ワン - Three Dog Night

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワン
スリー・ドッグ・ナイトスタジオ・アルバム
リリース
録音 1968年
ジャンル ロックブルー・アイド・ソウルハード・ロックポップ・ロックサイケデリック・ロック
時間
レーベル ダンヒル・レコード
プロデュース ガブリエル・メクラー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 11位(アメリカ)
  • スリー・ドッグ・ナイト アルバム 年表
    ワン
    (1968年)
    融合
    (1969年)
    テンプレートを表示

    ワン』(英語: Three Dog Night)は、アメリカ合衆国バンドスリー・ドッグ・ナイト1968年に発表したアルバム。スリー・ドッグ・ナイトのファースト・アルバムである。

    背景[編集]

    収録されている11曲すべてが他のアーティストのカヴァーである。ザ・バンドトラフィックのオリジナル曲を取り上げているほか、ニルソンレノンマッカートニーニール・ヤングランディ・ニューマンらの曲をカヴァーしている。

    反響・評価[編集]

    本作はアメリカのBillboard 200で最高位11位を記録。1969年のBillboard年間アルバム・チャートでは12位にランクされた。 本作からの第1弾シングル「ノーバディ」はBillboard Hot 100で116位だったが、続く「トライ・ア・リトル・テンダーネス」は同29位まで上昇した。サード・シングル「ワン」はBillboard Hot 100で5位の大ヒットを記録している。

    収録曲[編集]

    Side 1
    1. ワン - "One" (Harry Nilsson) - 3:00
    2. ノーバディ - "Nobody" (Beth Beatty, Dick Cooper, Ernie Shelby) - 2:18
    3. ヘヴン・イズ・イン・ユア・マインド - Heaven Is in Your Mind" (Jim Capaldi, Steve Winwood, Chris Wood) - 2:55
    4. イッツ・フォー・ユー - "It's for You" (John Lennon, Paul McCartney) - 1:40
    5. レット・ミー・ゴー - "Let Me Go" (Danny Whitten) - 2:24
    6. チェスト・フィーヴァー - "Chest Fever" (Robbie Robertson) - 4:40
    Side 2
    1. ファインド・サムワン・トゥ・ラヴ - "Find Someone to Love" (Johnny "Guitar" Watson) - 2:00
    2. ザット・ノー・ワン・エヴァー・ハート・ディス・バッド - "That No One Ever Hurt This Bad" (Randy Newman) - 4:03
    3. 約束しないで - "Don't Make Promises" (Tim Hardin) - 2:45
    4. ザ・ローナー - "The Loner" (Neil Young) - 2:32
    5. トライ・ア・リトル・テンダネス - "Try a Little Tenderness" (Jimmy Campbell, Reginald Connelly, Harry M. Woods) - 4:05

    参加ミュージシャン[編集]

    • コリー・ウェルズ - リード・ボーカル②〜⑧,⑪, バックグラウンド・ボーカル
    • チャック・ネグロン - リード・ボーカル①,⑨, バックグラウンド・ボーカル
    • ダニー・ハットン - リード・ボーカル⑩, バックグラウンド・ボーカル
    • マイケル・オールサップ - ギター
    • ジミー・グリーンスプーン - キーボード
    • ジョー・シェルミー - ベース
    • フロイド・スニード - ドラムス

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]