平尾賛平商店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平尾賛平商店
LAIT TOILET WATER, SAMPEI HIRAO
略称 レート
本社所在地 日本の旗 日本
東京市日本橋区馬喰町1丁目6番地
(現・東京都中央区日本橋馬喰町1丁目)
設立 1878年(明治11年)
業種 化学
事業内容 レートクリーム、レート白粉等の製造販売
代表者 平尾賛平
関係する人物 平尾聚泉 二代目平尾賛平
平尾貴四男
平尾昌晃
特記事項:1954年(昭和29年)廃業
テンプレートを表示

平尾賛平商店(ひらおさんぺいしょうてん)は、かつて東京に存在した日本の化粧品メーカーである。1878年開業、1954年廃業。レート仏語: LAIT)ブランドで知られる。「lait」はフランス語で「乳」を意味する語であり、フランス語を化粧品名にした日本初の企業である[1]。ただし、「レート」は英語読みで、フランス語の発音では「レ」。

略歴・概要[編集]

初代賛平と小町水[編集]

1878年(明治11年)、静岡出身の初代平尾賛平東京市日本橋区馬喰町1丁目6番地(現東京都中央区日本橋馬喰町1丁目)で化粧品店を開業、これが平尾賛平商店の創業である[2]。同年、化粧水「小町水」を発売し[3]、翌年1879年(明治12年)2月、屋号を「岳陽堂」とする[2]。1891年(明治24年)、慶應義塾在学中の二代目平尾賛平の命名により、「ダイヤモンド歯磨」を発売する[2]

このころ初代賛平は、彫刻家の後藤貞行高村光雲との交流があり、とくに東京美術学校(現東京藝術大学)教員時代の高村には大いに資金援助し、谷中に持ち家を持たせもしたが、高村は律儀に返済をしている[4]

二代目賛平とレート化粧料[編集]

二代目平尾賛平 (1909年、35歳)

1898年(明治31年)1月、初代平尾賛平が死去、二代目が社長に就任[2]、同年6月、東京市日本橋区の明治座での新狂言公演『児雷也豪傑譚語』で、児雷也役の市川團十郎 (9代目)の背景に商品名「日本美人」の看板のある錦絵広告を出した[1]

1908年(明治41年)には大阪に支店を出して関西進出、同年、「ダイヤモンド歯磨」を「金剛石牙粉」と称して中国大陸にも進出、北京天津香港にも「広告隊」を出した[5]。二代目は、広告に工夫をこらし、1918年(大正7年)、クリームと白粉をセットした画期的商品「レートメリー」を発売した。明治から大正にかけて、同社の「レート化粧料」(LAIT TOILET)は、大阪中山太陽堂の「クラブ化粧品」と人気を競い、「東のレート、西のクラブ」と称された[1]

1874年(明治7年)深川生まれ、慶應義塾正科を1891年(明治26年)に卒業した二代目平尾賛平[2]こと平尾聚泉古銭収集で知られ、新聞に広告を打って募集し古銭を買い集めた。1929年(昭和4年)3月には、「平尾太郎」名義で著書『平尾賛平商店五十年史』(平尾賛平商店)を出版、1932年(昭和7年)、聚泉は『昭和泉譜』を著し、1937年(昭和12年)には「平尾賛平」名義で『初代平尾賛平小伝』を著し、出版する。1938年(昭和13年)、同社の創業60周年を記念し、寛永通寳のような古銭を模した記念コインを発行する。聚泉の古銭を所蔵する邸宅は「平尾麗悳莊」として知られ、多くの和綴の古銭拓本を制作した。このころ、京城(現在のソウル特別市)にも進出し、現地紙『東亜日報』に広告を打ち、京城三越百貨店(現・新世界百貨店)のある中心街の本町(現忠武路)に「レートクレーム」と大書した巨大な広告塔を建てた。

第二次世界大戦後の1949年(昭和24年)、同社は「レート」に商号変更したが、 1954年(昭和29年)、会社更生法の申請が認められず、創業76年にして廃業した。

現代音楽の作曲家・平尾貴四男は二代目平尾賛平の四男、作曲家・歌手の平尾昌晃(出生名・勇)は二代目平尾賛平の孫、ともに慶應義塾出身である。聚泉の著書『昭和泉譜』は、のちの1974年(昭和49年)に『古貨幣図録・昭和泉譜』(歴史図書社)として復刊した。

参考書籍[編集]

  • 村田孝子『近代の女性美 - ハイカラモダン・化粧・髪型』、ポーラ文化研究所、2003年12月 ISBN 4938547716

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c #外部リンクにあるアド・ミュージアム東京公式サイトリンク先内の記事「01 看板」「02 錦絵」等の記述を参照。二重リンクを省く。同サイトはトップページ以外のリンクを禁じている。
  2. ^ a b c d e 三田商業研究会編『慶應義塾出身名流列傳』(実業之世界社、1909年6月15日)所収の「ダイヤモンド歯磨製造本舗主 平尾賛平氏」の項の記述を参照。
  3. ^ #参考書籍欄の『近代の女性美 - ハイカラモダン・化粧・髪型』の記述を参照。
  4. ^ 高村光雲『幕末維新懐古談 - 初めて家持ちとなったはなし』(『光雲懐古談』、万里閣書房、1929年1月、のちに『幕末維新懐古談』、岩波文庫、1995年1月17日 ISBN 4003346718 に所収)等、高村の著作の記述を参照。青空文庫でも閲覧可能。
  5. ^ 平尾太郎『平尾賛平商店五十年史』(平尾賛平商店、1929年3月)の記述を参照。

外部リンク[編集]