井上友一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1955年

井上 友一郎(いのうえ ともいちろう、1909年3月15日 - 1997年7月1日)は、日本の作家。

大阪市生まれ。本名・友一。早稲田大学仏文科卒。「都新聞」記者となり、1939年『文学者』に『残夢』を発表して作家生活に入る。風俗小説作家として活躍し、戦後は雑誌『風雪』に参加したが、『絶壁』が宇野千代北原武夫夫妻をモデルとしていると言われ、抗議を受けた。1970年代には、忘れられた作家となっていた。短編『日本ロォレライ』などがある。

著書[編集]

  • 『眠られぬ人々』赤塚書房 1939
  • 『従軍日記』竹村書房 1939
  • 『波の上』砂子屋書房 1939
  • 『胸の中の歌』通文閣 1940
  • 『残夢』青木書店 1940
  • 『青丹よし』桃蹊書房 1941
  • 『故郷なき人』昭和書房 1941
  • 『南京の胡弓』東宝書店 1942
  • 千利休』大観堂 1942
  • 『満洲旅日記 文学紀行』豊田三郎新田潤共著 明石書房 1942
  • 『雁の宿』今日の問題社(新鋭文学選集)1943
  • 清河八郎』大觀堂出版 1944
  • 『竹夫人』文明社 1946
  • 『ハイネの月』風雪社 1947
  • 『菜の花』世界社(文芸叢書)1947
  • 『寂しからずや』三島書房 1947
  • 『夢去りぬ』講談社 1947
  • 『今宵逢ふ人』和敬書店 1948
  • 『美貌と白痴』全国書房 1948
  • 『かの海に真珠ありや』四季書房 1948
  • 『虚栄と含羞』大日本雄弁会講談社 1948
  • 『寝室の思想』生活文化社 1948
  • 『歯車』生活社 1948
  • 『絶壁』改造社 1949 のち新潮文庫
  • 『望郷歌』石狩書房 1949
  • 『断腸花』改造社 1949
  • 『蝶になるまで』全国書房 1949
  • 『悪 小説集』実業之日本社 1949
  • 唐人お吉』改造社 1950
  • 『理想の戀人』京橋書院 1950
  • 『幸福な寝室』六興出版社 1951
  • 『映画女優』湊書房 1951
  • 『銀座川』文芸春秋新社 1951
  • 『小説家』河出書房 1951
  • 『恋人よ我に還れ』湊書房 1951
  • 『真実は誰も知らない』小説朝日社 1952
  • 『我を愛せよ』小説朝日社 1952
  • 桃中軒雲右衛門』大日本雄弁会講談社 1953
  • 近藤勇』新潮社 1953
  • 『旅愁の都』小説朝日社 1953
  • 『午前零時』新潮社 1953
  • 『寝巻』北辰堂 1953
  • 『愛の飛魚』山田書店 1954
  • 『妻の図』東方社 1954
  • 『片道切符』大日本雄弁会講談社 1954
  • 『下界の人 白波庵物語』文芸春秋社 1954
  • 『銀座の空の下』鱒書房(コバルト新書)1955
  • 『銀座二十四帖』新潮社 1955
  • 『幕末刺客伝』鱒書房(歴史新書)1955
  • 『しぐれ日記』新潮社(小説文庫)1955
  • 『火の山』新潮社 1955
  • 『女給夕子の一生』角川小説新書 1956
  • 『私の太陽』北辰堂 1956
  • 『受胎』角川文庫 1956
  • 『横断歩道』新潮社 1956
  • 『一四七〇哩』住吉書店 1956
  • 『をんな』雲井書店 1956
  • 武田観柳斎』河出新書 1956
  • 『枯葉の美しさ』宝文館 1957
  • 『季節列車』東方社 1957
  • 『瀕死の青春』角川書店 1957
  • 『津の国屋小染』新潮社 1957
  • 『湘南夫人』新潮社 1957
  • 『豹夫人』東方社 1957
  • 『純な女』現代社 1957
  • 『心と肉体の旅』光風社 1957
  • 『強い星・弱い星』光風社 1958
  • 『未婚』小壷天書房 1958
  • 『上と下』新潮社 1958
  • 『完全な恋人』小壷天書房 1958
  • 『いのち短かし』講談社 1958
  • 『たそがれ令嬢』和同出版社 1959
  • 『東京の孤独』毎日新聞社 1959
  • 『女性失格』講談社 1959
  • 『銀座更紗』光風社 1959-1961
  • 『夢去りぬ』和同出版社 1959
  • 『若き日の断崖』新潮社 1960
  • 『青春の報酬』新潮社 1961
  • 『三人天一坊』東方社 1961
  • 『野心』光風社 1962
  • 『百万人の孤独』東方社 1962
  • 『絹女年代記』講談社 1962
  • 『銀座学校』双葉小説新書 1964
  • 『我流ゴルフ修業』文芸春秋新社 1965
  • 『夜の武士道』一水社(かもめ新書)1965
  • 『黒船抄』人物往来社(歴史小説選書)1967
  • 『あかんたれ一代 春団治無法録』新国民出版社 1976
  • 『泥絵の自画像』エポナ出版 1977
  • 『幕末長恨歌』光風社出版 1985

復刊

  • 『満洲旅日記』ゆまに書房 2002 (文化人の見た近代アジア)
  • 『従軍日記』ゆまに書房 2004 (「帝国」戦争と文学)