中間英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中間 英明
生誕 (1965-02-11) 1965年2月11日(54歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県
ジャンル J-POPネオクラシカルメタル
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギター
活動期間 1988年 -
レーベル BMG ビクター DANGER CRUE RECORDS
事務所 MAVERICK DC GROUP
公式サイト HIDEAKI NAKAMA Official Website

中間 英明(なかま ひであき、1965年2月11日 - )は、ネオクラシカルメタルを得意とするギタリスト

来歴[編集]

  • 1988年、ハリー・スキュアリーのギタリストとしてデビュー
  • 1989年、ハリー・スキュアリー解散。二井原実バンドにギタリストとしてツアーに参加。ソロアルバム『Point Of No Return』リリース。
  • 1990年、ANTHEMに加入。
  • 1991年、ANTHEM脱退。EMERALD FOREST結成。
  • 1995年、渡米。「Hell'n'Back」結成。
  • 2005年、3月、『Demo'n Supremacy』リリース。7月にはアンセムのツアーの東京公演のみゲスト参加。12月7日、『Sacred Wind』リリース。
  • 2008年~、L'Arc〜en〜Cielのギタリストであるkenのソロプロジェクトに参加。
  • 2009年、2010年L'Arc〜en〜Ciel kenのツアーに参加。
  • 2010年 中間 英明、島 紀文の2バンドによる DOUBLE AXEMAN TOUR

     (中間 英明 Gt 金子 聡司 Vo 満園 庄太郎 Ba 増田 隆宣 key )

HELL 'N' BACKメンバー[編集]

  • Hideaki Nakama(中間英明、ギター)
  • Dan Bryant(ダン・ブライアント、ボーカル)
  • Jimmy Wells(ジミー・ウェルズ、ベース)
  • Jim Ward(ジム・ワード、ドラム)
  • Robert Anthony(ロバート・アンソニー、キーボード)

プレイスタイル[編集]

ハリー・スキュアリー結成当時はアメリカンロックに洗礼されたプレイをしていたそうだが、イングヴェイ・マルムスティーンのアルバムとの出会いをきっかけにネオクラシカル系ギタリストへと変化していく。元々マイケル・シェンカーリッチー・ブラックモアの影響も受けていたそうで、それらを混ぜ合わせたようなメロディアスな速弾きを披露することが多い。

使用機材はデビュー当時はスクワイアのストラトキャスターだったが、現在は72年製のフェンダー・ストラトキャスター使用している。アンプはビンテージのマーシャルを使用しており、アンセムの歴代ギタリストで一番大音量で演奏していた。

エフェクターに関しては、マクソンのオーバードライブをブースターとして使うことは多いが他のエフェクターに関しては、ディレイをセットしている。

作品[編集]

  • HURRY SCUARY
Break It Up(デンジャークルー,DCCA-37)
  • ソロアルバム
Point Of No Return(デンジャークルー,DCCA-36)
  • HELL 'N' BACK
Demo'n Supremacy(デンジャークルー,DCCA-35)
Sacred Wind(デンジャークルー,DCCA-43)
  • その他
映画『ふうせん』サウンドトラック「SHOOT THE GUITARIST」
LAST BATTLE

関連項目[編集]

外部リンク[編集]