長恨歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長恨歌」(ちょうごんか)は、中国の詩人白居易によって作られた長編の漢詩である。陳鴻の長恨歌伝によれば、白居易、陳鴻、王質夫の三人が仙遊寺に集まり、唐代の玄宗皇帝と楊貴妃のエピソードを語り合い感嘆した際、王質夫が「夫れ希代の事は、出世の才の之を潤色するに遭ふに非ずんば、則ち時と消没し、世に聞こえず。楽天は詩に深く、情に多き者なり。試みに為に之を歌はば、如何と。」(「世にも奇妙な出来事は、一代の傑出した才人の手で潤色されるのでなければ、時と共に消滅してしまって、世の中に伝わらなくなってしまう。楽天、君は詩に造詣が深く、情に豊かな人だ。試みにこの出来事で歌を作って見てはどうか」という意)と言われたことをきっかけに、「長恨歌」を作ったと書かれている[1]。『源氏物語』をはじめ平安時代の日本文学にも多大な影響を与えた。806年元和元年)、白居易が35歳、盩厔県尉であった時の作。七言古詩(歌行とも言う)(120句)。

あらすじ[編集]

漢の王は長年美女を求めてきたが満足しえず、ついに楊家の娘を手に入れた。それ以来、王は彼女にのめりこんで政治を忘れたばかりでなく、その縁者を次々と高位に取り上げる。

その有様に反乱(安史の乱)が起き、王は宮殿を逃げ出す。しかし楊貴妃をよく思わない兵は動かず、とうとう王は兵をなだめるために楊貴妃殺害を許可する羽目になる。

反乱が治まると王は都に戻ったが、楊貴妃を懐かしく思い出すばかりでうつうつとして楽しまない。道士が術を使って楊貴妃の魂を捜し求め、苦労の末、ようやく仙界にて、今は太真と名乗る彼女を見つけ出す。

太真は道士に、王との思い出の品とメッセージをことづける。それは「天にあっては比翼の鳥[注 1]のように」「地にあっては連理の枝[注 2]のように」、かつて永遠の愛を誓い合った思い出の言葉だった。

詩の内容[編集]

