和船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
丸子船から転送)
移動先: 案内検索
広島県内海町漁協所属の打瀬船「内海丸」、2007年5月の最後の航海。広島観音マリーナにて。
滋賀県西浅井町(現長浜市)の「丸子船の館」に保存されている丸子船の船首部分
江戸時代に工楽松右衛門が開発した、通称「松右衛門帆」。
明治時代の廻船
台湾蘭嶼のヤミ族の船「タタラ」

和船(わせん)とは、日本において発達し、幕末以後の洋式船舶の導入の前まで、移動や漁業に用いられた構造船及び準構造船の総称である。

総説[ソースを編集]

日本は船舶の設計思想において西洋の船と大きく異なる形の発展を遂げた。すなわち、西洋の船が応力竜骨肋材を使用し強度を得ることで大型化をなしとげたのに対し、日本の船舶は古代の丸木舟以来、そのような構造を持たない外板を継ぎ合わせたのみの構造であった。

船形埴輪に見られる古墳時代の準構造船、平安時代遣唐使船、諸手船明治時代打瀬船、あるいは丸子船高瀬舟など内水面で使用された船舶に至るまで、日本の船舶は全てこのような基本構造のもとにあった。和船はこのような基本構造のもとに日本各地の風土や歴史に応じて多種多様な発展を遂げた船舶の総称である。

主な構成要素[ソースを編集]

和船にだけあり、他のカヌーには無いという要素は存在しない。しかし要素の選択の傾向という点では和船は明らかに独自性を持っている。まず船体の構造について見ると、船底材に舷側材を棚の形で継ぎ足していくという点が、和船全てに共通する特徴である(ただしこうした特徴はミクロネシアポリネシア航海カヌーにも顕著なので、和船独自の特徴とは言えない)。船底材は最初期の準構造船においては単材を刳り抜いたものであるが、後に東北地方に多く見られるムダマハギ構造(単材から複数の船底材を刳り抜いてはぎ合わせる工法)に進化し、最終的にははぎ合わせた板材に棚を追加し船梁で補強する棚板造りへと進化した。前者の準構造船は室町時代頃までの主流であったが、後者の構造船も平安時代後期にはすでに琵琶湖では使用されていたことが判明している[1]

推進方法は、長櫂・車櫂(オール)、練櫂・小櫂(パドル)、棹の5種類が用いられている。

帆は一枚帆という形式が多く、帆形は四角帆が主流であった。しかし打瀬船のように2本あるいは3本マストの和船も存在していたし、帆の下端を絞り込むことで逆三角帆とすることもあった。帆に使用されたのは江戸時代までは基本的にムシロであったが、江戸時代に工楽松右衛門が通称「松右衛門帆」と呼ばれる帆布を開発し、全国に普及した。

日本においてはオールは長櫂や車櫂と呼ばれ、長櫂は瀬戸内海を中心に、車櫂は東北から北海道にかけて使用された。艪は東北から種子島までの範囲で用いられ、奄美群島以南では小櫂(パドル)が用いられた。

江戸幕府が船に竜骨やマストや帆を二本以上用いる事を禁じたという説があるが、特に史料的な裏付けはない。これらはあくまで利便性・経済的な理由を主としている[2]

沖縄・北海道の船[ソースを編集]

琉球王国の領域の住民や、アイヌが用いた船舶が和船と言いうるかどうかは議論が必要である。

沖縄の伝統船[ソースを編集]

琉球王国で使用されていた船舶や舟艇のうち、大型の構造船「進貢船」は明らかにジャンクであり、やや小型の「馬艦船」(マーラン船)もジャンクに近い構造を持っている。

また、鹿児島県奄美群島で用いられた板付(イタツケ、イタツキ)や比較的大型の板付である小早船(クバヤ)、沖縄本島北部西海岸とその周辺島嶼部を中心に用いられたタタナー(二棚船)、大宜味村の塩屋湾でおこなわれるウンジャミという祭りに登場するハーリー船、八重山諸島黒島の豊年祭に登場するパーレー船など、和船に類似する構造を持つ船もある。台湾東海岸沖の蘭嶼に住むヤミ族の伝統的な船「タタラ」も、和船と一部の特徴を共有するものだが、それら相互の系統関係についてはつまびらかではない。

それらを除く小型のサバニリュウキュウマツなどの大木を刳り抜いた丸木舟(クリブニ)であったが、明治期の琉球処分以後、特に沖縄本島南部の糸満においてアギヤーと呼ばれる大型追込網漁がおこなわれるようになり、積載する漁具や人員が増加して相対的に大型の船体を必要とするようになったことや、九州以北との関係が強まって宮崎産の飫肥杉が用材として豊富に流通するようになったことなどを契機として、複材化された。その際、チキリや竹釘を用いて船材を接合する九州以北の木工技術が導入され、定着した。このようにして複材化・大型化したサバニは「ハギ舟(本ハギ、糸満ハギ)」と呼ばれる。

北海道の伝統船[ソースを編集]

北海道に目を転じてみると、実は近世以前のアイヌの船舶については殆ど史料が無いのが現状である。ただ、苫小牧市沼ノ端から出土した17世紀のイタオマチプ(アイヌ語で「板をつけた船」の意)の残骸や、千歳市美々8遺跡出土の舟の残骸から見ても、タナ発達、縫合船という点で和船に非常に近い構造を持っていたことが窺われる。

最も狭義の「和船」の航行性能[ソースを編集]

江戸初期までの和船は帆桁が下部にもあり、風上への航行が出来なかったため、軍船の場合は数十挺から多いものでは百挺以上のを有し、漕走を主とした。江戸中期以降の弁才船になると下部の帆桁がなくなり、帆の下部をすぼませる事で風上への航行(間切り走り)も可能となったため、江戸時代の近海海運は大いに発展することとなった。

主な類型[ソースを編集]

復元船[ソースを編集]

なにわの海の時空館で展示されていた浪華丸

復元された和船としては、なにわの海の時空館の「浪速丸」(菱垣廻船)やみちのく北方漁船博物館の「みちのく丸」(北前船)があった。

「浪速丸」は1999年に大阪湾を試験帆走した後に屋内展示されていたが、なにわの海の時空館は2013年3月に閉館した。

「みちのく丸」は2005年に完成してみちのく北方漁船博物館で帆走できる状態で展示され、各地のイベントでの一般公開やNHK大河ドラマ篤姫」の撮影に使われるなどしていたが、2014年の同館の閉館により青森県野辺地町に無償譲渡された。野辺地町は将来的に陸揚げ展示を検討していたが、屋外保管されている間に船体の傷みが想定以上に進んだため、解体した上で当初計画とは異なる形で利用を図りたいと表明している[3]

博物館[ソースを編集]

[ソースを編集]

  1. ^ "最古の構造船部材が見つかる -平安期、琵琶湖交通担う-"(共同通信、2015年12月10日記事(47NEWS))。
  2. ^ http://www.mizu.gr.jp/people/ppl_10a.html
  3. ^ 北前船「みちのく丸」陸揚げ断念、解体へ - デーリー東北(2016年10月4日 )

参考資料[ソースを編集]

  • 石井謙治『和船(1)』『和船(2)』法政大学出版局 、1995年
  • 『図説和船史話 』至誠堂 ASIN B000J7CG88
  • 『近江商人と北前船―北の幸を商品化した近江商人たち 』サンライズ印刷出版部 ISBN 978-4883251285
  • 『丸子船物語―橋本鉄男最終琵琶湖民俗論』 サンライズ印刷出版部 ISBN 978-4883251179

関連項目[ソースを編集]