五島市立本山小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五島市立本山小学校
過去の名称 第五大学区第五中学区本山小学校
本山学区公立中等本山小学校
尋常本山小学校
本山尋常小学校
本山尋常高等小学校
本山村本山国民学校
本山村立本山小学校
福江市立本山小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 五島市
設立年月日 1874年明治7年)6月
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 853-0044
長崎県五島市堤町1341番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

五島市立本山小学校(ごとうしりつ もとやましょうがっこう)は、長崎県五島市堤町にある公立小学校。略称は「本小」。

概要[編集]

歴史
1874年明治7年)創立。2014年平成26年)に創立140周年を迎えた。
校章
校名の「本小」の文字(横書き)を置いている。
校歌
現校歌は1961年昭和36年)に制定。作詞は川口三吉、作曲は川谷源昭による。歌詞は3番まであり、各番に「本山小学生」が登場する。
校区
住所表記で五島市の後に「堤町、吉田町、高田町、野々切町」が続く地区。中学校区は五島市立翁頭中学校[1]

沿革[編集]

  • 1871年(明治4年)- 廃藩置県により福江県に属することとなる。福江県は間もなく長崎県に編入される。
  • 1872年(明治5年)7月 - 学制が頒布される。
  • 1874年(明治7年)6月 - 民家を借用して「第五大学区第五中学区長崎県管下松浦郡本山小学校」が開校。児童数は15名。
  • 1878年(明治11年)- 郡制の施行により、松浦郡は東西南北の4郡に分割され南松浦郡に属することとなる。学区は南松浦郡福江部に属する。
  • 1880年(明治13年)- 教育令の施行により、「本山学区公立下等本山小学校」に改称。
  • 1882年(明治15年) - 「本山学区公立中等本山小学校」に改称。
  • 1885年(明治18年)12月 - 堤郷字田中に新校舎が完成。
  • 1886年(明治19年)9月 - 小学校令の施行により、尋常科を設置の上「尋常本山小学校」に改称。修業年限を4年とする。
    • この年、福江村に長崎県第十八高等小学校が設置される。
  • 1889年(明治22年)4月 - 町村制の施行により、南松浦郡本山村立の小学校となる。
  • 1893年(明治26年)
    • 4月 - 小学校令の改正により「本山尋常小学校」に改称(「尋常」の位置が変わる)。
    • 5月 - 補習科(修業年限2年)を併置。
    • 7月 - 福江村にあった長崎県第十八高等小学校が廃止される。
    • 11月 - 廃止された第十八高等小学校に代わり、五ヶ村[2]組合立福江高等小学校が開校。
  • 1902年(明治35年)
    • 3月 - 福江高等小学校を運営する組合から脱退。
    • 4月 - 高等科を併置し「本山尋常高等小学校」に改称(尋常科4年・高等科4年)。
  • 1908年(明治41年)4月 - 小学校令の改正により、義務教育年限(尋常科の修業年限)が4年から6年に延長される。
    • 修業年限が「尋常科4年・高等科4年」から「尋常科6年・高等科2年」に変更される。
    • 旧高等科1年を尋常科5年に、旧高等科2年を尋常科6年に、旧高等科3年を高等科1年に、旧高等科4年を高等科2年に振り替える。
  • 1912年(大正元年)- 寄贈により第二運動場が完成。
  • 1930年(昭和5年)8月 - 旧校舎を解体。
  • 1931年(昭和6年)2月 - 新校舎が完成。
  • 1935年(昭和10年)- 青年学校令の施行により、併設の本山実業補習学校が「本山青年学校」となる。
  • 1937年(昭和12年)1月 - 二宮尊徳像を設置。後に戦争のために金属供出される。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、「本山村本山国民学校」に改称。尋常科を初等科に改める(初等科6年・高等科2年)。
  • 1944年(昭和19年)2月 - 新校舎が完成。
  • 1946年(昭和21年)
    • 4月 - 雨通宿(うとじゅく)分校を設置。
    • 8月 - 進駐軍の査察を受ける。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われる。
    • 旧・本山国民学校の初等科が改組され、「本山村立本山小学校」となる。
    • 旧・本山国民学校の高等科と青年学校の普通科が改組され、本山村立本山中学校(新制中学校)となり、当面の間小学校に併設される。
  • 1948年(昭和23年)10月 - 協学会(PTA)が発足。
  • 1949年(昭和24年)
  • 1952年(昭和27年)7月 - ミルク給食を開始。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 町村合併・市制施行により、「福江市立本山小学校」に改称。
  • 1957年(昭和32年)4月 - 児童数が最大698名を記録。
  • 1961年(昭和36年)- 新校歌を制定。
  • 1962年(昭和37年)- 鉄筋コンクリート造3階建ての新校舎が完成。
  • 1963年(昭和38年)- 校旗を制定。
  • 1970年(昭和45年)4月 - 特殊学級を設置。学校前に信号機が設置される。
  • 1974年(昭和49年)- 創立100周年記念式典を挙行。
  • 1975年(昭和50年)- 運動場の芝生化を実施。雨通宿分校の校舎を新築。
  • 1980年(昭和55年)- 翁頭中学校から旧体育館が移管される。
  • 1981年(昭和56年)- 歩道橋が設置される。
  • 1983年(昭和58年)- 翁頭中学校から旧運動場が移管される。
  • 1984年(昭和59年)3月31日 - 雨通宿分校を休校とする。
  • 2004年(平成16年)8月1日 - 市町村合併により、「五島市立本山小学校」(現校名)へ改称。
  • 2011年(平成23年)3月31日 - 雨通宿分校を廃止(最終所在地:五島市吉田町3614番地(地図))。

交通アクセス[編集]

最寄りのバス停
最寄りの道路

周辺[編集]

参考資料[編集]

  • 「福江市史 上巻」(1995年(平成7年)3月31日, 福江市)第3編 教育・文化、第2章 学校教育、第2節 学校の沿革と現況 p. 383

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 就学指定学校及び区域外通学について - 五島市ウェブサイト
  2. ^ 南松浦郡の5村。福江村・奥浦村・崎山村・本山村・大濵村。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]