全日本チンドンコンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全日本チンドンコンクール(ぜんにほんチンドンコンクール)は、富山県富山市で毎年4月上旬の土曜、日曜日の2日間にわたり開催される富山の春を彩る祭りである。金曜日には前夜祭が行なわれる。全国のチンドンマンコンクールでは、各チーム趣向を凝らした演技で優勝を争い競い合うと供に、中心市街地に繰り出しチンドンを披露し市民を楽しませる。

歴史[編集]

1955年から、富山桜まつりのメインイベントとして毎年開催されている。第1回(1955年)~第10回(1964年)は「全国チンドンコンクール」、第11回(1965年)~第26回(1980年)は「全日本チンドン選手権大会」という名称だった。「全日本チンドンコンクール」となったのは、第27回(1981年)からである。現在は30組前後のプロチームが出場している。また近年、素人チンドンマンによるコンクールも始まり続けられている。

第57回(2011年)は、東北地方太平洋沖地震の影響で中止となった。

2005年には実行委員会がサントリー文化財団より「サントリー地域文化賞」を受賞した。

主な日程[編集]

前夜祭(金曜日)
夕刻より富山市中心部を流れる松川富山城址公園周辺や、歓楽街の桜木町などをチンドンマンが演奏しながら賑やかに練り歩く開幕パレードが行なわれる。また松川の遊覧船上からもチンドンを披露する。
1日目(土曜日)
午前中よりオープニングセレモニー富山市役所)の後、全日本チンドンコンクールの予選と素人チンドンコンクール(富山市総合体育館)が行なわれる。また夕刻よりグランドプラザにてチンドン特別ステージが行なわれる。
2日目(日曜日)
プロ部門のコンクール本戦(決勝戦)と表彰式、優勝チームのエキジビション(富山市総合体育館)の後、富山市の繁華街の平和通り大手モールをプロ・素人チンドンマンが演奏しながら賑やかに練り歩く大パレードが行なわれる。
  • なお期間中雨天の場合、セレモニーやパレードなどは場所やルートの変更、また中止の場合がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]