久保利英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久保利 英明(くぼり ひであき、1944年8月29日 - )は日本弁護士第二東京弁護士会)。日比谷パーク法律事務所代表。埼玉県出身。愛称はクボリン。

人物[編集]

司法修習修了後、当時4名しかいなかった森綜合法律事務所に入所。スモン訴訟や労働事件などの社会的事件を手がける一方で、いわゆるビジネス弁護士の草分けとして、「適法経営(コンプライアンス)」「企業統治(コーポレート・ガバナンス)」といった考え方を早くから提唱、大型倒産事件、総会屋対策などで活動。株主総会における一括上程・一括審議方式は「久保利方式」とも言われ、従来の「しゃんしゃん総会」と一線を画しながら、総会屋を排除し株主総会を進行させる方法を実践した。

企業が不祥事を引き起こした際、設置される第三者委員会の委員長を務めることも多く、マルハニチロホールディングスゼンショーホールディングスでも委員長を担ったほか[1]、自身で第三者委員会報告書格付け委員会を立ち上げ、警鐘を鳴らしていくとしている[2]

平成10年に中村直人および菊池伸とともに独立して日比谷パーク法律事務所を開設(ただし、後に中村はさらに独立し、菊池は復帰する)。現在は10名の弁護士からなり、会社・知的財産・倒産関係を専門に扱うブティック型の事務所となっている。

金融庁総務企画局参事(法令等遵守調査室顧問)、知的財産戦略本部コンテンツ・日本ブランド専門調査会会長、NPO法人エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク理事長、弁護士知財ネット理事、日本コーポレートガバナンスフォーラム理事、有限責任中間法人日本取締役協会幹事、NPO法人全国社外取締役ネットワーク理事、東京商工会議所経済法規委員会副委員長、野村ホールディングス株式会社取締役ソースネクスト株式会社監査役日本銀行コンプライアンス会議メンバー、学校法人東京女学館理事、学校法人開成学園理事、明日の司法を創る会代表世話人を務める。

口髭と派手なスーツ・ネクタイ姿、ゴルフ焼けがトレードマーク。

経歴[編集]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]