ロバート・W・アーウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロバート・ウォーカー・アーウィン(Robert Walker Irwin、1844年1月7日 - 1925年1月5日)は、アメリカ合衆国の実業家。ベンジャミン・フランクリンの直系子孫である[1]。「日布移民条約」に基づいて日本がハワイ王国に対して行った官約移民の具体的交渉を担当し、1885年(明治18年)から1894年(明治27年)まで計26回、約29,000人の日本人労働者のハワイ渡航に関わった[2]。武智イキと結婚し[3]、日本における国際結婚の適用第一号としても知られる[4]

略歴[編集]

デンマーク駐在アメリカ合衆国代理大使であったウィリアム・W・アーウィンと、ベンジャミン・フランクリンの玄孫である母の子としてコペンハーゲンに生まれた[5]1866年(慶応2年)末、アメリカの郵便船舶会社パシフィック・メイル・スティームシップの横浜駐在代理人として来日し、1872年(明治5年)ごろよりアメリカの貿易商社ウォルシュ・ホール商会の貿易業務に携わるようになる。この時の縁から1876年(明治9年)7月より三井物産の相談役に就任、井上馨益田孝らと密接な関係を築いた[2][4]1880年(明治13年)、横浜に駐留していたハワイ王国の総領事官が一時帰国のため不在となった際に同国総領事代理を指名されたことから、1881年(明治14年)6月に正式にハワイ王国総領事官に就任、1885年(明治18年)1月、駐日ハワイ王国代理公使、1886年(明治19年)9月、同弁理公使、同移民事務局特派委員などを歴任した。

当時製糖業が盛況だったハワイではプランテーションで働く労働者を求めており、旧知の井上と益田と組んで日本人移民事業を始め、大人の男性移民一人につき手数料がアーウィンに支払われる仕組みになっていたため[5]、ハワイへの労働移民を集めることで莫大な富を築いたことなどから、「移民帝王」などと呼ばれたが[2]、ハワイ王国の崩壊により終焉となった。官約移民制度の実現と実行に深く関与し、官約移民制度が廃止された以降は台湾製糖株式会社の発足に関わるなどした。晩年はジョサイヤ・コンドルが設計した麹町の屋敷(のちに焼失、跡地は衆議院事務総長公邸)で子育てに専念し、81歳で没した[6]。遺言により、日本で埋葬され、青山墓地に眠る[6]。死に際して大正天皇より勲一等旭日大綬章を賜った[6]

アーウィンは三田網町(現・三田二丁目)の本宅のほか、玉川の別邸と、避暑地として伊香保(群馬県渋川市)に別邸を持ち、この建物は現存する。ロバートの死後、講談社社長の野間清治に売却後、群馬県社会福祉協議会の観山荘になった[6]。この縁で渋川市(旧伊香保町)とハワイ郡が姉妹都市縁組を行っている[7]佐土原藩島津淡路守の屋敷だった1万坪の本宅は三井家に売却し、三井倶楽部となり、十数万坪あった玉川の別宅は、田男爵に売却後分割され、一部に東急電鉄五島家の邸宅と五島美術館が建った[6]

親族[編集]

