修羅王丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
修羅王丸
SHURAOMARU
対象
分類 忍者ローカルヒーロー
性別
公式サイト 或る流浪の悪忍の物語り-修羅王丸公式ホームページ
テンプレートを表示

修羅王丸(しゅらおうまる)は、日本福岡県忍者、及び忍者をモチーフとした悪役ローカルヒーロー。忍者組織「筑前忍八剣衆(ちくぜんしのびはっけんしゅう)」の元締。

概要[編集]

福岡県を中心に活動。自らを悪忍(悪の忍者)と称し、ヒーローショーでも悪役である。

2010年佐賀県にある歴史テーマパーク肥前夢街道にて初めてその姿が確認される。当時は宗十郎頭巾をトレードマークとする普通の忍者であり、同テーマパークを本部とする、九州忍者保存協会の筑前支部、並びに筑前支部長として加盟。同協会の加盟団体第1号となる。

2012年7月22日、『FNS27時間テレビ』の生中継にて、肥前夢街道の忍者である剣源蔵ギネスに挑戦し、その応援として駆け付けた忍者のひとりとしてテレビに映った。

2013年からそれまでのイメージを一新した独特のマスクを着用するようになる。一般的な忍者のイメージを打ち破るスタイルに変化したその姿は、仮面ライダーに代表される特撮ヒーローに近く、これを機に忍者をモチーフとしたローカルヒーローとしての側面も併せ持つようになる。

2013年5月17日、『森田一義アワー 笑っていいとも!』のワンコーナーのオーディションを受け落選するも、自身が映った写真パネルがテレビに映し出され、全国デビューを果たす。

2014年には北九州市小倉城の非公認忍者として、不定期で活動するようになる。

以降、ゆるキャラローカルヒーローのイベントなど、忍者でのイベントとは違う領域へも積極的に活動の幅を広げ、地元福岡のローカル番組などにも出演。不定期ながら自身でインターネットラジオも発信している[1]

更には九州を飛び出し、全国のイベントにも登場するなど、着実に知名度を伸ばしている。

2017年に自らが主役となる公演を開催し、衣装も全面リニューアルした。忍者というよりは幕末から明治期に掛けての和洋折衷の軍装に近く、よりスタイリッシュなものとなっている。

特徴[編集]

  • 福岡県のみならず九州でも初の忍者をベースとして全面に押し出したローカルヒーローである。他にも忍者の要素を取り入れたヒーローはいたが、あくまでキャラクターを構築する要素の一つであったり、主役ではないといったものであり、単体のローカルヒーローとしては九州初である。
  • 忍者でありながら陰陽道で有名な式神眷属として使役していたり、修羅王丸自身は人間ではないなど、ファンタジー色の濃いキャラクター設定を持ち味としている。一人称は余。株式会社悪の秘密結社の社外相談役でもある。
  • 上述の小倉城出没の事もあり、北九州市出身と思われがちだが、実は生まれも育ちも生粋の福岡市民であり、現在も福岡市在住である。このことは修羅王丸本人も度々ネタにしている。
  • 忍者だが忍装束()意外の服装(スーツ浴衣等)になることも多い。
  • インターネットを活用して自身の情報や活動を発信しており、公式ホームページをはじめ、TwitterツイキャスブログFacebookページと、活用するツールは幅広い。

出演番組[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]