京都御馬揃え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京都御馬揃え(きょうとおうまぞろえ[1])は天正9年2月28日1581年4月1日)、織田信長京都で行った大規模な観兵式・軍事パレードである。

概要[編集]

この馬揃えは京都内裏東にて行われた。丹羽長秀柴田勝家を始め、織田軍団の各軍を総動員する大規模なものだった。正親町天皇が招待され、近衛前久ら馬術に通じた公家にはパレードへの参加が許された。

このパレードの目的は、天下布武を標榜する織田信長が、周辺大名を牽制し、力を誇示するためと考えられている。これにより、信長は京都の平和回復と織田家の天下掌握を内外に知らしめた。また、天皇や公家を招待した理由については、朝廷を威圧するためという説と、天皇側から査閲を希望したという説とがある。

また、馬揃えの会場となった内裏の東側は陣中と呼ばれるエリア内で、古代の大内裏の内側に準じて牛車宣旨の無い者はいかなる者も馬を含む乗り物を乗り入れさせることが禁じられていたが、この馬揃えでは陣中で開催されることについて問題視された形跡はなく、これを天皇や公家が馬揃えの実施に好意的であったと見る考えもある[2]

また、今谷明の説では、1576年頃から、信長は正親町天皇に再三にわたって譲位をうながしていた。業を煮やした信長は天正9年の2月から3月にかけて二度、馬揃えを行うが、天皇は譲位しなかった[3]

参加者[編集]

※『信長公記』による。

脚注[編集]

  1. ^ 今谷明「武家と天皇」岩波新書、29頁
  2. ^ 登谷伸宏『近世の公家社会と京都 集住のかたちと都市社会』(思文閣出版、2015年) ISBN 978-4-7842-1795-3 P65
  3. ^ 同書
  4. ^ 守山城主で、織田信次の子か。

関連項目[編集]