  • 妻の武智イキは浅草橋場町(現橋場)の海産物問屋、武智惣助の養女で、18歳で結婚し、ロバートが働いていた長崎で同居を始めたが、正式な結婚として法的に認められたのは日本側で6年後、米国側で12年後の1882年となった[6]。この日米結婚第一号の書類は東京公文書会館に保管されている[6]。結婚の翌1871年に長女が生まれたが夭折、ロバートの深酒と芸者遊びに悩まされ10年以上子がなかったが、1883年に次女ソフィア・アラベラ(通称ベラ)の誕生を皮切りにメリー、ロバートJr.、マリアン、リチャード、アグネスの6人の子に恵まれた[6]。女児は雙葉小学校、男児は暁星小学校を卒業後、全員アメリカへ留学させた[6]
  • ベラ (1883–1957、日本名・有院遍良) はミス・ハースト・スクール卒業後、コロンビア大学の夏期講座を経て渡欧し、イタリアでモンテッソーリ教育法、ドイツでフレーベル遊戯の恩物を学び、ロンドンの貧民施設で実習するなど児童教育を研究した[6]。帰国後、1916年に保母養成所と保育園(現・玉成保育専門学校)を設立し、学長を務めた。
  • メリー(1885–1930) は神経衰弱のためアメリカの高校を卒業後進学せずに帰国、一時はパリでピアノを習うなどしたが、「生まれてこなければよかった」などと叫びながら45歳で亡くなった[6]
  • ロバートJr (1887–1971、日本名・有院一郎) はプリンストン大学卒業後帰国し、台湾製糖の監査役となった[8]。医師の渡辺鼎の長女英子(ふさこ)と結婚したが死別し、牧野伸顕の姪の日高常子と再婚して二児をもうけた(常子は伊藤博文の婚外子・伊藤真一の元妻で一男一女の母だった)[6]。1930年に常子が32歳で病死したため、三番目の妻チヨを迎え、添い遂げた[8]。常子との二児は渡米してアメリカ市民権を取得、長男はバンク・オブ・アメリカのコンピューター・プログラマーとなった[8]
  • マリアン (1888–1973) はプリンマー大学卒業後、ラドクリフ女子大学で生物学の博士号を取り、40歳で生物学者のオスタハウト博士と結婚しアメリカに永住した[6]
  • リチャード (1890–1928) はプリンストン大学、ハーバード法科大学院卒業後弁護士資格を取得、スタンダード石油の極東副支配人として帰国、1920年に兄嫁の妹である渡辺鼎の三女市子と結婚、日本蓄音機に副社長として迎えられたが、労働争議をきっかけに経営陣に疎まれて退職に追い込まれ、自宅で拳銃自殺した[6][8]。妻の市子は実家に戻り、遺児二人は祖母のイキに引き取られた[8]。長男の武雄は第二次大戦で戦死、長女の雪子は立教女学院東京女子大学を経て進駐軍関連の仕事に就き、1953年に渡米しインディアナ州立大学を卒業し、東洋医学療法士となり、指圧の本や自伝を著した[9]
  • アグネスはヴァッサー大学を卒業し、帰国後、化粧品レートクレームで知られた平尾賛平商店社長の甥と結婚したが、夫はアグネスのもとを去り、夫が別の女性に産ませた子を養女にして育てた[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 外務省
  2. ^ a b c 中嶋
  3. ^ Iki Takechi IrwinFind A Grave
  4. ^ a b 山田
  5. ^ a b "Asian American History and Culture: An Encyclopedia: An Encyclopedia" by Huping Ling、 Allan W. Austin, Routledge, 2015/03/17, p418
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『フランクリンの果実』「祖父ロバートと祖母いきの章」
  7. ^ ハワイ王国公使別邸を公開します”. 渋川市. 2013年9月22日閲覧。
  8. ^ a b c d e Robert Walker Irwin Philbert Ono, Photogaude.jp, Sept. 27, 2018
  9. ^ 『フランクリンの果実』著者紹介

参考文献[編集]

書籍
  • 中嶋弓子 『ハワイ・さまよえる楽園』 東京書籍、1993年、p.138-139。ISBN 4-487-75396-1
第1次桂内閣期の外債募集
  • 伏見岳人「国家財政統合者としての内閣総理大臣―第一次内閣期の桂太郎(明治三四〜三九年)」国家学会雑誌120-11・12、2007年12月
  • 池上和夫「外債募集と北清事変賠償金―明治三四・三五年度財政計画をめぐって」神奈川大学経済学会・商経論争16-2、1980年11月

関連書[編集]

  • ユキコ・アーウィン『フランクリンの果実』文藝春秋, 1988

関連項目[編集]

外部リンク[編集]