全日本アミューズメント施設営業者協会連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一般社団法人 全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(いっぱんしゃだんほうじん ぜんにっぽんアミューズメントしせつえいぎょうしゃきょうかいれんごうかい、All Nippon Amusement Machine Operators' Union、略称:AOU)は、日本ゲームセンターなど遊技場や遊戯施設を運営する企業業界団体。元警察庁所管。

概要[編集]

1985年10月に任意団体「全日本アミューズメントマシン・オペレーター連合会」として設立され、1990年3月社団法人として認可を受けた。活動内容は、遊戯施設健全化のためのガイドライン作成、業界関係諸団体や官公庁との連携、ジャパンアミューズメントエキスポ(2012年まではAOUエキスポ)の開催、機関紙の発行などである。

マスコットキャラクターは「ゲーミィ君」。ゲームセンターの複合的な娯楽性をキャラクター化した架空の動物。AOUの社団法人化10周年を記念して、新しいAOUロゴとともに制定された。

2017年6月に開催された第28回通常総会において、2018年4月にJAMMAと統合し、AOUは2018年3月末をもって解散することを決定した[1]

天下一音ゲ祭[編集]

AOU主催による音楽ゲームの全国大会。これまで音楽ゲームのメーカーの枠を超えたイベントが開催されたことはあるが、コナミも含めた音楽ゲームのイベントを行うのは本大会が初めて[2]

店舗予選からブロック決勝を経て、勝ち残ったプレイヤーが翌年のジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO)にて行われる決勝大会「全国頂上決戦」にて雌雄を決する。店舗予選とブロック決勝は、AOU加盟店で開催され、またそれらの課題曲はAOU加盟店にのみ配信される(決勝大会終了後にAOU非加盟の店舗にも配信)。

第1回(2014年)[編集]

初回は「天下一音ゲ祭」はブロック決勝までで、JAEPOで開催される「全日本音ゲー頂上決戦」は別組織の主催[3]であり、その出場プレイヤーをAOUが推薦する、という形式だった。また優勝者は主催組織にプロゲーマーとして登録される副賞があり、さらに全機種の頂上決戦参加者を地域で分割した団体戦も行われた。

課題曲には相互移植楽曲と新曲があり、新曲は四大元素がモチーフとなっている。

対象機種
店舗予選課題曲(相互移植曲)
曲名 アーティスト 初出
FLOWER DJ YOSHITAKA jubeat knit APPEND
Garakuta Doll Play t+pazolite maimai GreeN
Got more raves? E.G.G. グルーヴコースター(アーケード)
きたさいたま2000 LindaAI-CUE 太鼓の達人 ぽ〜たぶる2
ブロック決勝課題曲(新曲)
曲名 アーティスト 代表機種 四大元素
Scars of FAUNA 猫叉Master jubeat
VERTeX Hiro maimai
FUJIN Rumble COSIOZUNTATA グルーヴコースター
Ignis Danse Yuji Masubuchi 太鼓の達人

第2回(2015年)[編集]

課題曲はすべて新曲となった。新たに「チャレンジ枠」として『シンクロニカ』でも開催されるため、バンダイナムコは2機種で参加することになった。またコナミは前回と違う作品で参加しているほか、『maimai』と『太鼓の達人』は店舗予選とブロック決勝の間に新バージョンに移行している。

この回より、予選参加者に抽選でスペシャルCDのプレゼントを開始。

全国頂上決戦では、『SOUND VOLTEX III』決勝戦で「月光乱舞」GRAVITY譜面がサプライズ公開され、決勝進出者が初見で競うこととなった[4]

対象機種
  • SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS(コナミ)
  • maimai ORANGE PLUS → maimai PiNK(セガ)
  • グルーヴコースター2 ヘヴンリーフェスティバル(タイトー)
  • 太鼓の達人 ムラサキVer. → ホワイトVer.(バンダイナムコ)
  • シンクロニカ(バンダイナムコ) ※チャレンジ枠
店舗予選課題曲(新曲)
曲名 アーティスト 機種
マサカリブレイド REDALiCE SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
Aiolos xi maimai ORANGE PLUS
Solar Storm xi グルーヴコースター2 ヘヴンリーフェスティバル
朱の旋律 AILE(アイル) 太鼓の達人 ムラサキVer.
夜明けまであと3秒 Taku Inoue(BNSI) シンクロニカ
ブロック決勝課題曲(新曲)
曲名 アーティスト 機種
月光乱舞 P*Light SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
Axeria AcuticNotes maimai PiNK / maimai ORANGE PLUS
Black MInD COSIO(ZUNTATA) グルーヴコースター2 ヘヴンリーフェスティバル
夜明けまであと3秒 Taku Inoue(BNSI) 太鼓の達人 ホワイトVer. / ムラサキVer.
朱の旋律 AILE(アイル) シンクロニカ

