ワシントン広場の夜はふけて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワシントン広場の夜はふけて
ヴィレッジ・ストンパーズシングル
初出アルバム『Washington Square』
B面 Turkish Delight(ウィーンの夜はふけて)
リリース
ジャンル ディキシーランド・ジャズ
レーベル エピックレコード
作詞・作曲 ボブ・ゴールドステイン英語版
デヴィッド・シャイア
チャート最高順位
  • ビルボード2位
テンプレートを表示
ワシントン広場の夜は更けて
ダニー飯田とパラダイスキングシングル
B面 ロリーポップ・リップス
リリース
レーベル 東芝レコード
作詞・作曲 ボブ・ゴールドステイン
デヴィッド・シャイア
漣健児(訳詞)
A面メインボーカルは佐野修・増田多夢、B面メインボーカルは九重佑三子
テンプレートを表示

ワシントン広場の夜はふけて」(ワシントンひろばのよはふけて、Washington Square)は、1963年に発売されたヴィレッジ・ストンパーズのインストゥルメンタル曲。作曲はボブ・ゴールドステインとデヴィッド・シャイア。最高位全米2位[1]。世界的な大ヒットを記録して、多くのカバー・バージョンが生まれた。

解説[編集]

題名のワシントン広場はニューヨークグリニッジ・ヴィレッジにあるワシントン・スクエア公園による[2]

ゴールドシュテインが高校時代に作った「India(インディア)」という曲を、シャイアと共に改作した[3]。発売後に歌詞がつけられて、エイムス・ブラザース英語版らがカバーした[3]。日本では漣健児の詞によるダニー飯田とパラダイスキングの歌がヒットした。

ディキシーランド・ジャズに当時流行していたフォークソングの要素を取り入れた曲調は、「フォーク・ディキシー」と呼ばれた[3]

B面の「Turkish Delight(ターキッシュ・ディライト)」の原曲は、モーツァルトの「トルコ行進曲[3]。ターキッシュ・ディライトとは、トルコの菓子ロクムのことである。

主なカバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Village Stompers Washington Square Chart Historybillboard
  2. ^ Hyatt, Wesley (1999). The Billboard Book of #1 Adult Contemporary Hits (Billboard Publications)
  3. ^ a b c d ワシントン広場の夜はふけて二木紘三のうた物語 2012年11月13日