ロウアー・イースト・サイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Lower East Side Historic District
LowerEastSideTenements.JPG
ロウアー・イースト・サイドのテネメント(長屋)ビル
Lower Manhattan Map LES.GIF
ロウアー・マンハッタンにおけるこの地区の位置(青色)
所在地 おおよそイースト・ハウストン・ストリートエセックス・ストリート (en)、キャナル・ストリート、エルドリッジ・ストリート (Eldridge)、サウス・ストリート、およびグランド・ストリート (en)、バワリーおよびイースト・ブロードウェイ (en) に囲まれたエリア(当初)
おおよそディヴィジョン・ストリート (en)、ラトガース・ストリート (Rutgers)、マディソン・ストリート (en)、ヘンリー・ストリート (en) およびグランド・ストリート沿い(拡大)
北緯40度43分02秒 西経73度59分23秒 / 北緯40.7172度 西経73.9897度 / 40.7172; -73.9897
NRHP登録番号 00001015(当初)
04000297(拡大)
NRHP指定日 2000年9月7日(当初)
2006年5月2日(拡大)[1]

ロウアー・イースト・サイド (Lower East Side) は、ニューヨーク市マンハッタン地区である。LESという略称が使われることもある。おおよその範囲は、東西にはバワリーからイースト川、南北にはキャナル・ストリートからハウストン・ストリートに囲まれたエリアである。伝統的にこの地区は移民や労働者階級が住み着いていたが、2000年代半ば頃から急速に高級化が進み、このエリアは合衆国歴史保護ナショナル・トラスト (en) によってアメリカ絶滅危機史跡 (en) に登録されることとなった[2][3]。現在では、この地区は高級ブティックや流行のレストランが集まるエリアとなった。特に、クリントン・ストリート (Clinton Street) はレストラン・ロウ (restaurant row) となっている。

境界[編集]

オーチャード・ストリートとリヴィングトン・ストリートの交差点(2005年)

ロウアー・イースト・サイドのおおよその境界は、西端はバワリー、北端はイースト・ハウストン・ストリート、東端はFDRドライブ、そして南端はキャナル・ストリートである。グランド・ストリート (en) 以南では、その西端はバワリーより東に逸れ、おおよそエセックス・ストリート (en) となる。

この地区は、その南西端(グランド・ストリートあたり)でチャイナタウンと、西端でノリータと、そして北端でイースト・ヴィレッジと隣接している[4][5]

歴史的には、"ロウアー・イースト・サイド"は東西にイースト川からおおよそブロードウェイまでと、南北におおよそマンハッタン橋およびキャナル・ストリートから14丁目までに囲まれたエリアを指していた。このようにかつては、現在のイースト・ヴィレッジアルファベット・シティチャイナタウンバワリーリトル・イタリー、そしてノリータまで、ロウアー・イースト・サイドに含まれていた。現在でも、イースト・ヴィレッジの一部であるロウイーサイダは、ラティーノの発音で"ロウアー・イースト・サイド"のことである。アベニューCはロウイーサイダの中心であり、毎夏にはロウイーサイダ・フェスティバルが開催される[6]

行政区としては、この地区はニューヨーク州第8 (en)、第12 (en)そして第14 (en) 下院選挙区、ニューヨーク州議会 (en) 第64地区、ニューヨーク州上院議会 (en) 第26地区、そしてニューヨーク市議会第1および第2地区に属する。

歴史[編集]

デランシー・ファーム[編集]

アメリカ独立戦争以前のニューヨーク市(バワリー)から伸びるボストン郵便道路 (en) の東にあったジェームズ・デランシー (en) の農場(デランシー・ファーム)の名残は現在もデランシー・ストリート (en) およびオーチャード・ストリート (en) の名前に残されている。現在のマンハッタンの地図上では、デランシー・ファームは[注釈 1]ディヴィジョン・ストリートからハウストン・ストリートの間の通りのグリッド状(碁盤目状)の区画にあたる[7]。市街地の拡大に伴い、1760年代にデランシーは"ウエスト・ファーム" (West Farm) の南の通りの調査を開始した[注釈 2]デランシー・スクエア (Delancey Square) は、現在のエルドリッジ・ストリート、エセックス・ストリート、ヘスター・ストリート、ブルーム・ストリートに囲まれる広大なエリアをカバーする計画だったが、アメリカ独立戦争後にロイヤリストのデランシー家の資産が没収された際に、破棄された。 ニューヨーク市の没収委員会 (The Commissioners of Forfeiture) は貴族階級による碁盤目状の広場の計画を破棄した。デランシーによるニューヨークをロンドンウエスト・エンドにする構想に代わり、この地区に根付くこととなる民主的な風土が確立された。

