全日本アミューズメント施設営業者協会連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
全日本アミューズメント施設営業者協会連合会
All Nippon Amusement Machine Operators' Union
団体種類 一般社団法人
設立 1985年(任意団体)
所在地 東京都千代田区九段南3-8-11 飛栄九段ビル8F
北緯35度41分34.03秒東経139度44分33.32秒座標: 北緯35度41分34.03秒 東経139度44分33.32秒
法人番号 1010005018936
起源 日本アミューズメントオペレーター協会
主要人物 会長 菊池康男
活動地域 日本の旗 日本
主眼 アミューズメント施設営業の発展と社会的地位の向上、正常な風俗環境の保持と少年の健全な育成
活動内容 営業適正化に関する自主規制策定、研修会等の開催、研究統計、青少年健全育成活動に対する協力
ウェブサイト http://www.aou.or.jp/index.html
2018年3月、日本アミューズメントマシン協会と統合
テンプレートを表示

一般社団法人全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(ぜんにっぽんアミューズメントしせつえいぎょうしゃきょうかいれんごうかい、: All Nippon Amusement Machine Operators' Union、略称:AOU)は、日本ゲームセンターなど遊技場や遊戯施設を運営する企業業界団体。元警察庁所管。

概要[編集]

1985年10月に任意団体「全日本アミューズメントマシン・オペレーター連合会」として設立され、1990年3月社団法人として認可を受けた。活動内容は、遊戯施設健全化のためのガイドライン作成、業界関係諸団体や官公庁との連携、ジャパンアミューズメントエキスポ(2012年まではAOUエキスポ)の開催、機関紙の発行などである。団体名にあるように、正会員は各県の協会となっていたが、2016年にオペレーター単位での加盟に組織変更された。

マスコットキャラクターは「ゲーミィ君」。ゲームセンターの複合的な娯楽性をキャラクター化した架空の動物。AOUの社団法人化10周年を記念して、新しいAOUロゴとともに制定された。

2017年6月に開催された第28回通常総会において、2018年4月に日本アミューズメントマシン協会(JAMMA)と統合し、AOUは2018年3月末をもって解散することを決定した[1]。2018年4月1日、JAMMAがAOUを吸収合併し日本アミューズメント産業協会に名称を変更した。なお、合併後は「施設営業事業部(AOU)」として業務を継承している。

沿革[編集]

※この項の主な出典[2]