漢文 書き下し 現代語訳
漢皇重色思傾国 御宇多年求不得

楊家有女初長成 養在深閨人未識  

天生麗質難自棄 一朝選在君王側  

迴眸一笑百媚生 六宮粉黛無顔色  

春寒賜浴華清池 温泉水滑洗凝脂  

侍児扶起嬌無力 始是新承恩沢時  

雲鬢花顔金歩揺          

芙蓉帳暖度春宵          

春宵苦短日高起 従此君王不早朝  

承歓侍宴無閑暇 春従春遊夜専夜  

後宮佳麗三千人 三千寵愛在一身  

金屋粧成嬌侍夜 玉楼宴罷酔和春  

姉妹弟兄皆列土 可憐光彩生門戸  

遂令天下父母心 不重生男重生女  

驪宮高処入青雲 仙楽風飄処処聞  

緩歌慢舞凝糸竹 尽日君王看不足  

漁陽鞞鼓動地来 驚破霓裳羽衣曲  

九重城闕煙塵生 千乗万騎西南行  

翠華揺揺行復止 西出都門百余里  

六軍不発無奈何 宛転蛾眉馬前死  

花鈿委地無人収          

翠翹金雀玉搔頭          

君王掩面救不得 迴看血涙相和流  

黄埃散漫風蕭索 雲桟縈紆登剣閣  

峨眉山下少人行 旌旗無光日色薄  

蜀江水碧蜀山青 聖主朝朝暮暮情  

行宮見月傷心色 夜雨聞鈴腸断声  

天旋日転迴竜馭 到此躊躇不能去  

馬嵬坡下泥土中 不見玉顔空死処  

君臣相顧尽霑衣 東望都門信馬帰  

帰来池苑皆依旧 太液芙蓉未央柳  

芙蓉如面柳如眉 対此如何不涙垂  

春風桃李花開夜 秋雨梧桐葉落時  

西宮南苑多秋草 宮葉満階紅不掃  

梨園弟子白髪新        

椒房阿監青娥老          

夕殿蛍飛思悄然 孤灯挑尽未成眠  

遅遅鐘鼓初長夜        

耿耿星河欲曙天          

鴛鴦瓦冷霜華重 翡翠衾寒誰与共 

悠悠生死別経年 魂魄不曾来入夢 

臨邛道士鴻都客 能以精誠致魂魄  

為感君王展転思 遂教方士殷勤覓  

排空馭気奔如電 昇天入地求之遍  

上窮碧落下黄泉 両処茫茫皆不見  

忽聞海上有仙山 山在虚無縹緲間  

楼閣玲瓏五雲起 其中綽約多仙子  

中有一人字太真 雪膚花貌参差是  

金闕西廂叩玉扃        

転教小玉報双成          

聞道漢家天子使 九華帳裏夢魂驚 

攬衣推枕起徘徊 珠箔銀屏邐迤開  

雲鬢半偏新睡覚 花冠不整下堂来  

風吹仙袂飄颻挙 猶似霓裳羽衣舞  

玉容寂寞涙闌干 梨花一枝春帯雨  

含情凝睇謝君王 一別音容両渺茫  

昭陽殿裏恩愛絶 蓬萊宮中日月長  

迴頭下望人寰処 不見長安見塵霧  

唯将旧物表深情 鈿合金釵寄将去  

釵留一股合一扇 釵擘黄金合分鈿  

但令心似金鈿堅 天上人間会相見  

臨別殷勤重寄詞 詞中有誓両心知  

七月七日長生殿 夜半無人私語時  

在天願作比翼鳥 在地願為連理枝   

天長地久有時尽 此恨綿綿無絶期    

漢皇色を重んじて傾国けいこくを思ふ ぎょ多年求むれども得ず

楊家ようかむすめ有り初めて長成し 養はれて深閨しんけいに在り人未だらず

天生の麗質自ら棄て難く 一朝選ばれて君王のかたわらに在り

ひとみめぐらして一笑すれば百媚ひゃくび生じ 六宮りくきゅう粉黛ふんたい顔色がんしょく無し

春寒うしてよくを賜ふ華清かせい 温泉水滑らかにして凝脂ぎょうしを洗ふ

侍児しじたすけ起こせばきょうとして力無し 始めて是れ新たに恩沢おんたくくる時

雲鬢花顔金歩揺うんびんかがんきんぽよう 芙蓉のとばり暖かにして春宵しゅんしょうわた

春宵はなはだ短く日高うして起く 此れり君王早朝せず

歓をけ宴にして閑暇かんか無く 春は春遊に従い夜は夜を専らにす

後宮の佳麗三千人 三千の寵愛一身に在り

金屋きんおくよそおい成ってきょうとして夜に侍し 玉楼宴んで酔うて春に和す

姉妹弟兄しまいていけい皆土をつらね あわれし光彩門戸に生ずるを

遂に天下の父母の心をして 男を生むを重んぜず女を生むを重んぜしむ

驪宮りきゅう高き青雲に入り 仙楽せんがく風にひるがえりてしょ々に聞こゆ