コーリアーズ・フック[編集]

コーリアース・フックは、1776年のイギリスの地図では"クラウン・ポイント" (Crown Point) として描かれている。"デランシーの新しいスクエア"は建設されることはなかった。

イースト川に突き出たこのエリアは、オランダおよびイギリス統治下にはコーリアース・フック (Corlaers Hook) とも呼ばれていた。コーリアーズ・フック (Corlaer's Hook) はコーリアーの(曲がった)岬といった意味である。独立戦争中のイギリス支配下では少しの間、クラウン・ポイント (Crown Point) と呼ばれていた。この名前は、1638年当時レナペ語の名前がヨーロッパ語になまったNechtans[9]、またはNechtanc.[10]と呼ばれていたプランテーションに定住してきた、学校長Jacobus van Corlaerの名前から取られていた。コーリアーはこのプランテーションをニューヨークのビークマン一家の祖であるWilhelmus Hendrickse Beekman (1623–1707) へと売却した。彼の息子en:Gerardus Beekmanは1653年8月17日に、この土地に洗礼名を与えた。コーリアの名前を冠したこのイースト川へと突き出た土地は、300年の間、航海士たちにとって重要な目印であった。古い地図や文書では、この土地は通常'Corlaers' Hookと綴られていたが、19世紀初頭からこの綴りはイギリス英語化されCorlearsとなった。独立戦争時のイギリス占領下のニューヨークにおいてコーリアーズ・フックあたりで無計画に開発された定住地は、より人口の多かった市街地と氷河時代の堆積物による起伏のある丘によって隔てられていた。1843年にある観測者は、「この地域は市の正規のエリアから離れた位置にあり、高く未耕作の起伏に富んだ丘によって隔てられている」と回想している[11]。早くとも1816年には、コーリアーズ・フックは両性ともの街娼によって悪名高い地域となった。1821年の"Christian Herald"には、「通りは夜になると娼婦と盗人のたまり場となっている」と記述されている[12]。19世紀の間には彼らはフッカーズ (hookers) と呼ばれるようになった[注釈 3]。1832年のコレラ流行の夏、木造二階建ての作業場が簡易コレラ病院へと転換された。7月18日から9月15日の間に黒人、白人の281人のコレラ患者が認められ、そのうち93人が死亡した[15]

元々のコーリアース・フックの海岸線は埋め立てにより曖昧になっているが [16]、それは現在のチェリー・ストリート (en) 近くのFDRドライブをまたぐ歩道橋の東端あたりであった。この地域のかつての名前は、イースト・リバー・ドライブ沿いのジャクソン・ストリート (Jackson Street) とチェリー・ストリートの交差点にあるコーリアーズ・フック公園 (Corlear's Hook Park) の名前の中に保存されている[17]

特徴[編集]

カッツ・デリカテッセンはこの地区のユダヤ人文化の歴史のシンボルである。

ニューヨーク市の中でもこの地区の歴史は古く、長らくは低所得労働者階級の住むエリアであった。また、アイルランド人イタリア人ポーランド人ウクライナ人など多様な民族がこの地区に住み着いていた。かつてはドイツ人が多く住んでおり、リトル・ジャーマニー (en, Kleindeutschland) と呼ばれるエリアがあった。現在では、プエルトリコ人ドミニカ人が多数を占めている。このエリアは特にユダヤ人文化を色濃く残している。近年では、ラテンアメリカの他に中国からの移民が増えている。21世紀に入ってからは高級化が進行中である[18]

文化[編集]

アート・シーン[編集]

この地区は多くのコンテンポラリー・アート・ギャラリーが集まる拠点となってきている。最も初期のものにはen:ABC No Rioがあり[19]、絶頂期の1980年代にはイースト・ヴィレッジも含めて200以上の前衛ギャラリーがあった。中でもen:124 Ridge Street Galleryが有名であった。2007年12月にはニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アートがこの地区に移転してきた。

ナイトライフと音楽施設[編集]

高級化現象によって夜でも安全な地域となってきたことで、このエリアには多くのナイトクラブやバーが集まるようになった。リヴィングトン・ストリート (Rivington Street) およびスタントン・ストリート (en) の間のオーチャード・ストリート、ラドロウ・ストリート (en) およびエセックス・ストリート沿いに、特に密集している.[20][21]。高級化の進行は同時にかつての歴史建築や有名施設の建て替えや閉鎖ももたらしている。

