柴田勝政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
柴田 勝政
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 弘治3年(1557年
死没 天正11年4月21日[1]1583年6月11日?)
改名 勝安→勝政
別名 幼名:伊介
通称:伊賀
戒名 蘭香宋栄大居士
墓所 福井県勝山市 義宣寺
主君 柴田勝家
氏族 桓武平氏三浦氏流[2]佐久間氏
清和源氏斯波氏流柴田氏
父母 父:佐久間盛次
母:柴田勝家の姉
養父:柴田勝宣柴田勝家
兄弟 佐久間盛政佐久間安政勝政
佐久間勝之
義兄弟:勝豊勝敏
正室日根野弘就の娘
勝重勝次[3]

柴田 勝政(しばた かつまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将佐久間盛次の三男[4](または次男)。母は柴田勝家の姉[5](または妹[6])。越前国勝山城主であり当時は勝安と名乗っていた。

生涯[編集]

尾張国出身。兄と共に織田信長に仕え、母方の叔父である柴田勝家の北陸方面軍に属した。武勇に優れ、加賀一向一揆平定で戦功を挙げた為、勝家に気に入られて一族の越前村岡山城柴田監物義宣の養子となり、柴田姓を名乗ることを許され、義宣の死後はその家督を相続し、勝家の養子となった。同じく勝家の養子であった柴田勝豊とは仲が悪く、常に対立していた。勝家も勝政を次第に重用して勝豊を軽視するようになり、それが天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでの勝豊の裏切りに繋がったと言われている。

その最期には諸説あり、一説には賤ヶ岳の戦いで撤退中、羽柴軍の追撃を受け、羽柴秀吉の小姓・脇坂安治に討たれ敗死したとされており、『寛政重修諸家譜』や『藩翰譜』にも「討死す」とあるが、遺骸が収容された記録が無い事から、生存説が取り沙汰され、賤ヶ岳の戦いの後に秀吉から罪を許されて金森長近の家臣となったとも、四国に落ち延びたとも伝わる。その関連か、徳島県に柴田と名乗るのをはばかり付けた「勝田」姓の家があり、その先祖は柴田勝政だと伝わっている。

菩提寺は福井県勝山市義宣寺。戒名は蘭香宋栄大居士。地元勝山では夫役免除や用水路建設などの善政を敷き、それを感謝をした領民が供養していた法要を営んだといわれ、その位牌も現存する。また、義宣寺の御本尊の上にある江戸期に奉納された天蓋に、佐久間家の家紋が付いており、後に兄・佐久間安政や弟・佐久間勝之が供養した痕跡も見られる。

脚注[編集]

  1. ^ 系図纂要
  2. ^ 太田 1934, p. 2553.
  3. ^ 『寛政重修諸家譜』
  4. ^ 『寛政重修諸家譜』
  5. ^ 『寛永諸家系図伝』では父・盛次は勝家の姉婿となっている。
  6. ^ 『系図纂要』

関連作品[編集]