八隅孝平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八隅 孝平
基本情報
本名 八隅 孝平
通称 ヤスミン
日本最強グラップラー[1]
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-11-27) 1978年11月27日(41歳)
出身地 京都府京都市
所属 パラエストラ東京
ロータス パラエストラ 世田谷
→ロータス世田谷
身長 169cm
体重 70kg
階級 ウェルター級修斗
バックボーン レスリング
テンプレートを表示

八隅 孝平(やすみ こうへい、1978年11月27日 - )は、日本男性総合格闘家京都府京都市出身。ロータス世田谷主宰。ブラジリアン柔術黒帯。南京都高校法政大学卒業。

青木真也北岡悟らと親交が深く、セコンドにつくことも多い。

来歴[編集]

高校・大学とレスリング部に所属。高校時代にはインターハイにも出場した。アマチュア修斗で3戦を経験。

1999年1月27日、プロ修斗デビュー。

2000年1月23日、ADCC 2000日本予選の77kg未満級に出場。決勝で五味隆典に勝利し、優勝を果たした。3月の世界大会では1回戦でマイク・バーネットに敗北。

2002年7月17日、大道塾「THE WARS 6 〜新たなる胎動〜」の「日本対フランス・ゴールデントロフィー対抗戦(WARSルール)」に参戦。ディディエ・リュッツと70kg契約で対戦。0-0の判定ドローとなった[2][3]

2005年6月26日、初参戦となったシュートボクシングで菱田剛気と対戦。1Rに右フックでダウンを奪い、さらにフロント・スープレックスでシュートポイントを奪うも、2Rに左目を負傷。2R終了時に左目眼窩底骨折の疑いによるドクターストップ・TKO負けとなった[4]

2006年3月21日、第3回全日本修斗グラップリング選手権大会・ミドル級に出場。決勝で中村圭太チョークスリーパーで一本負けし、準優勝となった。

2006年9月8日、修斗で天突頑丈と対戦し、パウンドによるTKO負け[5]。この試合を最後に総合格闘技から遠ざかる。

2007年12月2日、DEEP X 02のリアルキングトーナメント69kg以下級に出場し、優勝を果たした[6][7]

2008年9月1日、東京都世田谷区粕谷千歳烏山駅)に自らが代表を務める「ロータス パラエストラ 世田谷」が完成し、10月5日に道場開きを行った[8]

2009年2月1日、ZST「SWAT!-GX4」で岡澤弘太と対戦予定であったが[9]、右膝化膿性滑液包炎により欠場となった[10][11]

2009年2月22日、ADCC 2009 アジア予選の66kg未満級に出場。準決勝では徹肌ィ郎に判定勝ち、決勝では戸井田克也肩固めで一本勝ちを収め、優勝を果たした[12]

2009年9月26日、ADCC 2009の66kg未満級1回戦でハニ・ヤヒーラと対戦し、肩固めで一本負け[13][14]

2010年1月10日、DEEP X リアルキングトーナメント 2010・ライト級(9名参加)に出場し、優勝を果たした。

2010年10月10日、DEEP X 06でクレベル・コイケと対戦し、9-1のポイント勝ちを収めた[1]