緩歌慢舞かんかまんぶ糸竹しちくらし 尽日じんじつ君王看れども足らず

漁陽ぎょよう鞞鼓へいこ地を動かして来たり 驚破きょうは霓裳羽衣げいしょうういの曲

九重きゅうちょう城闕じょうけつ煙塵生じ 千乗万騎西南に行く

翠華すいか揺々として行きてた止まり 西のかた都門を出ずること百余里

六軍発せず奈何いかんともする無く 宛転たる蛾眉がび馬前に死す

花鈿かでん地に委して人の収むる無し 翠翹すいぎょう金雀きんじゃく玉搔頭ぎょくそうとう

君王面をおほひて救ひ得ず かえり看て血涙相和して流る

黄埃こうあい散漫さんまんかぜ蕭索しょうさく 雲桟縈紆うんさんえいう剣閣けんかくに登る

峨眉山下がびさんげ人の行くことまれに 旌旗せいき光無く日色薄し

蜀江しょくこうの水はみどりにして蜀山しょくざんは青く 聖主せいしゅちょう々の情

行宮あんぐうに月を見れば傷心の色 夜雨やうに鈴を聞けば腸断ちょうだんの声

めぐり日転じて竜馭りゅうぎょめぐらし 此に到りて躊躇ちゅうちょして去るあたはず

馬嵬坡下ばかいはか泥土でいどうち 玉顔を見ずむなしく死せるところ

君臣あいかえりみてことごところもうるほす 東のかた都門を望み馬にまかせて帰る

帰り来たれば池苑ちえん皆旧にる 太液たいえきの芙蓉未央びおうの柳

芙蓉は面のごとく柳は眉のごとし 此に対して如何いかんぞ涙の垂れざらん

春風桃李花開く夜 秋雨梧桐ごどう葉落つる時

西宮南苑秋草しゅうそう多く 宮葉階に満ちて紅はらはず

梨園の弟子ていし白髪新たに 椒房しょうぼう阿監あかん青娥せいが老いたり

夕殿蛍飛んで思ひ悄然しょうぜん 孤灯かかげ尽くすも未だ眠りを成さず

遅々たる鐘鼓しょうこ初めて長き夜 こう々たる星河けんと欲するの天

鴛鴦えんおうの瓦冷ややかにして霜華そうか重く 翡翠ひすいふすま寒くして誰と与共ともにせん

ゆう々たる生死別れて年を経たり 魂魄こんぱくかつて来たりて夢にも入らず

漢の皇帝は女色を重視し絶世美女を望んでいた 天下統治の間長年に渡り求めていたが得られなかった

楊家にようやく一人前になる娘がいた 深窓の令嬢として育てられ、誰にも知られていない

生まれつきの美しさは埋もれることはなくある日選ばれて、 王のそばに上がった

視線を巡らせて微笑めば、そのあでやかさは限りない 宮中の奥御殿にいる女官たちは色あせて見えた

(彼女は)春まだ寒い頃、華清池の温泉を賜った 温泉の水は滑らかで、きめ細かな白い肌を洗う

侍女が助け起こすと、なまめかしく力がない こうして初めて皇帝の寵愛を受けたのである

雲のように柔らかな髪、花のような顔、歩くと揺れる黄金や珠玉で作られたかんざし

芙蓉の花を縫い込めた寝台の帳は暖かく、春の宵を過ごす

春の宵は短い事に悩み、日が高くなってから起き上がる この時から王は早朝の政務をやめてしまった

皇帝の心にかない、宴では傍らに侍り暇がない 春には春の遊びに従い、夜は皇帝のお側を独占する

後宮には三千人の美女がいるが 三千人分の寵愛を一身に受けている

黄金の御殿で化粧をすまし、艶かしく夜をともにする 玉楼での宴がやむと、春のような気分に酔う

妃の姉妹兄弟はみな諸侯となり うらやましくも、一門は美しく輝く

ついには天下の親たちの心も 男児より女児の誕生を喜ぶようになった

驪山の華清宮は雲に隠れる程高く この世の物とも思えぬ美しい音楽が風に飄りあちこちから聞こえる

のどやかな調べ、緩やかな舞姿 楽器の音色も美しく 皇帝は終日見ても飽きることがないそのときに

漁陽の進軍太鼓が地を揺るがして迫り 霓裳羽衣の曲で楽しむ日々を驚かす

宮殿の門には煙と粉塵が立ち上り 兵車や兵馬の大軍は西南を目指す

カワセミの羽を飾った皇帝の御旗は、ゆらゆらと進んでは止まる 都の門を出て西に百余里

軍隊は進まず、どうにもできない 美しい眉の美女は、馬の前で命を失った

螺鈿細工のかんざしは地面に落ちたままで、拾い上げる人はいない

カワセミの羽の髪飾りも、孔雀の形をした黄金のかんざしも、地に落ちたまま

