仁部智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仁部 智
仁部智20040218.jpg
広島時代(2004年2月18日、日南市天福球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県由利本荘市
生年月日 (1980-01-10) 1980年1月10日(38歳)
身長
体重
166 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト5巡目
初出場 2004年7月4日
最終出場 2005年8月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

仁部 智(にべ さとし、1980年1月10日 - )は、秋田県由利本荘市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴[編集]

小学校より野球を始めるが中学時代までは控え投手兼外野手であった。当時同市郡内に全県優勝したチームがあり小学校時代には全県大会出場が阻まれたり、チームとしても個人としても殆ど無名の存在であった。秋田県立本荘高等学校で1年次には外野手でベンチ入りし、2年時よりエース投手として定着。後にプロ入りした石川雅規藤田太陽、高卒時にメッツより指名を受けた後松重栄(大曲工業高等学校)とともに県内では注目される存在になった。全国的には東北学院大学で2年から頭角を表す。4年春の対宮城教育大学戦では16奪三振を記録。

卒業後、TDKに入社し、2003年第74回都市対抗野球大会第30回社会人野球日本選手権大会出場に貢献する。2003年のドラフト5巡目で広島東洋カープに入団。

中継ぎ左腕として期待されたが、目立った活躍はできないまま2007年限りで戦力外通告を受けた。

2008年からは秋田に帰郷し、クラブチームのユーランドクラブに所属。

現在は、旧ユーランドクラブのメンバーが中心となって2009年3月に結成されたクラブチームのゴールデンリバースに所属しプレーしている[要出典]。秋田精工株式会社に勤務。

人物[編集]

身長166cmは2007年時点での12球団の中で最小の投手だった。野手を含めると中日ドラゴンズ鎌田圭司の162cmが最小だったが、両選手とも2007年オフにそれぞれの所属していた球団から戦力外通告を受けた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 広島 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 2.0 1 1 3 0 0 3 0 0 2 2 9.00 2.00
2005 7 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 20 3.1 6 0 4 0 0 2 0 0 4 4 10.80 3.00
通算:2年 8 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 30 5.1 7 1 7 0 0 5 0 0 6 6 10.13 2.63

記録[編集]

背番号[編集]

  • 34 (2004年 - 2006年)
  • 63 (2007年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]