  • 1973年 全日本遊園協会(JAA)設立。
  • 1980年12月 JAA解散。遊園施設・AM・オペレーターの3部会はそれぞれ独立した団体設立を模索する。[3]
  • 1981年3月 日本アミューズメントオペレーター協会(NAO)設立[4]。同年1月には日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)[5]、3月には全日本遊園施設協会(JAPEA)がJAA各部会の後継として設立される。
  • 1985年2月 風俗営業等取締法の大幅改正によって成立した風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律が施行され、ゲームセンターが「8号営業」として法的規制の枠内に入る。[6]
  • 1985年3月 NAOは定期総会で新組織の設立に伴う解散を決議した。[7]
  • 1985年6月 新協会設立の準備委員会が発足する。[8]
  • 1985年10月23日 任意団体「全日本アミューズメントマシン・オペレーター連合会」(AOU)設立。会長に中西昭雄(東京都協会長、タイトー)が就任する。
  • 1986年3月 第一回AOUアミューズメントエキスポ(AOUショー)開催
  • 1997年8月 所属企業の不祥事により中西昭雄が会長を辞任する。[9]
  • 1987年10月 中西の後任として梅原靖三(大阪府協会長、関西カクタス)が会長に就任する。[10]
  • 1990年3月23日 公益法人設立許可を受け、警察庁所管の「社団法人全日本アミューズメント施設営業者協会連合会」設立。法人設立後の初代会長を引き続き梅原が務める。
  • 1993年 47都道府県すべての地区協会がAOUに加盟する。
  • 1994年 2代目(任意団体時代から数えると3代目)会長に入江昭造(栃木県協会長、たつみ娯楽)が就任する。[11]
  • 1995年 JAMMA、NSAと共同で11月23日(2001年より毎月23日)を「ゲームの日」と制定、以降イベントを実施している。
  • 2001年 ロゴマークを刷新するとともにマスコット「ゲーミィ」を導入、キャラクター名は公募により選ばれた。
  • 2005年4月 AOU・JAMMA・NSAの3団体幹部による懇談会が行われ、 団体統合のための特別委員会設置が決定される。
  • 2005年11月 全日本クレーンゲーム選手権の第1回大会が開催される。[12]
  • 2006年5月 会長に飯澤幸雄(東京都協会長、タイトー)が就任する。
  • 2006年12月 3団体統合の準備組織である「日本アミューズメント産業協会(JAIA)」が設立される。[13]
  • 2007年 ゲーミィのデザインを変更、「イケメン[14]」に生まれ変わる。
  • 2012年4月1日 「一般社団法人全日本アミューズメント施設営業者協会連合会」に組織変更する。同日JAMMAが全日本遊園施設協会(JAPEA)、日本SC遊園協会(NSA)を統合し「一般社団法人日本アミューズメントマシン協会」に組織変更。
  • 2013年 AOUエキスポをアミューズメントマシンショー (AMショー、JAMMAショー)と統合、「ジャパンアミューズメントエキスポ」として2月に開催。
  • 2016年6月 JAMMA統合の経過措置として、会員資格を「各県事業者協会」からオペレーターが直接会員となる制度に変更する。[15][16]会長に菊池康男(福岡県協会長、ワイドレジャー)が就任する。
  • 2017年9月 理事会でJAMMAとの統合を正式承認、2018年3月5日の臨時総会の決議をもって決定となる予定。[17]
  • 2018年3月31日 JAMMAとの統合によって解散。翌4月1日より統合協会が「一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)」と改称。

主な事業[編集]

ジャパンアミューズメントエキスポ[編集]

青少年指導員養成講座[編集]

1983年から、主に店舗の管理者(風適法第24条に定められたもの)を対象として実施されている[18]。当初は青少年育成国民会議との共催であったが、同会議の解散により2009年はAOUの単独開催、2010年以降は全国防犯協会連合会との共催となる。

アミューズメント産業界実態調査[編集]

1993年度よりAOU・JAMMA・NSAの共同事業として開始された。種類別の機械売上高や店舗売上高、市場規模なども含めた調査を行っている。2008年度からは3団体統合のための組織であるJAIAに事業が移されている。

ゲームセンター等における景品の取扱い要領[編集]

ゲームセンターにおいて景品を提供する機械(プライズ機)で提供される景品について、その種類や提供方法について定めたもの。いわゆる「800円規制」(景品の価格を市価800円までとする)や、七号転用機での景品提供禁止が規定されている。

ゲームの日[編集]

1995年にAOU・JAMMA・NSA3団体によって11月23日を「ゲームの日」と制定した。JAIAの設立とともに事業が移管されている[19]。AOU加盟企業の店舗では当日を「ファン感謝デー」としてイベントを開催するほか、毎月23日をサービスデーとし、大手オペレーターでは独自呼称を用いて[20]イベント等の開催をしている。なお、北九州市は[21]毎月23日を「ノーテレビ・ノーゲーム・読書の日」と定めている[22]

アミューズメントラブ・エイド[編集]

都道府県協会を中心として、11月23日のゲームの日周辺で行われるもの。児童福祉施設障害者福祉施設の入所者などを会員企業の施設へ招待する、また施設へ訪問するなどの社会奉仕イベントである。

クレーンゲーム選手権[編集]

2005年より開催。第1回のみTVチャンピオンとのタイアップとして全国大会(決勝)が同年11月に、第2~5回は翌年2月のAOUエキスポでの決勝大会が行われていた。2010年より「みんなのクレーンゲーム選手権」にリニューアルし2012年度まで開催された。

天下一音ゲ祭[編集]

AOU主催によるアーケード用音楽ゲームの全国大会。AOUの店舗活性推進委員会が企画している[23]。2014年より毎年開催されており、「全国頂上決戦」はJAEPOの定番イベントとなっている[24]