君王は顔を覆うばかりで、救うこともできない 振り返っては、血の涙を流した

土埃が舞い、風は物寂しく吹き付る 雲が係る程の高い架け橋は、畝々と曲り畝り、剣閣山登っていく

峨眉山のふもとは、道行く人も少ない 皇帝の所在を示す旌旗は輝きを失い、日の光も弱々しい

蜀江の水は深い緑色で満ち、蜀の山は青々と茂るも 皇帝は朝も日暮れも(彼女を)思い続ける

仮の宮殿で月を見れば心が痛み 雨の夜に鈴の音を聞けば断腸の思い

天下の情勢が大きく変わり、皇帝の御車は都へと向かう ここに到って、心を痛め去ることができない

馬嵬の土手の下、泥の中に 玉のような美しい顔を見ることはない 空しく死んだところ

君臣互いに見合い、旅の衣を涙で湿らす 東に都の門を望みながら、馬に任せて帰っていく

帰って来ると、池も庭も皆もとのまま 太液池の芙蓉、未央宮の柳

芙蓉は(彼女の)顔のよう、柳は眉のよう これを見て、どうして涙をながさずにおられようか

春の風に桃や李の花が開く夜 秋の雨に梧桐(あおぎり)の葉が落ちる時

西の宮殿や南の庭園には、秋草が茂り 落葉が階を赤く染めても掃く人はいない

梨園(玄宗が養成した歌舞団)の弟子たちも、白髪が目立ち

椒房(皇后の居室)の阿監(宮女を取り締まる女官)も、その美しい容貌は老いてしまった

夕方の宮殿に蛍が飛んで、物思いは憂い悲しく ひとつの明かりをともし尽くしてもまだ眠れない

時を告げる鐘と太鼓を聞くにつけ、夜の過ぎるのが初めて長く感じられる

天の川の輝きはかすかとなり、空が明けようとしている

鴛鴦の瓦は冷ややかで、霜が重なり 翡翠の衾は寒々しく、いっしょに寝る人はいない

(楊貴妃と)生死を分かって幾年月 (楊貴妃の)魂は夢にも出て来ない

(このとき)臨邛の道士が長安を訪れていた 真心を込めた念力で、魂を招き寄せられるという

眠れなく何度も寝返りを打つほどの君王の思慕の情を思い 方士に(楊貴妃を)懇ろに探し求めさせた

大空を押し分け、大気に乗り、雷のごとく走りめぐる 天に昇り、地に入って、くまなく探し求める

上は青空を極め、下は地の底まで探したが どちらも広々としているだけで、姿は見あたらない

俄に聞いた所によると、海上に仙山があるという その山は何物も存在しない遠く微かな当りにあった

楼閣は透き通るように美しく、五色の雲が湧き上がっている その中に若く美しい仙女がたくさんいた

其内の一人に、太真という女性がいた 雪のような膚、花のような容貌、楊貴妃に殆どそっくりである

黄金造りの御殿の西側の建物を訪れ、玉で飾られた扉を叩き

小玉に頼んで(楊貴妃の腰元である)双成に(自分が来たことを)伝えてもらう

聞けば、漢の天子の使いであるという 華麗な刺繍の帳の中で、夢を見ている魂は驚き目覚める

衣装を纏い、枕を推しやって、起き出してさまよい歩く 真珠の簾や銀の屏風が、次々と開かれていく

雲のような鬢の毛はなかば偏って、目覚めたばかりの様子 花の冠も整えないまま、堂を降りて来た

風が吹き、仙女の袂はひろひらと舞い上がる まるで霓裳羽衣の舞のよう

玉のような容貌はさびしげで、涙がはらはらとこぼれる 一枝の梨の花が春の雨に打たれるよう

想いを込めてじっと見つめ、君王に謝辞を述べる お別れ以来、声も姿もともにはるかに遠ざかり

昭陽殿での寵愛も絶え 蓬萊宮の中で過ごした月日が長くなった

頭をめぐらせ、はるか人間界を望めば 長安は見えず、塵や霧が広がっている

思い出の品で、ただ深い情を示したいと 螺鈿細工の小箱と黄金の簪を、預け持って行かせる

簪の片方の脚と、小箱の(蓋か本体の)一方を残す かんざしは黄金を裂き、小箱は螺鈿を分かつ

金や螺鈿のように心を堅くさせれば 天上と人間界に別れたふたりも、必ず会うことができるでしょう

別れにあたっては、丁寧に重ねて言葉を送る 言葉の中にふたり(皇帝と楊貴妃)だけに分かる言葉があった

七月七日、長生殿 誰もいない夜中、親しく語った時(の言葉である)