第3回(2016年)[編集]

機種は前回と同じだが、前回チャレンジ枠の『シンクロニカ』は本大会に採用されず、またチャレンジ枠もなくなった。『SOUND VOLTEX』と『maimai』は、ブロック決勝と全国頂上決戦の間に新バージョンに移行している。

課題曲は店舗予選が新曲、ブロック決勝が相互移植曲と、第1回の逆となっている(ただし、相互移植曲は全機種に全曲の移植ではなく、特定機種への特定楽曲の移植のみ)。相互移植曲は、10月3日に行われたライブ配信番組「げーおん!」にて、各メーカースタッフによる公開抽選で決定した[5]

全国頂上決戦では、『太鼓の達人』決勝戦で新曲「8OROCHI」がサプライズ公開され、決勝進出者が初見で競うこととなった[6][7]

対象機種
  • SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS → SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN(コナミ)
  • maimai PINK PLUS → maimai MURASAKi(セガ)
  • グルーヴコースター3 リンクフィーバー(タイトー)
  • 太鼓の達人 レッドVer.(バンダイナムコ)
店舗予選課題曲(新曲)
曲名 アーティスト 機種
極圏 cosMo VS dj TAKA SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
Nitrous Fury Jun Senoue maimai PINK PLUS
Scarlet Lance MASAKI(ZUNTATA) グルーヴコースター3 リンクフィーバー
毒LOCANdy♡ t+pazolite 太鼓の達人 レッドVer.
ブロック決勝課題曲(相互移植曲)
曲名 アーティスト 機種 移植元機種
Solar Storm xi SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS グルーヴコースターシリーズ
夜明けまであと3秒 Taku Inoue(BNSI) maimai ORANGE PLUS 太鼓の達人シリーズ
Axeria AcuticNotes グルーヴコースター3 リンクフィーバー maimaiシリーズ
マサカリブレイド REDALiCE 太鼓の達人 レッドVer. SOUND VOLTEXシリーズ

第4回(2017年)[編集]

今回は対象機種を6機種に拡大。大会形式が「JAEPO大会枠」と「ブロック大会枠」とに分かれ、どちらもブロック決勝大会までは開催されるが、全国頂上決戦が行われるのはJAEPO大会枠の4機種のみとなる。JAEPO大会枠には、新たに『チュウニズム』(セガ・インタラクティブ)が参戦。前回までの全国頂上決戦の対象機種だった『maimai』と、第2回(2015年)のチャレンジ枠であった『シンクロニカ』の2機種が、ブロック大会枠の対象となった。

課題曲はJAEPO大会枠の4機種のみに配信される。店舗予選では、第1回以来となる対象全機種への相互移植となる。このうち、「極圏」と「Scarlet Lance」は前回の店舗予選課題曲であった。

対象機種
  • JAEPO大会枠
    • SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN(コナミ)
    • CHUNITHM STAR(セガ)
    • グルーヴコースター3EX ドリームパーティー(タイトー)
    • 太鼓の達人 イエローVer.(バンダイナムコ)
  • ブロック大会枠
    • maimai MURASAKi PLUS(セガ)
    • シンクロニカ(バンダイナムコ)
店舗予選課題曲(相互移植曲)
曲名 アーティスト 初出
極圏 cosMo VS dj TAKA SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
怒槌 光吉猛修 CHUNITHM
Scarlet Lance MASAKI(ZUNTATA) グルーヴコースター3 リンクフィーバー
セイクリッド ルイン Drop&祇羽 feat. 葉月ゆら 太鼓の達人 レッドVer.

脚注[編集]

  1. ^ AOUニュース 2017年6月号ゲームマシン 2017年7月1日号
  2. ^ コナミは自社製品のみで行う全国大会「KONAMI Arcade Championship」を、独自に開催している。なお、同大会は2014年度以降、決勝ラウンドをJAEPOコナミブースのイベントとして開催。
  3. ^ 大会概要”. 株式会社ブライト. 2017年1月27日閲覧。
  4. ^ AOU_Tenkatuiの2016年2月19日のツイート2017年2月14日閲覧。
  5. ^ AOU_Tenkatuiの2016年10月4日のツイート2017年1月27日閲覧。
  6. ^ AOU_Tenkatuiの2017年2月11日のツイート2017年2月14日閲覧。
  7. ^ taiko_teamの2017年2月11日のツイート2017年2月14日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]