これまで音楽ゲームのメーカーの枠を超えたイベントが開催されたことはあるが、コナミも含めた音楽ゲームのイベントを行うのは本大会が初めて[25]

過去にコナミは『beatmaniaシリーズ』に類似しているとして、アーケードゲーム『VJ』を対象に訴訟を起こしたことで、『VJ』を直営店に設置していたセガとナムコとの間に軋轢が生まれた経緯があり、コナミ、セガ、バンダイナムコの3社の音楽ゲームの共演は実現が難しいと考えられていたことから、ライターのさかまきうさろーるは本大会の開催を報じた記事の中で「今回の大会は感慨深いものになりそう」と述べている[26]

店舗予選からブロック決勝を経て、勝ち残ったプレイヤーが翌年のジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO)にて行われる決勝大会「全国頂上決戦」にて雌雄を決する。店舗予選とブロック決勝は、AOU加盟店で開催され、またそれらの課題曲はAOU加盟店にのみ配信される(決勝大会終了後にAOU非加盟の店舗にも配信)。

第1回(2014年)[編集]

初回は「天下一音ゲ祭」はブロック決勝までで、JAEPOで開催される「全日本音ゲー頂上決戦」は別組織の主催[27]であり、その出場プレイヤーをAOUが推薦する、という形式だった。また優勝者は主催組織にプロゲーマーとして登録される副賞があり、さらに全機種の頂上決戦参加者を地域で分割した団体戦も行われた。

課題曲には相互移植楽曲と新曲があり、新曲は四大元素がモチーフとなっている。

対象機種[23]
店舗予選課題曲(相互移植曲)
曲名 アーティスト 初出
FLOWER DJ YOSHITAKA jubeat knit APPEND
Garakuta Doll Play t+pazolite maimai GreeN
Got more raves? E.G.G. グルーヴコースター(アーケード)
きたさいたま2000 LindaAI-CUE 太鼓の達人 ぽ〜たぶる2
ブロック決勝課題曲(新曲)
曲名 アーティスト 代表機種 四大元素
Scars of FAUNA 猫叉Master jubeat
VERTeX Hiro maimai
FUJIN Rumble COSIOZUNTATA グルーヴコースター
Ignis Danse Yuji Masubuchi 太鼓の達人

第2回(2015年)[編集]

課題曲はすべて新曲となった。新たに「チャレンジ枠」として『シンクロニカ』でも開催されるため、バンダイナムコは2機種で参加することになった。またコナミは前回と違う作品で参加しているほか、『maimai』と『太鼓の達人』は店舗予選とブロック決勝の間に新バージョンに移行している。

この回より、予選参加者に抽選でスペシャルCDのプレゼントを開始。

全国頂上決戦では、『SOUND VOLTEX III』決勝戦で「月光乱舞」GRAVITY譜面がサプライズ公開され、決勝進出者が初見で競うこととなった[28]

対象機種
  • SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS(コナミ)
  • maimai ORANGE PLUS → maimai PiNK(セガ)
  • グルーヴコースター2 ヘヴンリーフェスティバル(タイトー)
  • 太鼓の達人 ムラサキVer. → ホワイトVer.(バンダイナムコ)
  • シンクロニカ(バンダイナムコ) ※チャレンジ枠
店舗予選課題曲(新曲)
曲名 アーティスト 機種
マサカリブレイド REDALiCE SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
Aiolos xi maimai ORANGE PLUS
Solar Storm xi グルーヴコースター2 ヘヴンリーフェスティバル
朱の旋律 AILE(アイル) 太鼓の達人 ムラサキVer.
夜明けまであと3秒 Taku Inoue(BNSI) シンクロニカ
ブロック決勝課題曲(新曲)
曲名 アーティスト 機種
月光乱舞 P*Light SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
Axeria AcuticNotes maimai PiNK / maimai ORANGE PLUS
Black MInD COSIO(ZUNTATA) グルーヴコースター2 ヘヴンリーフェスティバル
夜明けまであと3秒 Taku Inoue(BNSI) 太鼓の達人 ホワイトVer. / ムラサキVer.
朱の旋律 AILE(アイル) シンクロニカ

