中村英勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 英勝(なかむら ひでかつ、1917年8月21日 - 2011年)は、西洋史学者、お茶の水女子大学名誉教授。 東京生まれ。母方の祖父は大槻文彦、姉は中野好夫の二番目の妻・静。1941年東京帝国大学史学科卒。戦後お茶の水女子大助教授、教授、1981年定年退官、名誉教授。日本大学教授、川村学園女子大学教授。英国議会史専門。妻は翻訳家の中村妙子

著書[編集]

  • 『世界史の完成8週間 大学入試』(完成8週間叢書)山海堂 1952
  • 『イギリス議会史』有斐閣 1959
  • 『イギリス議会政治の発達 19世紀の選挙と政党組織』至文堂 (世界史新書) 1961
  • 『イギリス人 七つの海の王者』(この民族が歩いた道 5) さ・え・ら書房 1972
  • 『イギリス議会政治史論集』東京書籍 1976

翻訳[編集]

  • 現代の世界 歴史の流れ D.トムソン 中野好夫共訳 紀伊国屋書店 1957
  • 現代の世界史 ダヴィッド・トムソン 第2版 中村妙子訳 紀伊国屋書店 1969
  • 現代史序説 G.バラクラフ 中村妙子共訳 岩波書店 1971
  • 世界歴史地図 R.I.ムーア編 東京書籍 1982.4
  • イギリス歴史地図 マルカム・フォーカス,ジョン・ギリンガム編 東京書籍 1983.11
  • イギリス帝国歴史地図 クリストファー・ベイリ 共訳 東京書籍 1994.3
  • ロンドン歴史地図 ヒュー・クラウト(監訳)東京書籍 1997.3

参考[編集]

  • 文藝年鑑 
  • 「中村英勝先生追悼」石井摩耶子 お茶の水史学 2011