儀徴市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 江蘇省 儀徴市
儀徴駅構内
儀徴駅構内
ChinaYangzhouYizheng.png
簡体字 仪征
繁体字 儀徵
拼音 Yízhēng
カタカナ転写 イーヂェン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
江蘇
地級市 揚州市
行政級別 県級市
市長 孙建年
市委书记 王炳松
面積
総面積 857 km²
人口
総人口(2018) 57.06 万人
経済
GDP(2018) CNY¥673.94億元
一人あたりGDP CNY¥118401元
電話番号 0514
郵便番号 211400
行政区画代碼 312081
公式ウェブサイト http://www.yizheng.gov.cn/

儀徴市(ぎちょう-し)は中国江蘇省揚州市に位置する県級市。誤って「儀征」と書かれることもあるが、簡体字では「徴」が「征」となるためである。

行政区画[編集]

  • 鎮:真州鎮、新集鎮、新城鎮、馬集鎮、劉集鎮、陳集鎮、大儀鎮、月塘鎮、青山鎮

産業[編集]

ポリエステル繊維は中国を代表する繊維産業のひとつとなっている。

中国国内有数の緑茶の産地でもある。

小麦を栽培する農家が数多くある。

交通[編集]

鉄道駅もあるが、列車の停車する本数が少なく便利ではない。 住民の交通手段は基本的にバスを利用する。 儀徴の各地から揚州市街地に出掛けるときには、一旦市郊外まで行き、バスを乗り換えて中心部まで行くことが多い。

名称[編集]

避諱で3度改称したことで知られる。 南唐のとき「永貞県」と呼ばれたが、以降、1986年に現在の市名になるまで以下のとおり変更された。

  • 1023年北宋仁宗趙禎の諱を避けて「揚子県」と改称。皇帝の銅像が鋳造され「儀容逼真」から「儀真県」と称する。
  • 1723年清朝雍正帝胤禛の諱を避けて「儀徴県」と改称。
  • 1909年清朝宣統帝溥儀の諱を避けて「揚子県」と改称。
  • 1912年辛亥革命で清朝滅亡、儀徴県に戻す。
  • 1986年中華人民共和国国務院県級市「儀徴市」とする。