マンハッタン・コミュニティ・ボード1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コミュニティ・ボード1

マンハッタン・コミュニティ・ボード1 (Manhattan Community Board 1) は、ニューヨーク市の地域行政区であり、マンハッタンバッテリー・パーク・シティフィナンシャル・ディストリクトサウス・ストリート・シーポートロウアー・マンハッタントライベッカなどの近隣住区が含まれており、リバティ島エリス島ガバナーズ島も入る。この地区は、東端がバクスター・ストリートとイースト川、南端がアッパー・ニューヨーク湾、西端がハドソン川、北端がキャナル・ストリートである。

マンハッタン・コミュニティ・ボード1の現在の議長は女性のキャサリン・マクベイ・ヒューズであり、スタッフには、地区マネージャーのノア・プフェファーブリット、土地使用・計画監督のマイケル・レヴァイン、代理監督のダイアナ・スウィタージ、コミュニティ連絡のエヴァン・ラシェ、コミュニティ・コーディネーターのルーシー・アセヴェドがいる[1]

人口動態[編集]

人口推移
人口
198015,918
199025,36659.4%
200034,42035.7%
201060,97877.2%

2010年アメリカ合衆国国勢調査英語版によれば、このコミュニティ・ボードの人口は60,978人で、2000年英語版の34,420人や、1990年英語版の25,366人、1980年英語版の15,918人から増加している。このうち、40,810人 (66.9%) はヒスパニック以外の白人、2,595人 (4.3%) はアフリカ系アメリカ人、10,627人 (17.4%) はアジア・太平洋系、55人 (0.1%) はアメリカ及びアラスカ先住民、ヒスパニック以外の他の人種は264人 (.4%) であり、1,780人 (2.9%) はヒスパニック以外の混血、4,847人 (7.9%) はヒスパニック。2011年時点で人口の5.6%は、行政から支援を受けており、2005年の9.6%から減少した[2]

面積は、955.6エーカー、または1.5平方マイル (3.9 km2)[2]

出典[編集]

  1. ^ Manhattan Community Board 1: About Community Board 1”. The City of New York. 2011年4月24日閲覧。
  2. ^ a b Manhattan Community Board 1 Profile”. The City of New York. 2011年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]