太倉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 江蘇省 太倉市
浮橋鎮の菜の花畑
浮橋鎮菜の花
簡体字 太仓
繁体字 太倉
拼音 Tàicāng
カタカナ転写 タイツァン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
江蘇
地級市 蘇州市
行政級別 県級市
面積
総面積 620 km²
人口
総人口(2009) 46.72 万人
経済
電話番号 0512
郵便番号 215400
行政区画代碼 320585
公式ウェブサイト http://www.taicang.gov.cn/

太倉市(たいそう-し)は中華人民共和国江蘇省蘇州市に位置する県級市

地理[編集]

中国の東海岸、長江沿岸に位置する。東は、長江を挟んで崇明島を臨み、南は上海宝山区嘉定区、西には昆山市、北は常熟市に接している。上海市中心部より北西に50km、蘇州市中心部より50kmの距離にある、いわば上海市中心部から最も近い都市である。

歴史[編集]

「太倉」という名前は紀元前の太子皇帝の倉に由来するとされている。

中国の有名な航海家鄭和が航海の際に出発した場所である。三国時代には重要な港であった。のときに最も栄え、「世界一の港」であった。

民国元年(1912年)太倉州と鎮洋県が合併し、太倉県となる。中華人民共和国となり、初めは蘇南人民行政公署のちに江蘇省蘇州地区専員公署、1983年3月より蘇州市に属す。1993年3月、県より市に県級市に昇格した。

行政区画[編集]

  • 城廂鎮、沙渓鎮、瀏河鎮、浮橋鎮、璜涇鎮、双鳳鎮。
  • 太倉経済開発区、太倉港港口開発区。

経済[編集]

  • 蘇州太倉港は、1万t級の船が進入できる港湾整備が進んで、国内外14ヶ所の航路がある。内陸河川港としては、世界最大級の規模となる。産業は、精密機械機器、製紙、石油化学興業など。日本、アメリカ、イギリス、韓国、ドイツなどから企業が進出しているが、なかでもドイツ系企業の進出が目覚しい。

交通[編集]

  • 204国道、312国道、滬太一級道路、滬寧高速道路、沿江高速道路、寧太高速道路などが通る。上海虹橋空港より車で約30分。上海浦東国際空港より車で約1時間。
  • 蘇州太倉港 航路 - 山口県下関市の上海下関フェリーが、下関港国際ターミナル - 江蘇省蘇州太倉港のフェリーを運行している。所要35時間30分 - 40時間。週2往復。
  • 中国国鉄、滬寧線がある。沿江線が建設中。
  • 上海市の地下鉄を太倉まで延伸する計画がある。

観光[編集]

南広寺、海天禅寺、鄭和紀念館、梅花草堂など

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

  • 王世貞(1526年-1590年):明代の学者
  • 呉偉業(1609年-1671年):明からにかけての詩人
  • 畢沅(1730年-1797年):清代の歴史家

関連項目[編集]