天にあっては、願わくは比翼の鳥となり 地にあっては、願わくは連理の枝となりたい

天地はいつまでも変わらないが、いつかは尽きる時がある しかしこの悲しみは綿々と、いつまでも絶えることがないだろう

史実との相違[編集]

  • 詩中では玄宗と楊貴妃を直接叙述するのではなく、武帝李夫人の物語に置き換えている。これは現王朝に遠慮してのこととする見解がある[注 3]
  • 楊貴妃はそもそもは玄宗の子の一人、寿王李瑁の妃であった。『新唐書』玄宗紀によれば、玄宗は息子の妻を自分のものとするため、いったん彼女を女道士にして、息子との縁を絶った後に後宮に迎えている。太真は楊貴妃の道士時代の名である。

楊貴妃の美[編集]

  • 「温泉水滑洗凝脂」「雪膚」 - 温泉の水がなめらかに凝脂を洗う、と表現されるように、むっちりとした白い肌の持ち主だった。
  • 「雲鬢花顔」「花貌」「芙蓉如面柳如眉」 - ふんわりとした髪の生え際、芙蓉の花のような顔だち、柳のようなほっそりとした眉、など顔のパーツも重要であったようだ。
  • 「侍兒扶起嬌無力」「金歩搖」 - 侍女に助け起こされてもぐったり、歩くに連れてかんざしがしゃらしゃらと揺れる、といった感じで、北宋ごろから流行しだした纏足という習慣にも見られるように、いかにもなよなよとした頼りなげな様子が女性らしいしぐさとして愛されたらしい。

日本文学への影響[編集]

  • 源氏物語桐壺の巻 - 桐壺帝桐壺更衣の悲恋の描写には、長恨歌を髣髴とさせる部分がたくさんある。当時の貴族層の誰もが知る長恨歌のエピソードを、紫式部は上手く平安王朝風に置き換えて、物語に取り入れた。

長恨歌の主題[編集]

長恨歌の主題は長年に渡って議論され続けており、主に世の乱れをふせぐための「諷諭」、玄宗の楊貴妃への愛を中心とした「愛情」のどちらかが主題ではないかと言われている。『長恨歌』を伝記に仕立てたという陳鴻の『長恨歌伝』では、「意者但だ其の事に感ずるのみならず、尤物を懲らし、亂階を塞ぎ、將來に垂らんと欲するならん」(思うに長恨歌は、玄宗皇帝と楊貴妃の事柄に感動しただけではなく、世に禍いを及ぼしかねない絶世の美女を懲らしめ、世の中の乱れを未然に防止し、将来に向けて戒めを示そうという意図もあったという意)[1]と『長恨歌』を「諷諭」として読んでいる。

日本では、「愛情」を主題とするのが、共通の理解となっている。中国では政治を基準にして、文芸作品の価値を考える伝統から「諷諭説」がかなり根強かったが、最近では「愛情」を歌ったものだという説が優勢になりつつあるという[3]

注解[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 比翼の鳥」とは、2羽の体の片方ずつがくっついて、1羽になった鳥である。お互いの気を合わせないと飛ぶこともできない。
  2. ^ 「連理の枝」とは、地上から生えた2本の木の枝が、1つにくっついている様子を表す。「比翼の鳥」同様、仲のよい様子の例えに使われる。
  3. ^ 中国文学者の川合康三は、著書『白楽天―官と隠のはざまで』(岩波新書2010年)において、白居易の詩と同時に作られた陳鴻の伝奇書「長恨歌傳」[2]が、冒頭で「玄宗」と直接記してあることから、この見解は明らかな誤りであると持論を展開している。しかし、当時の白居易と陳鴻の政治的な立場や考え方が違うため、“この見解は明らかな誤り”とまでは言えないとの指摘もある。

出典[編集]

  1. ^ a b 『白氏文集二下』明治書院新釈漢文大系〉、2007年。ISBN 9784625673139 
  2. ^ 長恨歌傳 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  3. ^ 下定雅弘 『長恨歌 楊貴妃の魅力と魔力』勉誠出版、2011年。ISBN 9784585290117 

関連項目[編集]