三角ゲーム・ピタゴラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三角ゲーム・ピタゴラス
ジャンル クイズ番組
出演者 大和田伸也
甲斐智枝美
ほか
エンディング =
製作
プロデューサー 松本修
制作 ABC
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1982年4月4日 - 1983年2月27日
放送時間 日曜 19:00 - 19:30
放送分 30分
テンプレートを表示

三角ゲーム・ピタゴラス』(さんかくゲーム・ピタゴラス)は、1982年4月4日から1983年2月27日まで一部テレビ朝日系列局で放送された朝日放送(ABCテレビ)製作のクイズ番組である。放送時間は毎週日曜19:00 - 19:30(JST) 。

タケダ(武田薬品工業)の一社提供番組で、同じく毎週日曜 19:00 - 19:30にTBSで放送され、関西地区では朝日放送にネットされていた『タケダアワー』。

番組は、単に「ピタゴラス」とも呼ばれていた。タイトルの「ピタゴラス」は、三角形[1]を使った「ピタゴラスの定理」に由来するもので、解答席の上にはピタゴラスが考えているイラストが掲げられていた。

ルール[編集]

大和田伸也甲斐智枝美が司会・進行を務めたクイズ番組で、毎回3組のペアが出演。進行形式は早押しクイズで、早押しは挙手によって行われていた(解答席の上方が、挙手を判定するセンサーになっている)。

スタジオには、正三角形[2]の巨大なパネル(36個の正三角形が1個の正三角形を成している)が備えつけられていた。解答者は赤、青、緑の3チームペアで、問題に正解すると三角形のパネル上にある1 - 25の番号が振られた点[3]を1つだけ選ぶことができた。自分の色の点を結んで正三角形が作れれば、その三角形の面積(含まれる最小の正三角形の数)分の得点を獲得。不正解の場合は10点減点の上、司会者の「ホールドアップ」のコールとともに手を後頭部に当てて1回休み。このクイズは頂点を奪い合うものであり、形作られる三角形は何回重なってもそのたびに得点としてカウントされた。

残りの点が5つになったところで、逆転クイズが出題された。正解すると通常の点だけでなく、相手チームから1回の正解につき1つだけ点を横取りすることもできた(パネルクイズ アタック25のアタックチャンスと異なり、以降の問題すべて)。最終的に三角形を最も多く作ったチームがトップ賞に認定。賞金は1点につき1000円が支払われていたが、10万円を超える金額は製薬会社の紳士協定上、賞金として獲得できないので、超過分は朝日新聞大阪厚生事業団へ寄付することになっていた。

トップ賞を獲得したチームは、スタジオに別に設えられた正三角形のパネルを使った「回転ジグソークイズ」に挑戦できた。これは、一旦分解された著名人の写真を貼り付けた各ピースが回転する形になっていて、それが誰かを推理して当てるというものであった。これに正解すると天井から大量の紙吹雪が降り、アメリカ西海岸旅行がプレゼントされた。

主なクイズ[編集]

いずれも後期のもの。

  • アナグラム - 当番組が最初に使用した。2013年現在、同局の『パネルクイズ アタック25』でも出題されている。
  • スター ニア・ニアクイズ - 芸能人に関する近似値クイズ。このコーナーのみ筆記問題だった。

放送局[編集]

同時ネット局のみ記載。系列は当時の系列。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関西広域圏 朝日放送 テレビ朝日系列 製作局
現・朝日放送テレビ
関東広域圏 テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
宮城県 東日本放送
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
福島県 福島放送 テレビ朝日系列
静岡県 静岡けんみんテレビ 現・静岡朝日テレビ
中京広域圏 名古屋放送 現・名古屋テレビ放送
広島県 広島ホームテレビ
香川県
岡山県
瀬戸内海放送
福岡県 九州朝日放送
鹿児島県 鹿児島放送 1982年10月開局から

脚注[編集]

  1. ^ ただし、クイズに使われている正三角形ではなく、直角三角形。
  2. ^ スポンサーであるタケダのマークが三角形(ウロコマークとも言う)であることに因んでこのパネルが使用された。
  3. ^ 各三角形の頂点ごとにある。全部で28個あるが、最も外側の3つの頂点(最大の正三角形の各頂点)は、最初から各チームに割り当てられているため、残りの頂点は25個となる。
朝日放送製作 日曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
三角ゲーム・ピタゴラス
世界一周双六ゲーム
(ローカル枠から移動、
同時に全国ネット)
朝日放送製作 武田薬品一社提供
設定無し
三角ゲーム・ピタゴラス