伊谷純一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いたに じゅんいちろう
伊谷 純一郎
生誕 1926年5月9日
鳥取県鳥取市西町
死没 (2001-08-19) 2001年8月19日(75歳没)
京都府京都市
肺炎
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生態学人類学霊長類学
研究機関 京都大学
神戸学院大学
日本モンキーセンター
出身校 京都大学理学部動物学科
指導教員 今西錦司
主な受賞歴 トーマス・ハックスリー記念賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

伊谷 純一郎 (いたに じゅんいちろう、1926年5月9日[1] - 2001年8月19日[2])は、日本生態学者、人類学者、霊長類学者。京都大学名誉教授理学博士(京都大学、1962年)。今西錦司の跡を継ぎ、日本の霊長類研究を世界最高水準のものとした。

人物[編集]

鳥取県鳥取市西町生まれ[1]京都大学理学部動物学科に入学し、今西錦司に師事する[2]。当初は大分県高崎山のニホンザルの生態研究を行い、著作『高崎山のサル』(1954年)で毎日出版文化賞を受賞した。その後、1950年代末からアフリカにおいてチンパンジーやゴリラの生態を追い続け、これら霊長類の世界に大きな社会構造が存在することを世界に先駆けて解明した。その過程にて、世界で初めて野生のサルの餌づけに成功したことでも知られる。 この業績は高く評価され、1984年に「人類学のノーベル賞」と称されるトーマス・ハックスリー記念賞を日本人として初めて受賞した。

後年、調査対象を霊長類からヒトにまで拡大し、焼畑農耕民族や狩猟民、遊牧民などの生態を研究した。京都大学にアフリカ地域研究センターを設立し、人類学や生態学といった領域にとらわれない学問研究の流れ(生態人類学)を作った功績も大きい。

霊長類学者の伊谷原一(京都大学教授)、農学者伊谷樹一(京都大学教授)は息子。

経歴[編集]

受賞歴[編集]

主な研究[編集]

主な著書[編集]

  • 高崎山のサル』
    • 「日本動物記2」光文社 1954年、NCID BN04599970
    • 思索社 1971年、新版1976年
    • 講談社文庫 、1973年
    • 講談社学術文庫、2010年、ISBN 978-4062919777
  • 『ゴリラとピグミーの森』 岩波新書、1961年(復刊1989年ほか)。全国書誌番号:61009379NCID BN01860495
  • 『アフリカ動物記』 河出書房新社、1964年。全国書誌番号:64009145NCID BN05231028
  • 『チンパンジーの原野 野生の論理を求めて』 平凡社、1977年。全国書誌番号:77019855NCID BN0224980X
  • 『大旱魃 - トゥルカナ日記』 新潮社〈新潮選書〉、1982年。全国書誌番号:83010685NCID BN02247203
  • 『アフリカ紀行 - ミオンボ林の彼方』 講談社学術文庫、1984年。ISBN 4061586564
  • 『霊長類社会の進化』 平凡社〈自然叢書〉、1987年。全国書誌番号:87047080NCID BN01510711
  • 『自然の慈悲』 平凡社、1990年。ISBN 4582527108。エッセイ集
  • 『自然がほほ笑むとき』 平凡社、1993年。ISBN 4582527140。エッセイ集
  • 『サル・ヒト・アフリカ 私の履歴書日本経済新聞出版社、1991年。ISBN 4532160294。自伝
  • 『森林彷徨 〈熱帯林の世界1〉』 東京大学出版会、1996年。ISBN 4130642219
  • 『原野と森の思考 フィールド人類学への誘い』 岩波書店、2006年 ISBN 4000227599。エッセイ集成
  • 『伊谷純一郎著作集』 平凡社、2007年~2009年
  • 『人類発祥の地を求めて 最後のアフリカ行』岩波書店〈岩波現代全書〉、2014年、ISBN 978-4000291385。伊谷原一編

論文[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊). “伊谷 純一郎”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c d 伊谷純一郎 日本の霊長類研究の先駆者、死去 | 時事用語事典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス. 2021年9月14日閲覧
  3. ^ 「97年秋の叙勲受章者勲三等以上の一覧」『読売新聞』1997年11月3日朝刊

外部リンク[編集]