2011年1月16日、DEEP X リアルキングトーナメント・ライト級(8名参加)に出場。決勝で佐々木憂流迦に勝利し、2年連続の優勝を果たした[15]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
15 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 1 1 4 0 2 0
7 2 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 天突頑丈 1R 2:46 TKO(パウンド) 修斗 2006年9月8日
× ヤニ・ラックス 2R 3:25 フロントスリーパーホールド 修斗 WANNA SHOOTO 2004 2004年11月12日
× 福本よう一 5分3R終了 判定0-3 修斗 下北沢修斗劇場 第9弾 青春の門 〜鍛錬編〜 2004年7月4日
× 朴光哲 5分3R終了 判定0-3 修斗
【環太平洋ウェルター級王座決定トーナメント 1回戦】
2004年1月24日
× ルイス・ブスカペ・ジュニオール 5分3R終了 判定0-3 修斗 2003年9月5日
山崎剛 1R 1:21 KO(スタンドパンチ) 修斗 2003年2月23日
× イーブス・エドワーズ 1R 1:20 KO(パンチ) HOOKnSHOOT: New Wind 2002年9月7日
杉江"アマゾン"大輔 1R 3:31 フロントスリーパーホールド 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.1 2002年3月31日
ヘンリー・マタモロス 5分3R終了 判定3-0 修斗 TREASURE HUNT 02 2002年1月25日
× ライアン・ボウ 5分3R終了 判定0-3 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年3月2日
三宅力 5分2R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年7月16日
南部陽平 5分2R終了 判定2-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年1月14日
倉持昌和 5分2R終了 判定0-1 IV 修斗 the Renaxis 1999 1999年9月5日
藤崎諭 5分2R終了 判定1-1 II 修斗 the Renaxis 1999 1999年3月28日
竹内幸司 5分2R終了 判定3-0 修斗 下北沢修斗劇場 第2弾 Shooter's Soul 1999年1月27日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ノ・ヨンアム 8分1R終了 ドロー King of Grappling 2 2013年8月11日
長谷川孝司 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 245 2013年2月3日
佐々木憂流迦 ポイント0-0 アドバンテージ1-0 DEEP X リアルキング&DEEP X アマチュア トーナメント
【リアルキングトーナメント ライト級 決勝】
2011年1月16日
廣瀬貴行 ポイント0-0 アドバンテージ1-0 DEEP X リアルキング&DEEP X アマチュア トーナメント
【リアルキングトーナメント ライト級 準決勝】
2011年1月16日
田中洋輔 ポイント9-0 DEEP X リアルキング&DEEP X アマチュア トーナメント
【リアルキングトーナメント ライト級 1回戦】
2011年1月16日
クレベル・コイケ 3R(4分/4分/2分)終了 判定9-1 DEEP X 06 2010年10月10日
× バレット・ヨシダ 1R 3:38 三角絞め DEEP X 05 2010年2月6日
杉内勇 ポイント7-0 DEEP X リアルキングトーナメント 2010
【リアルキングトーナメント ライト級 決勝】
2010年1月10日
佐々木憂流迦 ポイント6-0 DEEP X リアルキングトーナメント 2010
【リアルキングトーナメント ライト級 準決勝】
2010年1月10日
齊藤曜 ポイント11-0 DEEP X リアルキングトーナメント 2010
【リアルキングトーナメント ライト級 2回戦】
2010年1月10日
× ハニ・ヤヒーラ 肩固め ADCC 2009
【66kg未満級 1回戦】
2009年9月26日
TAISHO 3R(4分/4分/2分)終了 ポイント18-1 DEEP X 04 2009年7月11日
× ハファエル・メンデス 3R(4分/4分/2分)終了 ポイント1-14 DEEP X 03 2008年7月5日
高橋良治 ポイント10-0 DEEP X 02
【リアルキングトーナメント 69kg以下級 決勝】
2007年12月2日
広瀬貴之 ポイント3-0 DEEP X 02
【リアルキングトーナメント 69kg以下級 準決勝】
2007年12月2日
久賀弘喜 ポイント6-0 DEEP X 02
【リアルキングトーナメント 69kg以下級 準々決勝】
2007年12月2日
小野寺裕也 ポイント3-1 第4回 全日本修斗グラップリング選手権大会
【ミドル級チャンピオンシップトーナメント 決勝】
2007年5月5日
阿久津好智 1R 2:17 肩固め 第4回 全日本修斗グラップリング選手権大会
【ミドル級チャンピオンシップトーナメント 1回戦】
2007年5月5日
× 中村圭太 2R 1:00 スリーパーホールド 第3回 全日本修斗グラップリング選手権大会
【ミドル級チャンピオンシップトーナメント 決勝】
2006年3月21日
三上洋祐 ポイント11-0 第3回 全日本修斗グラップリング選手権大会
【ミドル級チャンピオンシップトーナメント 準決勝】
2006年3月21日
山崎昭博 ポイント2-1 第3回 全日本修斗グラップリング選手権大会
【ミドル級チャンピオンシップトーナメント 2回戦】
2006年3月21日
× マイク・バーネット ポイント2-5 ADCC 2000
【77kg未満級 1回戦】
2000年3月
五味隆典 ポイント4-0 アブダビコンバット日本予選
【76kg未満級 決勝戦】
2000年1月23日
林俊介 判定 アブダビコンバット日本予選
【76kg未満級 準決勝】
2000年1月23日
嘉見俊宏 ポイント7-0 アブダビコンバット日本予選
【76kg未満級 準々決勝】
2000年1月23日
平田勝裕 ポイント12-0 アブダビコンバット日本予選
【76kg未満級 2回戦】
2000年1月23日
浦地悟郎 1:41 腕ひしぎ十字固め アブダビコンバット日本予選
【76kg未満級 1回戦】
2000年1月23日


キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
1 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0
1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 菱田剛気 2R終了時 TKO(ドクターストップ:左目眼窩底骨折の疑い) SHOOT BOXING 20th Anniversary Series 3rd 2005年6月26日

獲得タイトル[編集]

  • ADCC 2000 日本予選 76kg未満級 優勝(2000年)
  • 第4回 全日本修斗グラップリング選手権大会 ミドル級チャンピオンシップトーナメント 優勝(2007年)
  • DEEP X リアルキングトーナメント 69kg以下級 優勝(2007年)
  • ADCC 2009 アジア予選 66kg未満級 優勝(2009年)
  • DEEP X リアルキングトーナメント ライト級 優勝(2010年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 【DEEP X】プロ柔術世界王者バーンズが長谷川に大差の勝利、トーナメントはソウザ優勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月10日
  2. ^ THE WARS 試合結果 大道塾公式サイト
  3. ^ [大道塾] 7.17 後楽園 (結果):グラントロフィーとの対抗戦は日本勢圧勝 BoutReview 2002年7月18日
  4. ^ [SB] 6.26 後楽園:宍戸、大野に勝利。片腕の弾丸が完勝 BoutReview 2009年11月20日閲覧
  5. ^ [修斗] 9.8 後楽園:マモル、1Rで快勝。山下反則勝ち BoutReview 2006年9月11日
  6. ^ [DEEP X] 12.2 新宿:長谷川秀彦、柔術世界王者に完敗 BoutReview 2007年12月3日
  7. ^ 【DEEP X】69Kg以下で優勝の八隅孝平「70Kg前後で最強のグラップラーは俺ちゃうか」 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年12月2日
  8. ^ 10.05道場開き Lotus blog 2008年10月6日
  9. ^ 【SWAT】2・1岡澤弘太VS八隅孝平が決定!グラップリングルールでの大会開催 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年1月15日
  10. ^ 2/1「SWAT-GX4」八隅孝平(ロータス パラエストラ世田谷)選手欠場のお知らせ ZSTオフィシャルサイト 2009年1月29日
  11. ^ 【SWAT】2・1八隅孝平が欠場、全11カードのメインは太田裕之VS柳澤雅樹 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年1月30日
  12. ^ 【ADCC】アジア代表決定!藤井惠が世界王者・塩田さやかを破る、中村和裕も優勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年2月22日
  13. ^ 【ADCC】 日本惨敗!準決勝に勝ち残ったのは2名のみ!ADCC初日レポ 格闘王国 2009年9月27日
  14. ^ 更新再び… ADCC惨敗と「もっともっと…」 八隅孝平BLOG 2009年9月30日
  15. ^ 【DEEP X】榎本悟が現役パンクラス王者・清水清隆に決勝で一本勝ち!八隅、ソウザ兄弟が優勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年1月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]