三室戸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三室戸駅
Keihan Mimurodo station.jpg
三室戸駅駅舎(2017年11月25日撮影)
みむろど
Mimurodo
KH75 黄檗 (1.8 km)
(0.4 km) 宇治 KH77
所在地 京都府宇治市菟道田中15番地
北緯34度53分54.54秒 東経135度48分23.22秒 / 北緯34.8984833度 東経135.8064500度 / 34.8984833; 135.8064500座標: 北緯34度53分54.54秒 東経135度48分23.22秒 / 北緯34.8984833度 東経135.8064500度 / 34.8984833; 135.8064500
駅番号 KH  76
所属事業者 京阪電気鉄道
所属路線 宇治線
キロ程 7.2 km(中書島起点)
電報略号 三室(駅名略称方式)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
(全日) 1,888人/日(降車客含まず)
-2019年-
乗車人員
-統計年次-
(特定日) 2,263人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1917年大正6年)2月1日
備考 無人駅(自動券売機有)
テンプレートを表示

三室戸駅(みむろどえき)は、京都府宇治市菟道(とどう)田中にある、京阪電気鉄道宇治線。駅番号はKH76

歴史[編集]

現在は島式ホーム1面だが1917年(大正6年)の開業当時は相対ホームの駅だった[1]。翌1918年(大正7年)に営業休止、1922年(大正11年)までに営業再開するが1943年(昭和18年)に一旦廃止、戦後の1947年(昭和22年)に再開業している。昭和40年頃撮影の写真では第4種踏切道を挟んで踏切手前に千鳥配置のホームだった[2]、現在の駅舎は1969年(昭和44年)に建設され竣工に合せて相対ホームだった駅は島式ホーム1面の現在の形となった[3]

1965年(昭和40年)に宇治高等学校が開校、宇治高校が立命館宇治高等学校となり、2002年(平成14年)に同校が移転するまで通学する学生に利用された。閉校式に併せて10000系電車によるラッピングトレインも運行された。1999年6月の休日には、三室戸寺があじさいの名所であることから、宇治快速が停車した。

年表[編集]

駅構造[編集]

プラットホーム
踏切で挟まれた駅舎

島式1面2線のホームを持つ地上駅である。駅舎や出入り口はすべて上下線の間にあり、改札口はホーム宇治寄りに一ヶ所ある。ホームの中程に待合室があり、中書島寄りにトイレがある。早朝深夜を除き駅員が駐在している。

出入り口からは上り線、下り線のみにかかっている踏切で公道とつながっており、上下線のどちらか一方に列車が入る場合でも他方は通行可能になっている。

宇治駅までの所要時分は1分。当駅を出ると、すぐに宇治駅の駅舎とホームが見える。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 宇治線 上り 中書島淀屋橋中之島線出町柳方面
2 下り 宇治ゆき

案内サインは上記の通りであるが、上り列車は中書島駅までの運転のため、淀屋橋・中之島線方面と出町柳方面は中書島駅で乗り換える必要がある。なお、両ホームとも有効長は5両。

利用状況[編集]

  • 2009年11月10日の乗降人員は4,514人であった[12]
  • なお、近年の11月第2火曜日の乗車人員は以下の通りである[13]
    • 2003年 - 2,378人
    • 2004年 - 2,481人
    • 2005年 - 2,460人
    • 2006年 - 2,400人
    • 2007年 - 2,375人
    • 2008年 - 2,361人
    • 2009年 - 2,282人
    • 2010年 - 2,386人
    • 2011年 - 2,279人
    • 2012年 - 2,219人
    • 2013年 - 2,312人
    • 2014年 - 2,367人
    • 2015年 - 2,370人
    • 2016年 - 2,279人
    • 2017年 - 2,241人
    • 2018年 - 2,211人
    • 2019年 - 2,263人

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

京阪電気鉄道
宇治線
黄檗駅 (KH75) - 三室戸駅 (KH76) - 宇治駅 (KH77)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 開業100周年記念ミュージアムトレインの車内展示写真より
  2. ^ 出典・高橋修著『京阪電鉄、叡山電鉄、京福電鉄(嵐電) 1世紀の写真記録』アルファベータブックス
  3. ^ a b 出典・京都新聞2013年7月30日朝刊23面連載記事「降りたまちは」三室戸駅を特集。
  4. ^ a b 出典・京阪開業100年記念誌『京阪百年のあゆみ』資料編186頁
  5. ^ 出典・京阪開業100年記念誌『京阪百年のあゆみ』資料編202頁
  6. ^ 出典・京阪開業100年記念誌『京阪百年のあゆみ』資料編206頁
  7. ^ 出典・駅置き広報誌「くらしの中の京阪」1981年8月号
  8. ^ 出典・駅置き広報誌「くらしの中の京阪」1994年11月号
  9. ^ 出典・駅置きの沿線情報誌『K PRESS』2009年2月号の16面「くらしのなかの京阪」
  10. ^ ・ 出典 『京阪グループ 開業110周年記念誌』京阪ホールディングス株式会社2020年11月1日発行 67-68頁「未来への教訓 京阪電車における重大事故・自然災害の振り返り」の掲載写真より
  11. ^ 出典・駅置きの沿線情報誌『K PRESS』2016年10月号の16頁「くらしのなかの京阪」
  12. ^ 『京阪百年のあゆみ[資料編]』
  13. ^ 宇治市統計書、年間乗車人員を日数で除している。
  14. ^ 中村デザイン事務所. “宇治市イラストMAP-2”. 宇治市観光イラストMAP. 社団法人 宇治市観光協会. 2013年1月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]