大内貴雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大内 貴雅
生誕 (1963-06-06) 1963年6月6日(55歳)
出身地 日本の旗 日本,東京都
ジャンル ヘヴィメタル
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1981年 -
公式サイト Mad's Cobweb And Strange

大内 貴雅(おおうち たかまさ、1963年6月6日 - )は、東京都出身のドラマー。元ANTHEM、現5X・OVER/UNDER

愛称は「MAD大内」。ANHTEM解散(第一次)後は、様々なバンドに在籍し、その傍らセッション・ドラマーとして幅広く活動している。

来歴[編集]

人物[編集]

自らも認めているように、特技が「誰とでも仲良くなれること」という明るい性格の持ち主という事もあって、ヘヴィメタル界以外の交友関係も非常に広いことで知られている。また、ANTHEM時代からコミカルなキャラクターぶりを発揮しており、音楽雑誌「ロッキンf」1987年7月号で当時連載されていたミュージシャンの自宅を訪問するコーナー「ミュージシャンの城」で自宅のコンロの上にシンバルを置き、その上で目玉焼きを焼くと言う珍技を披露したり、風呂場で水泳キャップにゴーグルに海パン姿で飛び込むポーズをとった写真が掲載された。大内曰くこの写真を掲載したおかげで様々なジャンルのアーティストに名が知れ渡ったと誇りにしている。

外部リンク[編集]