福田洋也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福田 洋也
生誕 (1961-11-28) 1961年11月28日(55歳)
出身地 日本の旗 日本,東京都
ジャンル ヘヴィメタル
職業 ギタリスト
写真家
担当楽器 ギター

福田 洋也(ふくだ ひろや、1961年11月28日 - )は、日本ギタリスト写真家東京都出身。

人物、ギタープレイ[編集]

ミュージシャンとして[編集]

  • 元アンセム(Anthem)のメンバー。トリッキーなタッピング&アーミングに、グシャグシャになる位の爆音サウンドでギターをプレイするのが洋也の特徴であり、アンセムのリーダー柴田直人によれば「練習はロクにやらないが、天性の華やかさがある」とのこと。音楽雑誌「BURRN」ではリーダースポールにて「ギタリスト人気ランキング世界16位」を得た。
  • ロッキンf誌で野村義男と対談したことがきっかけで意気投合し[注釈 1]、現在も交流している。
  • 1990年、「バンドの方向性」に疑問を感じるといい、アンセム(Anthem)を脱退。後に元アンセム、現TYOのTony前田(Vo)と「FINGER」を結成するも数年後には解散。1990年代中半から「MI JAPAN渋谷校」の講師を務めており、女性ロックシンガー、真行寺恵里のラジオ番組でギター講座のコーナーを設けていた。
  • 1998年、「演歌メタル」をリリースする。
  • 1999年に初のソロアルバム『Resuscitation』をリリース。2002年7月にはジャパニーズヘヴィメタルハードロックミュージシャンのコンピレーションアルバム『Skill and Shout it lets out[1]』をリリース。初のトータルプロデュースアルバムになる。
  • 2001-2002年には、JAM ProjectのライブやCD等にも参加。
  • 2003年にはかねてからの職業難聴のため左耳の聴力が3分の1になってしまったということもあり、音楽界から引退して写真家に転向。
  • 2005年には、ANTHEM20th ANNIVERSARY TOURにギタリストとして参加。「アンセム 20th アニヴァーサリー・ツアー 2005」が販売された。
  • 2008年、ミュージシャンとしてのオフィシャルHP「hiroya.com[2]」を閉鎖。カメラマン(写真家)としてのオフィシャルHP「GIRLIZM[3]」が現在のメインHPとなる。
  • 2009年、ソロアルバム『Resuscitation[4]』がiTunesStoreで配信開始。
  • 2010年7月、ANTHEM-25th Anniversaryの全国ツアーに参加。これを期に「ギタリスト完全復活」を遂げる。
  • 2012年、元D.T.RのVo の竹内光雄と「フルコンタクト」を結成。アコースティックギターとコーラスを担当している。
  • 2013年、映画「リュウセイ」の音楽を担当。

カメラマンとして[編集]

  • 2005年頃から、タトゥ雑誌「TATTOO FASHION」Vol.1の表紙写真を担当他、同雑誌内でも女性TATTOOモデルを多く撮影。また、バンドのB-DASHの専属カメラマンとして活動している。
  • 写真家としての活動をしつつ、2005年にはANTHEMのアニバーサリーツアーに参加。
  • 2007年頃から、各種フェティッシュイベントのカメラマンとして活躍し、イベント撮影のみならずTokyo Decadence等のフライヤー写真を担当。
  • 2008年、残酷天使月花女王主催の東京アンダーグラウンド・イベント「毒蟲」のオフィシャルカメラマンとしてイベント撮影を担当。また緊縛師一鬼のことのコラボレーションで緊縛写真を撮影。2008年1月には、新宿ロフトプラスワンで行われた「悪夢実演会」にてイベント撮影。また同年4月には、残酷天使月花女王監督・主演DVD「コワレモノ3」にてスチール撮影を担当。
  • 2008年6月、カメラマン(写真家)としてのオフィシャルHP「GIRLIZM[5]」を新ドメイン(独自ドメイン)にてリニューアルした。
  • ブログ「BLOG of GIRLIZMⅢ」[6]では近況や活動報告している。
  • また「綾波レイ」をこよなく愛する「EVANGELION」好きでも知られている。

注釈[編集]

  1. ^ 当時、二人が顔も少し似ていた事がファンの間でも語りぐさとなっていた

外部リンク[編集]