佐波正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐波 正一(さば しょういち、1919年大正8年)2月28日 - 2012年平成24年)9月10日)は日本の実業家、元東芝社長・会長。東京都出身。

略歴[編集]

受章・受賞[編集]

親族[編集]

曽祖父は佐倉藩士で蘭学者の佐波銀次郎(1825-1891)。手塚律蔵に学び、藩命で樺太探検、幕府蕃書調所教授手伝、神奈川奉行で外交文書の翻訳などに当たった[3]。 祖父の佐波一郎は、銀次郎の甥で養嫡子[4]。一郎は横須賀造船所黌舎で学んだのち、フランス留学を経て海軍技師として軍艦設計に携わり、海軍兵学校の教官も務めた[5]。一郎の実姉の淑は依田学海に嫁ぎ、その次女は、一郎の学友で『八十日間世界一周』の訳者として知られる横浜正金銀行員の川島忠之助と結婚した(のち離婚)[6]。曽伯父(一郎の実兄)の藤井善言は大蔵省官吏から文部省農商務省で書記官を務めた[7][6]。父の佐波亘は一郎の長男でキリスト教牧師、母の澄江は植村正久の長女。姉妹に婦人之友社の編集者の佐波薫、翻訳家の中村妙子がおり、三人で共著『三本の苗木: キリスト者の家に生まれて』を上梓している。妻は斎藤勇 (イギリス文学者)の長女[8]。義弟(妹の夫)に中村英勝。叔父(父の弟)の佐波次郎は山本五十六の部下の海軍少将で、海軍航空本部で九〇式水上初歩練習機九〇式三号水上偵察機などの開発に関わった。叔母(母の妹)に植村環。遠縁に平井正穂(妻の妹の夫)。

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

脚注[編集]

  1. ^ 佐波正一・本学名誉人文学博士(本法人元理事長)逝去 国際基督教大学 2014年9月26日閲覧
  2. ^ 佐波正一さん死去 元東芝社長 有名人の葬儀 2012年9月24日
  3. ^ 佐波銀次郎(読み)さば ぎんじろうコトバンク
  4. ^ 『三本の苗木: キリスト者の家に生まれて』佐波正一, 佐波薫, 中村妙子, みすず書房, 2001p7-9
  5. ^ 『海軍兵学校沿革』巻2, 第 1 巻、p131
  6. ^ a b 実業と文学のはざまで : 横浜正金銀行リヨン出張所員・川島忠之助訳述『仏国演戯薄命才子』の位相塩崎文雄 (和光大学, 2014-03-20) 掲載雑誌名:東西南北 : 和光大学総合文化研究所年報. 2014
  7. ^ 満開佐倉文庫
  8. ^ 齋藤 勇歴史が眠る多磨霊園


先代:
岩田弐夫
東芝社長
第9代:1980年 - 1986年
次代:
渡里杉一郎
先代:
吉山博吉
日本機械工業連合会会長
第4代:1996年 - 2000年
次代:
相川賢太郎