平尾貴四男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平尾 貴四男
生誕 (1907-07-08) 1907年7月8日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (1953-12-15) 1953年12月15日(46歳没)
学歴

慶應義塾大学独文科

スコラ・カントルム

セザール・フランク音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

平尾 貴四男(ひらお きしお、1907年7月8日 - 1953年12月15日)は、日本作曲家

人物[編集]

東京府東京市日本橋区(現・東京都中央区)生まれ。化粧品業を営む平尾聚泉の四男として育つ。家は裕福であった。慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部を経て慶應義塾大学医学部に進んだが、文学部独文科に転じ、1930年に卒業。大学在学中、ソルフェージュと音楽理論をヴァンサン・ダンディ門下の陸軍軍楽隊長、大沼哲に師事した。また、卒業して8ヶ月後の11月に戸沢妙子と結婚。

1931年、夫婦でパリへ渡航。始めはスコラ・カントルム[1]で学ぶものの、学校紛争に巻き込まれた結果、セザール・フランク音楽学校英語版に転学。1935年まで在籍した。2つの学校で作曲を、課外でフルートを学ぶ。フルートの師はガストン・クリューネル英語版1936年に帰国。1948年に作曲グループ「地人会」を安部幸明らと結成。作品に、ソプラノとバリトン独唱と管弦楽伴奏のための「隅田川」 (1936年)、管弦楽曲「砧」(1942年)、ヴァイオリン・ソナタ(1947年)、ピアノソナタ(1948年)、などがあり、室内楽がほとんどを占める。

戦後は国立音楽大学教授、日本現代音楽協会委員長などを務めるが、病気のため「オーボエ・ソナタ」(鈴木清三の委嘱、1951年)を最後として、1953年12月、46歳で没。翌年、「木管五重奏曲」(東京管楽器協会の委嘱)に対して毎日音楽賞を追贈される。

弟子に冨田勲宇野誠一郎一柳慧がいる。

家族・親族[編集]

妻の平尾妙子(2008年没)と四女の平尾はるなは共にピアニスト。孫の辻功オーボエ奏者。作曲家・歌手の平尾昌晃(出生名・勇)は甥。

主要作品[編集]

管弦楽[編集]

  • 交響的断章
  • 古代讃歌(初演時の曲名は「古代旋法による緩徐調」であった)
  • 俚謡による変奏曲(機織唄による変奏曲)(JOAKによる「国民詩曲」のひとつとして作曲)
  • 交響詩曲「砧」
  • 序曲「翼」
  • 序曲「桃太郎」
  • 平和への序曲

吹奏楽曲[編集]

  • 諧謔曲「南風」

室内楽・器楽[編集]

  • 弦楽四重奏曲(戦災に遭い焼失)
  • フルート組曲(フルートソロ、ホルン、ティンパニ、チェレスタ、弦五部)Suite pour flûte accompagné par orchestre
  • フルート・ソナチネ(フルート小奏鳴曲)(最初は大倉喜七郎考案のオークラウロのために作曲された)Sonatina pour flûte et piano
  • 荒城の月に據る変奏曲(オークラウロ〔もしくはフルート〕、独唱、ピアノ)
  • ピアノ五重奏曲「春麗」
  • ヴァイオリンとピアノのための子守唄 Berceuse pour violon et piano
  • 天長節の歌による変奏曲(木管五重奏)
  • ヴァイオリン・ソナタ Sonate pour violon et piano
  • フルートとヴァイオリンとピアノのための三重奏曲 Trio pour flûte, violon et piano
  • ピアノ・ソナタ(ピアノ奏鳴曲) Sonate pour piano
  • ピアノ・ソナチネ Sonatina pour piano
  • 奇想組曲(フルート、オーボエ、クラリネット、2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ)Suite fantasque pour flûte, hautbois, clarinette, quatuor a cordes et piano
  • 木管五重奏曲 Quintette pour flûte, hautbois, clarinette, cor et basson
  • オーボエ・ソナタ Sonate pour hautbois et piano

声楽[編集]

  • 隅田川(ソプラノ、バリトン、管弦楽〔もしくはピアノ〕)
  • こすもす(与謝野晶子;ソプラノと管弦楽〔もしくはピアノ〕)
  • 日本民謡組曲(ソプラノ〔もしくはテノール〕と管弦楽〔もしくはピアノ〕)
  • 和奈佐乙女物語(佐藤春夫台本;ソプラノ、テノール、合唱、管弦楽〔もしくはピアノ〕)
  • 白い花(人見東明
  • 栗問答(梅木三郎
  • 麦笛(薮田義雄
  • 逃げた小鳥(武田雪夫
  • 海に寄する歌(薮田義雄)
  • 山のあなた(カール・ブッセ上田敏訳)
  • うぐいす(佐藤春夫)
  • 菜の花畑(野口雨情
  • 農民歌(野口雨情)
  • 父なる我は(明石海人
  • 草刈唄
  • 山の朝(武田雪夫)
  • 松の木の間の路(大木実)
  • 風さん(小林純一
  • まめさん(まど・みちお
  • こなゆきこんこ(飯島敏子

著書[編集]

訳書[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平尾貴四男ひらお きしお (1907-1953)”. www.nipponica.jp. 2019年4月17日閲覧。