第3回(2016年)[編集]

機種は前回と同じだが、前回チャレンジ枠の『シンクロニカ』は本大会に採用されず、またチャレンジ枠もなくなった。『SOUND VOLTEX』と『maimai』は、ブロック決勝と全国頂上決戦の間に新バージョンに移行している。

課題曲は店舗予選が新曲、ブロック決勝が相互移植曲と、第1回の逆となっている(ただし、相互移植曲は全機種に全曲の移植ではなく、特定機種への特定楽曲の移植のみ)。相互移植曲は、10月3日に行われたライブ配信番組「げーおん!」にて、各メーカースタッフによる公開抽選で決定した[29]

全国頂上決戦では、『太鼓の達人』決勝戦で新曲「8OROCHI」がサプライズ公開され、決勝進出者が初見で競うこととなった[30][31]

対象機種
  • SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS → SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN(コナミ)
  • maimai PINK PLUS → maimai MURASAKi(セガ)
  • グルーヴコースター3 リンクフィーバー(タイトー)
  • 太鼓の達人 レッドVer.(バンダイナムコ)
店舗予選課題曲(新曲)
曲名 アーティスト 機種
極圏 cosMo VS dj TAKA SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
Nitrous Fury Jun Senoue maimai PINK PLUS
Scarlet Lance MASAKI(ZUNTATA) グルーヴコースター3 リンクフィーバー
毒LOCANdy♡ t+pazolite 太鼓の達人 レッドVer.
ブロック決勝課題曲(相互移植曲)
曲名 アーティスト 機種 移植元機種
Solar Storm xi SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS グルーヴコースターシリーズ
夜明けまであと3秒 Taku Inoue(BNSI) maimai ORANGE PLUS 太鼓の達人シリーズ
Axeria AcuticNotes グルーヴコースター3 リンクフィーバー maimaiシリーズ
マサカリブレイド REDALiCE 太鼓の達人 レッドVer. SOUND VOLTEXシリーズ

第4回(2017年)[編集]

今回は対象機種を6機種に拡大。大会形式が「JAEPO大会枠」と「ブロック大会枠」とに分かれ、どちらもブロック決勝大会までは開催されたが、全国頂上決戦が行われたのはJAEPO大会枠の4機種のみだった[24][32]。JAEPO大会枠には、新たに『チュウニズム』(セガ・インタラクティブ)が参戦。前回までの全国頂上決戦の対象機種だった『maimai』と、第2回のチャレンジ枠であった『シンクロニカ』の2機種が、ブロック大会枠の対象となった。なお『maimai』は、店舗予選とブロック決勝の間に新バージョンに移行している。

課題曲は、店舗予選曲はJAEPO大会枠の4機種のみに配信[33]、ブロック決勝曲はそれに『シンクロニカ』も含めた5機種に配信され、『maimai』のみ配信がなかった。店舗予選曲は、第1回以来となる対象全機種への相互移植となる。このうち、「極圏」と「Scarlet Lance」は前回の店舗予選課題曲であった。ブロック決勝曲は、第2回と同じくすべて新曲となった。

JAEPO2018の会場で行われた全国頂上決戦後、AOU店舗活性推進委員会委員長の畦田在隆が登壇し、第5回大会を行うことを宣言した[24][32]

対象機種
  • JAEPO大会枠
    • SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN(コナミ)
    • CHUNITHM STAR(セガ)
    • グルーヴコースター3EX ドリームパーティー(タイトー)
    • 太鼓の達人 イエローVer.(バンダイナムコ)
  • ブロック大会枠
    • maimai MURASAKi PLUS → maimai MiLK(セガ)
    • シンクロニカ(バンダイナムコ)
店舗予選課題曲(相互移植曲)
曲名 アーティスト 初出
極圏 cosMo VS dj TAKA SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
怒槌 光吉猛修 CHUNITHM
Scarlet Lance MASAKI(ZUNTATA) グルーヴコースター3 リンクフィーバー
セイクリッド ルイン Drop&祇羽 feat. 葉月ゆら 太鼓の達人 レッドVer.
ブロック決勝課題曲(新曲)
曲名 アーティスト 機種
GERBERA BEMANI Sound Team SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN
Xevel Tatsh CHUNITHM STAR
ouroboros -twin stroke of the end- Cranky VS MASAKI GROOVE COASTER 3EX DREAM PARTY
Taiko Drum Monster steμ feat. siroa 太鼓の達人 イエローVer.
Crystal Hail Nhato シンクロニカ

