亀山パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
亀山パーキングエリア
亀山PAスマートインターチェンジ
東名阪 亀山PA
東名阪 亀山PA
所属路線 E23 東名阪自動車道
IC番号 32-2
料金所番号 06-088
本線標識の表記 亀山
起点からの距離 52.1km(名古屋西JCT起点)
亀山JCT (5.2km)
(1.1km) 亀山IC
接続する一般道 三重県道786号亀山関線
供用開始日 1970年4月17日 (PA)
2007年4月1日 (SIC)
通行台数 x台/日
スマートIC 24時間
上り線事務所 7:30-20:30
下り線事務所 7:00-20:00
所在地 519-0166
三重県亀山市布気町
備考 ETC専用インターチェンジ
テンプレートを表示
亀山ハイウェイオアシス館

亀山パーキングエリア(かめやまパーキングエリア)は、三重県亀山市東名阪自動車道上にあるパーキングエリアである。

概要[編集]

上り線はPAに隣接する県営公園「亀山サンシャインパーク」と一体となっており、三重県内唯一のハイウェイオアシスを構成している。上り線の施設は一般道に面する県営公園の駐車場から徒歩・車椅子にて利用することが可能である。また、上り線側の県営公園と下り線側のPA間には、自動車専用(大型車を除く)の跨道橋が設けられており、下り線PAから県営公園と上り線の施設を利用することが出来る。

道路[編集]

施設[編集]

上り線(名古屋・新名神草津・伊勢湾岸道豊田方面)[編集]

下り線(亀山・名阪国道奈良・伊勢道伊勢方面)[編集]

亀山PAスマートインターチェンジ[編集]

[参考資料]亀山PAスマートIC(改良前)

亀山PAスマートインターチェンジ(かめやまパーキングエリアスマートインターチェンジ)は、亀山パーキングエリアに併設されているスマートインターチェンジである。

スマートインターチェンジの概要[編集]

スマートインターチェンジ社会実験の実験箇所に採択され、2005年平成17年)12月17日から2007年(平成19年)3月31日までの間、上下線ともに亀山市道と接続する出入口が設置された。

2007年(平成19年)3月20日に連結許可を得て、同年4月1日より正式運用を行っている。

なお、2008年(平成20年)1月10日から3月30日まで安全対策工事のため運用を一時休止しスマートICに誤進入した車両を安全にUターンさせる前進型退出路が整備された。これによって全長12メートルを超える車種へ対応可能なスマートICに改良された。

歴史[編集]

  • 2005年12月17日 - 2007年3月31日 : 実験期間(運用時間:毎日 午前6時-午後10時)
  • 2007年4月1日 : 正式運用開始(24時間運用化)
  • 2008年1月10〜2008年3月30日 : 終日運用休止(改良工事)
  • 2008年3月30日 : 運用再開(前進型退出路設置・全車種対応化)

上り線[編集]

  • 運用時間:24時間
  • 利用方向:名古屋方面への流入、伊勢・奈良方面からの流出
  • 対象車種:ETCを搭載した全車種
  • 接続道路:市道道野太岡寺側道3号線

下り線[編集]

  • 運用時間:24時間
  • 利用方向:伊勢・奈良方面への流入、名古屋方面からの流出
  • 対象車種:ETCを搭載した全車種
  • 接続道路:市道道野太岡寺側道1号線

[編集]

E23 東名阪自動車道
(32-1)亀山JCT - (32-2)亀山PA/スマートIC - (33)亀山IC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]