中村清二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1953年

中村 清二(なかむら せいじ、明治2年9月24日1869年10月28日) - 1960年昭和35年)7月18日)は日本の物理学者

研究活動[編集]

光学地球物理学の研究で知られ、光弾性実験、色消しプリズムの最小偏角研究などを行なった。地球物理学の分野では三原山の大正噴火を機に火山学にも興味を持ち、三原山や浅間山の研究体制の整備に与力している。また、精力的に執筆した物理の教科書や、長きに亘り東京大学で講義した実験物理学は日本における物理学発展の基礎となった。1925年に創刊された理科年表には、物理部の監修者として名を連ねている。

定年後は八代海不知火魔鏡の研究を行なった。

人柄など[編集]

略歴[編集]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 『近世物理學教科書』(冨山房、1899年

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7499号「叙任及辞令」1908年6月26日。
  2. ^ 『官報』第977号「叙任及辞令」1930年4月5日。

参考文献[編集]

  • 金沢寿吉 『中村清二先生の思い出』 日本物理学会誌、Vol.15(9)、P.1-2、1960年
  • 永田武 『中村清二先生を悼む』 火山、Vol.5(2)、P.1、1960年