個人協賛競走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

個人協賛レース(こじんきょうさんれーす)とは、一部地方競馬場で行われている特別競走の一種である。

売り上げ難が指摘され、廃止や規模縮小が進められる地方競馬の活性化を進める一環として、まず2001年上山競馬場で開始、その後高崎競馬場名古屋競馬場でも採用されるようになった。(上山、高崎は現在廃止)

個人協賛レースを行うに当たっては、主催者にその旨を連絡・申し込みをした上で当該レースの優勝馬の騎手・関係者に対する賞品・協賛金を提供することとなる。当該レースには、主催者が規定する範囲において好きなレースタイトルをつけることができるが、特に個人が協賛する場合、「○○さんの結婚記念日記念」「××さんの誕生日記念」といった各人の記念日をタイトルにすることが多い。

代表的な物としては、日本最大級の規模を誇る掲示板サイト2ちゃんねるを記念した「2ちゃんねる記念」(上山競馬場 2002年11月3日)、モーニング娘。の元サブリーダー、保田圭の卒業を祝った「ケメコメモリアル 保田記念」(上山競馬場 2003年5月5日)、Key制作のアダルトゲームKanon」に登場するキャラクターのファンクラブの協賛による「まじかる☆さゆりん杯」(高崎競馬場 2000年から2004年にかけて計6回開催)などがある。

2019年現在、前述の名古屋競馬場の他、ばんえい川崎競馬場高知競馬場笠松競馬場金沢競馬場園田競馬場佐賀競馬場等で行われている。

外部リンク[編集]