中村青司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 青司(なかむら せいじ、1939年5月5日 - 1985年9月20日)は、綾辻行人推理小説作品『館シリーズ』に登場する架空の人物。建築家

経歴[編集]

  • 1939年 - 5月5日、大分県宇佐郡(現在の宇佐市)に、父・保治と母・暁子の長男として生まれる。
  • 1942年 - 7月、弟・紅次郎が生まれる。
  • 1947年 - 11月、母・暁子が火事で死亡。
  • 1957年 - 5月、花房和枝と婚約
  • 1958年 - 4月、上京。某大学建築学部に入学、建築学専攻する。
  • 1960年 - 神代舜之助助教授に師事する。
  • 1962年 - 1月、父・保治が急逝。3月、大学卒業。
  • 1964年 - 4月、和枝と結婚。角島へ移り住む。
  • 1965年 - 11月、長女・千織が生まれる。
  • 1985年 - 1月、千織、死亡(「十角館の殺人」参照)。9月17日から18日頃、妻・和枝、死亡。同月20日、青司、死亡。享年46。

建築に携わったもの[編集]