松沢哲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松沢哲郎
L'unicitàDell'immaginazione (10) (24341037218).jpg
松沢哲郎
生誕 (1950-10-15) 1950年10月15日(71歳)
日本の旗 日本 愛媛県
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学[1]
論文 Hierarchy of visual perception in a chimpanzee (Pan troglodytes)(チンパンジーの視知覚の階層) (1989年)
主な業績 霊長類学
主な受賞歴 ジェーン・グドール賞(2001年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

松沢 哲郎(まつざわ てつろう、1950年10月15日 - )は、日本の動物心理学者・霊長類学者。理学博士京都大学)。愛媛県生まれ[2]

元・京都大学高等研究院特別教授霊長類研究所兼任教授。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1976年12月 京都大学霊長類研究所助手[2](心理研究部門(1993年4月 行動神経研究部門認知学習分野に改組))
  • 1987年9月 京都大学霊長類研究所助教授[2](心理研究部門(1993年4月 行動神経研究部門認知学習分野に改組))
  • 1992年 京都大学霊長類研究所教授[2](行動神経研究部門思考言語分野)
  • 2006年4月 京都大学霊長類研究所所長[2]
  • 2014年4月 日本モンキーセンター所長(教授と兼任)
  • 2016年4月 京都大学高等研究院特別教授
  • 2020年11月24日 研究所が解散される原因となる[4]研究資金約5億円の不正支出で研究院を懲戒解雇[5] 
  • 2021年4月28日 京都大学に対して地位確認と未払い給与の支払いを求める訴訟を提起[6]

研究活動[編集]

同研究所で飼育されているアイたちチンパンジーに言葉を教えるプロジェクト(アイ・プロジェクト)などで知られ、現在はアイの子どもアユムとともに、チンパンジーでの世代間の文化伝達などを研究している。ギニアのボッソウ村付近に生息する野生チンパンジーの生態調査も並行して行っている。

受賞歴・叙勲歴[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Curriculum Vitae Tetsuro Matsuzawa”. Primate Research Institute, Kyoto University. 2014年6月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『初登頂の精神で心の進化を見つめる』松沢 哲郎” (日本語). サイエンティスト・ライブラリー | JT生命誌研究館. 2021年10月15日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 京大霊長類研究所、事実上の解体 世界的拠点、研究費不正受け共同通信2021年10月26日
  5. ^ 京大特別教授ら2人を懲戒解雇 チンパンジー研究の権威・松沢氏ら研究費不正”. 京都新聞. 2020年11月25日閲覧。
  6. ^ 京大霊長類研を解雇された松沢哲郎元所長が提訴 地位確認求め” (日本語). 毎日新聞. 2021年10月15日閲覧。
  7. ^ 中日文化賞:第51回-第60回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。
  8. ^ 松沢哲郎 霊長類研究所教授が平成26年日本心理学会国際賞特別賞を、足立幾磨 同助教が同奨励賞を受賞しました。(2014年9月10日)” (日本語). 京都大学. 2021年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]