脚注[編集]

  1. ^ AOUニュース 2017年6月号ゲームマシン 2017年7月1日号
  2. ^ AOUのあゆみ - 全日本アミューズメント施設営業者協会連合会
  3. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2001.10.15.htm
  4. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2001.04.15.htm
  5. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2001.01.01.htm
  6. ^ この前後、法改正に対する姿勢の違いからJAMMAとNAOの対立が起こり(絶対反対を主張するJAMMAと条件闘争を主張するNAO)、またショッピングセンターのゲームコーナー(SCロケ)運営企業がNAOを脱退し日本SC遊園協会(NSA)を設立するなどの動きがあった。
  7. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2005.04.01.htm
  8. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2005.07.01.htm
  9. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2007.08.15.htm
  10. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2007.11.01.htm
  11. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2014.08.01.htm
  12. ^ http://www.aou.or.jp/news/0510/01.pdf
  13. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2007.01.15.htm
  14. ^ http://www.aou.or.jp/03/03-01/03shiryo/mark-cara.html
  15. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2016.04.15.htm
  16. ^ http://www.ampress.co.jp/backnumber/bn2016.08.01.htm
  17. ^ http://www.aou.or.jp/news/1710/01.pdf
  18. ^ http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/houkoku/b_1.htm
  19. ^ 「ゲームの日」公式サイト 2018年1月20日閲覧
  20. ^ セガ…「セガの日」タイトー…「タイトー感謝デー」アドアーズ…「アドアーズの日」など。
  21. ^ http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kyouiku/03400013.html
  22. ^ 読書の日(4月23日)にちなむ。
  23. ^ a b 2014年9月15日号”. ゲームマシン. Amusement Press Inc. (2014年9月1日). 2018年2月15日閲覧。
  24. ^ a b c クドー タクヤ (2018年2月13日). “開発スタッフが驚くスーパープレイに観客も騒然!JAEPO 2018「第四回 天下一音ゲ祭」レポート”. IGN Japan. 産経デジタル. 2018年1月22日閲覧。
  25. ^ コナミは自社製品のみで行う全国大会「KONAMI Arcade Championship」を、独自に開催している。なお、同大会は2014年度以降、決勝ラウンドをJAEPOコナミブースのイベントとして開催。
  26. ^ さかまきうさろーる (2014年8月18日). “コナミ、セガ、タイトー、バンナムによる「天下一音ゲ祭 全国一斉認定大会」開催決定 ― 楽曲相互移植も実現”. iNSIDE. 2018年1月22日閲覧。
  27. ^ 大会概要”. 株式会社ブライト. 2017年1月27日閲覧。
  28. ^ AOU_Tenkatuiの2016年2月19日のツイート2017年2月14日閲覧。
  29. ^ AOU_Tenkatuiの2016年10月4日のツイート2017年1月27日閲覧。
  30. ^ AOU_Tenkatuiの2017年2月11日のツイート2017年2月14日閲覧。
  31. ^ taiko_teamの2017年2月11日のツイート2017年2月14日閲覧。
  32. ^ a b 磯部新 (2018年2月11日). “競技となった4作品の新曲も! 熱い戦いの数々に会場が沸いた“第四回天下一音ゲ祭”をリポート【JAEPO 2018】”. ファミ通.com. Gzbrain Inc.. 2018年2月15日閲覧。
  33. ^ ただし他機種は10月13日に一斉解禁されたのに対し、『チュウニズム』のみ11月2日に、ブロック決勝曲と同時配信となった。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]