスクレピオス」をプロトタイプとして、2008年43号より「アスクレピオス」を連載開始するが、再び19回で終了した。
  • 2010年5月『ジャンプSQ.19』創刊号より、「アグリッパ -AGRIPPA-」を連載。全4巻で完結。
  • 2011年1月、新創刊された『ミラクルジャンプ』(集英社)創刊号に「豺狼 -ヤマイヌ-」を掲載。青年誌へ進出するとともに、初の現代日本を舞台にした漫画を発表する。
  • 2013年9月、『Eleganceイブ』増刊『もっと!』(秋田書店)vol.4より「コールド・ケース」を連載。女性漫画誌へ進出するとともに、初めて原案(石井光太)を付け、サイコスリラーの要素を取り入れた漫画を発表。
  • 2014年6月、『Eleganceイブ』増刊『もっと!』(秋田書店)vol.7より「HELP」を連載するが雑誌休刊のため、11月より『チャンピオンクロス』に移籍、「サエイズム」に改題し2016年7月26日号まで連載された。

作品リスト[編集]

特に表記のないものは、集英社刊のもの。

  • POT MAN(読切『赤マルジャンプ』2001WINTER)
  • ガリアのヴェル(読切『赤マルジャンプ』2001WINTER・『戦国乱破伝サソリ』1巻に収録)
  • 詭道の人(読切『赤マルジャンプ』2003SPRING・『戦国乱破伝サソリ』2巻に収録)
  • 戦国乱破伝サソリ連載『週刊少年ジャンプ』2003年41号 - 52号、全2巻)
  • 賈允-KAIN-(読切『週刊少年ジャンプ』2004年25号・『カイン』2巻に収録)
  • カイン連載『週刊少年ジャンプ』2005年24号 - 43号、全3巻)
  • FOREST(読切『週刊少年ジャンプ』2006年6・7合併号・『カイン』3巻に収録)
  • DISPENSER(読切『赤マルジャンプ』2006SUMMER・『アスクレピオス』3巻に収録)
  • アスクレピオス(読切『週刊少年ジャンプ』2007年19号・『アスクレピオス』3巻に収録)
  • アスクレピオス連載『週刊少年ジャンプ』2008年43号 - 2009年11号、全3巻)
  • アグリッパ -AGRIPPA-連載『ジャンプSQ.19』2010年6月号 - 2012年7月号、Web連載2012年11月 - 2013年02月、全4巻)
  • 豺狼 -ヤマイヌ-(読切、『ミラクルジャンプ』No.01、『ヤングジャンプ』2011年45・46号)
  • シガーマン(読切、『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)2013年vol.5)
  • コールド・ケース(原案 石井光太シリーズ連載、『もっと!』(秋田書店)2013年vol.4 - 2014年vol.6)
  • OYAJI(読切、『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)2013年24号)
  • HELP→サエイズム連載、『もっと!』(秋田書店)2014年vol.7 - Vol.8、『チャンピオンクロス』(秋田書店) 2014年11月11日 - 2016年7月26日、全4巻)
    • サエイズム Second Season(連載、『チャンピオンクロス』2018年5月22日 - 2018年6月26日、『マンガクロス』2018年7月10日 - )
  • マシラ -殺戮の村-(連載、『チャンピオンクロス』(秋田書店)2017年2月28日 - 現在休載中、既刊2巻)

逸話[編集]

  • 単行本などに描かれている自画像は大きな耳と数本の髪の毛が描かれた簡単な顔になっている。また、作者コメントでは「自画像のような顔ではないと驚かれる」とコメントしたことがある[2]
  • 大石浩二と仲が良く、大石の作品『メゾン・ド・ペンギン』の単行本[3]でコラボ企画を行なったり、誌面の作者コメントで大石と話し合った事[4]もある。また、『アグリッパ』1巻の帯には大石の作品『いぬまるだしっ』のいぬまるくんが表裏ともに登場している。

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『POTMAN』掲載前ページ「新人紹介コーナー」『赤マルジャンプ2001WINTER』
  2. ^ 内水融『カイン』1巻〈ジャンプ・コミックス〉2005年9月4日、作者コメント
  3. ^ 『メゾン・ド・ペンギン』4巻
  4. ^ 週刊少年ジャンプ2009年11号など
  5. ^ ジャンプスクエア漫画家直撃インタビュー!モノガタリ
  6. ^ 内水融『カイン』2巻、作者コメント
  7. ^ 内水融『カイン』2巻、スタッフクレジット(201頁)

外部リンク[編集]