イースト・ヴィレッジを含むロウアー・イースト・サイドは多くの音楽施設の拠点でもある。パンクバンドが集まるen:C-Squat、Otto's Shrunken HeadやR-Bar、そしてオルタナティヴ・ロックバンドが集まるバワリー舞踏場 (en) やバワリー・エレクトリック (en) (かつてのCBGBのすぐ北)がある。他にもパフォーマンス・スペースを備えたバーが多くある。

大衆文化におけるロウアー・イースト・サイド[編集]

児童文学
小説

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デランシー・タウン・ハウスは後にフランシス・タバーンとなった。
  2. ^ "ウエスト・ファーム"と"イースト・ファーム"の境界はおおよそ、現在のクリントン・ストリート (Clinton Street) 沿いである[8]
  3. ^ フック(湾曲した岬)の住人。売春婦など[13]。ニューヨーク市のフック(コーリアーズ・フックなど)には水兵たちが通う売春宿が多くあったことから来ている[14]。このように、この用法は南北戦争以前にさかのぼる。(ジョゼフ・フッカーを参照の事。)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ National Park Service (2008-04-15). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 
  2. ^ Threats to history seen in budget cuts, bulldozers – Yahoo! News”. News.yahoo.com. 2010年3月16日閲覧。
  3. ^ Salkin, Allen (2007年6月3日). “Lower East Side Is Under a Groove”. The New York Times: p. 1. http://www.nytimes.com/2007/06/03/fashion/03misrahi.html?pagewanted=all 2012年10月6日閲覧。 
  4. ^ Virshup, Amy. “New York Nabes”. The New York Times. http://www.nytimes.com/fodors/top/features/travel/destinations/unitedstates/newyork/newyorkcity/fdrs_feat_111_13.html 2007年1月13日閲覧。 
  5. ^ McEvers, Kelly (2005年3月2日). “Close-Up on the Lower East Side”. Village Voice. http://www.villagevoice.com/nyclife/0510,mcevers,61581,15.html 2007年1月13日閲覧。 
  6. ^ http://loisaidainc.org
  7. ^ Gilbert Tauber, "Old Streets of New York: Delancey Farm grid"”. Oldstreets.com. 2011年5月14日閲覧。
  8. ^ Eric Homberger, The Historical Atlas of New York City: a visual celebration of nearly 400 years 2005:60–61
  9. ^ Edward Van Winkle, Joan Vinckeboons, Kiliaen van Rensselaer, Manhattan, 1624–1639 1916:13; "van Curler"というイギリス式の名前になったJacobは、この土地をWilliam HendriesenおよびGysbert Cornelissonに1640年9月にリースした; date given as "prior to 1640": Corlears Park”. Nycgovparks.org (2001年11月17日). 2010年3月16日閲覧。
  10. ^ Nechtanc, in K. Scott and K. Stryker-Rodda, eds. New York Historical Manuscripts: Dutch, vol. 1 (Baltimore) 1974 and R.S. Grumet, Native American Place-Names in New York City (New York) 1981, both noted in Eric W. Sanderson, Mannahatta: A Natural History of New York City 2009:262.
  11. ^ Edwin Francis Hatfield, Samuel Hanson Cox, Patient Continuance in Well-doing: a memoir of Elihu W. Baldwin, 1843:183.
  12. ^ Edwin Francis Hatfield, Samuel Hanson Cox, Patient Continuance in Well-doing: a memoir of Elihu W. Baldwin, 1843:183f.
  13. ^ Bartlett's Dictionary of Americanisms (1859): "hooker"
  14. ^ Online Etymology Dictionaryより引用
  15. ^ Samuel Akerley, MD (Dudley Atkins, ed.) Reports of Hospital Physicians: and other documents in relation to the epidemic cholera (New York: Board of Health) 1832:112-49.
  16. ^ Gilbert Tauber, "Old Streets of New York: Corlaers or Corlears Hook"”. Oldstreets.com. 2011年5月14日閲覧。
  17. ^ NYC Department of Parks historical sign: Corlear's hook Park.
  18. ^ The Corners Project, http://www.thecornersproject.com/ 
  19. ^ Carlo McCormick, "The Downtown Book: The New York Art Scene, 1974–1984"
  20. ^ Salkin, Allen (2007年6月3日). “Lower East Side Is Under a Groove”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/06/03/fashion/03misrahi.html?scp=33&sq=lower%20east%20side%20noise&st=cse 
  21. ^ Lueck, Thomas J. (2007年7月2日). “As Noise Rules Take Effect, the City’s Beat Mostly Goes On”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/07/02/nyregion/02noise.html?scp=1&sq=lower%20east%20side%20noise&st=cse 

外部リンク[編集]